スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ファウスト


Faust 2011年 露
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
出演:ヨハネス・ツァイラー、アントン・アダシンスキー、イゾルデ・ディシャウク

ロシアの映画監督ソクーロフによる、ゲーテの有名戯曲の映画化。とはいえ冒頭に「ゲーテ原作より自由に翻案」とはっきり書いてあって原作とはかなり違うテイストの作品になっている。
WOWOWで放送していたので観た。

 いきなりのグロシーンに度肝を抜かれるが、そのあとはヨーロッパの映画らしく至ってのんびりと物語が進む。2時間半くらいの映画なのだが、ヒロインのマルガレーテの登場まで1時間ほど、原作のメフィストフェレスに相当するマウリツィウスと魂のやりとりをする契約を結ぶのは映画の終盤である。
 マウリツィウスは強欲な質屋で、町の人々には「悪魔」だと噂されている。畸形で変態のマウリツィウスは確かに悪魔っぽいのだが、ゲーテの原作のような本格的な悪魔ではないような描き方だ。このマウリツィウスを演じるアントン・アダシンスキーが誰かに似てるなあとずっと思っていたのだが、「エイリアン2」で人造人間ビジョップを演じたランス・ヘンリクセンに似ている。このマウリツィウスが知識人ではあるが世間知らずで貧乏なファウスト博士をたぶらかして行くのだが、悪魔でないとしたら今ひとつ動機が薄弱だし、酒場で壁からワインを出すシーンとかは原作通りにあったので、やっぱり悪魔だと思っていいのだろう。
 しかしその他には悪魔らしい描写はあまりなく、悪魔だとしても原作のメフィストフェレスに比べるとかなり小物の印象。まあこの映画では、ファウスト自身の内面的な葛藤を描いたものと考えて観た方がいいのだろうけど。

 マルガレーテを演じるイゾルデ・ディシャウクがとんでもなく可愛いのだが、原作では青年に姿を変えるファウストがこの映画ではくたびれた中年のままなのでひどく釣り合いが悪いのだが、醜悪なファウストと無垢なマルガレーテを対比させてみせるという意味では正解。というかこの映画で描かれるマルガレーテ以外のすべてが醜く汚らしく描かれている。もちろんそこも狙っているのだろう(いやマルガレーテも無垢で可愛いのは表面だけなんだけど)。

 画面サイズがスタンダードサイズ(3:4)で、しかも上下も切れているので非常に狭く見える。その中で映像をわざと斜め方向にゆがませたり、アップのシーンではDVDのジャケット写真のような左右をゆがませた画像を使ったりと様々な映像技術を駆使して不思議な世界を作り出している。リアルな映像の部分では小さな所まで作りこまれた中世の風物の描写が圧巻。

 そしてラスト。このラストがよくわからない。悪魔の誘惑をはねのけて新しい世界へ踏み出した、というのはわかるけど、マルガレーテは放ったままかい!
 それと最後に字幕で、この監督の旧作「モレク神」「牡牛座 レーニンの肖像」「太陽」と4部作をなす最後の作品である、とのことが述べられる。これは「権力者4部作」と呼ばれているが、ファウストはヒットラー、レーニン、昭和天皇に比べると全然権力者じゃないような気がするんだけどなあ。

 あと冒頭に「検閲に従って修正を余儀なくされました」と映倫の検閲に対する怒りのこもったコメントがあるのも面白かった。
.04 2013 映画(欧州・アジア) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ ファウスト

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。