スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

宇宙戦艦ヤマト2199 完結


 今週の放送で、楽しみにしてたアニメがふたつ終了してしまった。
 『宇宙戦艦ヤマト2199』『ガッチャマンクラウズ』なんだけど、「クラウズ」についてはまた後日書くとして、今日は「ヤマト2199」について書いておこうと思う。

 ヤマト2199については、去年の6月に最初にリリースされた第1話と第2話を収めたDVD第1巻を見て記事を書いているので、それから1年以上かかっての完結となったわけだ。
 旧作の問題点をすっかり解消した素晴らしいリメイク作だった。古今東西の様々なリメイク作でこれほど改善された例が、ちょっと思い浮かばない。

 私は、正直言って旧作が嫌いだ。それはSFでありながら、ナショナリズムを盛りこんである点だ。
 私は旧作が初回のTV放映されていた頃小学5年生だった。毎週楽しみに見ていたが、それでも『地球を救う船なのになぜ日本人しか乗ってないのだろう』と疑問に思った。もっと小さい頃に見ていた『宇宙大作戦』のエンタープライズ号には、黒人女性やロシア系・日系の青年が乗り組んでいたのに、「ヤマト」には女性クルーすら森雪以外はひとりも乗り組んでいない。
 未来社会はグローバルなものでなければおかしいし、SFはそうあるべきで、主要な登場人物は多様な民族で構成されるべきだ。前述の「宇宙大作戦」はもちろんのこと、「ガンダム」や「マクロス」などその後のアニメもほとんどがそうなっている。旧作制作当時の「ヤマト」だってそういう方向を当然選べただろうに、そうしなかったのはあきらかに監督の西崎義展の意図だろう。日本海軍の象徴たる艦名を持つ船に乗って、困難なミッションを遂行して異星人を倒し地球を救う日本人を描こうとしたのだ。だから敵は完全な悪役で、デスラーは目的のために手段を選ばない残虐な独裁者だった。「地球を救う」という大義名分がナショナリズムの隠れ蓑になったとでも言えるだろうか。

 ところが「2199」ではクルーが全員日本人であることには違いはなかったものの、デスラーをはじめガミラス側の事情を、ヤマト側と同等の重みで詳しく描くことでグローバルな視点を獲得していたと思う。ザルツ人というガミラスによって征服された民族の存在も物語に深みを与えた。
 ヤマトを「日本の、男の船」と規定する「戦艦大和」の説明のくだり(このシーンが私は大嫌いだった。どう考えても必要ない)もなくなったし、戦争を始めたのが実は地球側だったというのも大きなポイントだと思う。ヤマトファンにはミニタリーファンと右よりの思想の方が多いと思うが、実体弾が撃てる主砲とか様々な仕掛けでミニタリーファンを惹きつけておきながら、実はシナリオで右翼的思想に疑問を投げている作品だと私は思う。

 作画、シナリオなど全体に素晴らしい出来のアニメだった。登場人物がかなり多かったがそれぞれにそれなりに見せ場があって散漫な印象はなかったし、戦闘シーンはかなり白熱した。
 もちろん小さな不満はある。宇宙空間で傾いた空母から艦載機が転げ落ちるとか、波動砲の砲口を宇宙服着てモップで掃除するとか、SF的におかしなシーンは結構あったが、まあそのへんは大目に見ても、絶対必要だったと思うのはガミラスでの戦いの後(イスカンダルを訪れた後でもいいが)、ちゃんとガミラスと終戦協定を結ぶシーンが欲しかった。25話でガミラス艦を「敵艦」と呼んだのにはちょっとギョッとした。

 で、最後に来年劇場用映画公開の予告が。さてどうなるのかな?アンドロメダ見れるかな?
.30 2013 アニメ comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ
  └ 宇宙戦艦ヤマト2199 完結

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。