スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

佐村河内守の作品が発売中止


 嫌な話題なので書くのやめようかとも思ったのだけど、一人の音楽ファンとして書く事にする。

 佐村河内守という作曲家がいた。35歳で聴覚を失いながらも絶対音感を生かして作曲を続け、交響曲第1番「HIROSHIMA」をはじめたくさんの作品を世に出し、それらは高く評価され、現代のベートーヴェンとまで言われた。
 ところが、昨日になって自分で作曲せずにゴーストライターが書いていた事がわかった。耳の障害さえ嘘だったようだ。
このニュースを受けてレコード会社は即刻彼の作品のCDをすべて発売中止にした。

 私は、この人の曲を聴いていない。一度「交響曲第1番」を聴こうとしたのだが、現代作曲家が作曲した交響曲にありがちな重さが好きになれず途中でやめてしまった。だから作品について語ることはできない。私個人としては正直聴こうとは思わないのだが、少なくともこの曲を聴いて感動したり、名曲だと評価した人も大勢いたわけで、そんな人たちは今どんな気持ちでいるんだろうか。
 感動自体がウソだったのかと言われれば、そんなことはない。聴いたとき、その時の感動は本物だったろう。
 では今、彼が作曲していなかったからといって曲の評価が変わるのだろうか?

 作曲者が聾者だから彼の曲を取り上げ、評価したのだろうか。もしそうならそれ自体がおかしな事だ。
 ベートーヴェンは聾者だったから偉大なのか?そうではないだろう。だとしたら、この「交響曲第1番」が聾者の作曲でなかったから聴く価値がないとは言えないだろう。
 今ミイハア的に騒いでいる奴らは、交響曲なんて聴いたともないような連中がほとんどだろう。そういった人たちではなくて、クラシック音楽ファンが、この交響曲をブルックナーやマーラーやショスタコービッチと並ぶものかどうか判断すべきだ。

 差し当たっての発売中止はしょうがないとは思う。だってこれは佐村河内守の作品ではないのだから。でもこれが本当に名曲であるなら、あるいは名曲として後世に残る可能性があるのならば、いつかちゃんとした作曲者の名前を冠して再発して欲しいと思う。それで消え去るならそれでいいだろう。曲そのものには罪はないからだ。一度でも人を感動させた曲が、スキャンダルで消えてしまうというのはどうにも納得がいかない。
.06 2014 日記など comment2 trackback(-)

comment

ごぶさたしてます。

う~ん、私も聞いたことがないので、何とも言えませんが‥‥。
もともと、マスコミの取り上げ方が「聾者の作曲」そのまま「日本のベートーヴェン」みたいな感じだったので、聞かんとこという感じだったのです。かえって今の方が聞いてみたい。こういう考え方もバイアスがかかってますかね^^;

何か、日本のマスコミって、よくこういう取り上げ方をしますね。この間の小保方さんのSTAP細胞でも、「若い女性なのに」みたいな書き方ばかり。いや確かにきれいな女性ですけど、それと研究内容って関係ないじゃん、と思いました。多少なりとも生物を勉強した経験から、ありえない!と思う方が先に立ちます。

> ブルックナーやマーラーやショスタコービッチと並ぶものかどうか

いやあ、並ばないでしょ、多分。並ぶんだったら、本人の作曲か、影武者かにかかわらず、世界的に聞かれないといけません。

> 今ミイハア的に騒いでいる奴らは、交響曲なんて聴いたともないような連中がほとんどだろう。

これはちょっと言い過ぎでしょう。めっちゃ上から目線ですね(笑)。
でも、この3人をピックアップするところが鋭い! 最高の人選(?)やと思います。ショスタコービッチが入っているところが巧い。個人的には重厚長大の5,7より、とぼけた9番が好きです。

あと、全然別記事ですけど、横溝正史の『夜歩く』。めちゃ懐かしかったです!
十代のころに読んで、衝撃を受けました。『ア○ロ○ド』を読む前に読んでしまったのは失敗でした。多分、母親の家の二階の本棚に詰め込んであるはずなので、発掘してこようっと。
横溝の表ベストは『本陣』『八つ墓』『獄門島』『手毬唄』『犬神家』あたりなのでしょう。私自身は『夜歩く』とか『三つ首塔』、『悪魔が来たりて笛を吹く』あたりに、独特の魅力(魔力?)を感じます。これも全部映像化されてるんですねえ。原作通りなら映像化できるわけがないのですが。
2014.02.08 11:20 | URL | ぷんちち #- [edit]
ぷんちちさんどうも! 九州以外全国的に雪のようですがそちらはいかがですか?

> ブルックナーやマーラーやショスタコービッチと並ぶものかどうか

いや私も並ぶわけないとは思います。
ちなみにショスタコは何曲かはまあ好きですが、何曲かは聴く気にもなりません。

> 今ミイハア的に騒いでいる奴らは、交響曲なんて聴いたこともないような連中がほとんどだろう。

これはAMAZONのレビューがそんな感じだったので。(汗)
聴きもせずに佐村河内氏の悪行ばかり書いて星一つとか。
たしかに佐村河内氏のやったことは許されませんが、曲のレビューに作曲者の悪口を書き込むのはおかしい。マーラーの交響曲のレビューに「こいつは親友だったヴォルフを自殺に追い込んだので星一つ」というのと同じことですからねえ。
2014.02.08 15:48 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年02月
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記など
  └ 佐村河内守の作品が発売中止

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。