スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

チヌア・アチェベ 崩れゆく絆


  今年の春亡くなったナイジェリアの作家アチェベの代表作が光文社古典新訳文庫から登場。速攻買ったのだが、この厚さで1176円て高くないか?
 最近光文社古典新訳文庫は値上がり傾向。他にもいい作品が出てるのだが、これではちょっと手が出しにくい。文庫は1000円以内に収めて欲しいものだ。

 この作品はナイジェリアの原住民イボ族の男オコンクウォの生きざまを描く。オコンクウォは部族の中でも傑出した戦士であり農民でもある。彼の住むイボ族の村ウムオフィアは昔ながらの慣習に従って生活を営んでいた。その伝統的な暮らしぶりとその中で起きる事件が作品のほぼ半分を占める「第1部」で語られる。隣村から人質(?)として連れてこられオコンクウォが預かることになる少年イケメフナのエピソードは衝撃的ではあるが彼らの村の伝統から言えば全く「普通の」事件なのだ。ウムオフィアの宗教的な象徴であり、司法をも司るエグウグウの存在や、悪霊の森など、彼らの生活のバックボーンになる様々なことがこの「第1部」でじっくりと語られる。

 ところがオコンクウォは過失から人を死なせてしまい、7年間の流刑に処せられる。オコンクウォの不在の間に、ウムオフィアに白人がやってきて、キリスト教の布教を始める。ウムオフィアの住民にもキリスト教に転向する者が出てくる。やがて一大勢力となった白人をはじめとするキリスト教信者と保守的なウムオフィアの村人との間に軋轢が生まれ始める。キリスト教徒の暴挙に怒ったエグウグウは教会を焼き払うが、白人たちはウムオフィアの要人を逮捕してしまう。村に戻ったオコンクウォは徹底抗戦を叫ぶが…
 と、後半「第2部」「第3部」はアフリカの伝統的な暮らしが破壊されていく物語をどんどんスピードを上げて描いていく。そのさまはタイトル通り崩れ落ちていくかのようで小説として見事だ。

 これは世界中で起こったであろう文明の衝突による不幸な事件の記録のひとつである。原始的だが平和なイボ族の暮らしは文明の美名のもと白人たちに消し去られていく。それをアフリカ人の視点から描いているということがこの作品の最大の特徴なのだ。読者は最初は粗野で横柄なオコンクウォに反感を覚えるだろうが、徐々に白人たちに追い詰められていくオコンクウォにいつの間にか共感し、白人に憤りを覚えるだろう。
 アフリカを舞台にした小説というとたとえばコンラッドの「闇の奥」が有名だが、この作品で描かれたアフリカ人はただの未開人でしかない。ベトナム戦争を描いたアメリカの戦争映画でベトコンがイナゴの大群のような描かれ方をされているのと同じだ。
 そのベトコンの側からベトナム戦争を描いてみせたバオ・ニンの「戦争の悲しみ」は素晴らしい作品だったが、被征服者の視点から描かれたこの「崩れゆく絆」もまた素晴らしい文学であると思う。

 アフリカの小説というとこのブログでは何回かエイモス・チュツオーラの作品を取り上げているが、あれがアフリカのフォルクローアに基づいたファンタジーであるのに比べ、このアチェベの作品はリアリズムだ。全く作風が違うので、「やし酒のみ」みたいなものを想像していたら面食らうかも。チュツオーラよりもこちらのほうが文学的価値ははるかに高いだろうと思う。冒頭に述べたとおり文庫本にしてはちょっと高額だがぜひ読んでみて欲しい。

 ちなみにこの作品には続編があるらしい。ぜひ読みたい。光文社さんよろしくお願いします。
.20 2013 アジア・アフリカ文学 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年12月
  ├ カテゴリー
  |  └ アジア・アフリカ文学
  └ チヌア・アチェベ 崩れゆく絆

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。