スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

偉大なる指揮者の栄光と苦悩・ナチスとフルトヴェングラー

hitler_furtwangler.jpg
 WOWOWで放送されていた、名指揮者フルトヴェングラーとナチス・ドイツの関わりについてのドキュメンタリー番組。

 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー。20世紀最高の指揮者の一人である。ステレオ録音が実用化される前の1954年に亡くなったので、貧弱な音質のモノラル録音しか残っていないが、当時としてはかなりの量のレコードを残していて、特に1947年、ベルリンのティタニア・パラストでのベルリン・フィルとのベートーヴェンの第5交響曲は凄まじい演奏で、いまだにこれを凌ぐ演奏を聴いたことがない。
 そんなフルトヴェングラーだが、戦時中はナチスに協力したとされる。軍事的な侵略の一方で文化的な側面を強調したナチスにとって、ドイツ音楽の信奉者であるフルトヴェングラーの演奏するワーグナーやベートーヴェンはまさにぴったりだったのだ。
 しかし、表向きはナチスのために演奏をしながら、フルトヴェングラーはユダヤ人音楽家を助けたり、ナチスのプロパガンダ的な要素の強い外国への演奏旅行を断ったりしている。上に掲げた写真はある演奏会でヒトラーに向かってお辞儀をするフルトヴェングラーだが、実はこれはナチス式敬礼(ハイル・ヒットラー)を要求されたのだがそれを断固拒否してこのお辞儀になったのだそうだ。

 そういうことは音楽ファンならだいたい知ってはいることなのだが、こうやって映像でみると激動の時代の荒波の中で一人の音楽バカが愚直に音楽に全てを捧げて生きたその生き様がビシビシ伝わってくる。
 彼に救われたユダヤ人ヴァイオリニスト、シモン・ゴールドベルクの、「人がフルトヴェングラーを聖者だといえば、それはちょっとと思い、非難する人がいれば、なんとしても弁護したくなる」という言葉がフルトヴェングラーという人の生きた時代の難しさを言い表しているように思う。

 ああ久しぶりに聴いてみたくなったな。実家からLP持ってこよう。
.16 2013 TV comment2 trackback(-)

comment

ごぶさたしています。
何だか身につまされる話ですね。そんな時代にならなきゃいいけど。
それはさておき‥‥。

フルトヴェングラーを聞くと、モノラルとかステレオとか、音質というのは音楽の本質とは関係ないという感を強く感じます。押し入れのどこかに、高校生のときに買ったベートーヴェンの7番のLPが入っていたはず。すでに30数年前に、30数年前のモノラルのライブ録音だったわけで、とんでもない音質でしたが、自分の中ではベストの7番としか言いようがありません。
フルトヴェングラーのベートーヴェン、ワルターのモーツァルト・マーラー、クナッパーツブッシュのワグナー・ブルックナー‥‥このいくつかの部分だけはどんなすばらしい音質であったとしても、自分の中ではなかなか越えられません。

それにしても、ウチの場合はLPを聞ける環境を作ることが先決ですわ。

P.S. 全然関係ない話ですが、めでたく6月に病院から解放され、飲酒も可となりました。1年半の禁酒のせいか、ビール1本で真っ赤になることにびっくりしております。今日はこれからハートランドビールを探しに行きます(^^)
2013.08.16 11:34 | URL | ぷんちち #- [edit]
ぷんちちさん、お久しぶりです。

私は高校時代に大枚をはたいてEMIのベートーヴェンの交響曲全集を買いました。第2番と第8番が聞くに耐えないくらいひどい音質でしたがそれでも繰り返し聴いたものです。
でも実は彼の演奏で一番好きなのはシューベルトのハ長調の大交響曲なんですよね。LPに傷がついてて聴くたびに第2楽章でプチプチいうのが残念なんですが…

ついにお酒解禁ですか!おめでとうございます!
ハートランド見つかりましたか?
でもアレって冬飲んだほうがいい気もします。
あのビールって夏の香りがするんですけど、夏に飲むとそれがわからないような気がして…。
2013.08.17 00:58 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年08月
  ├ カテゴリー
  |  └ TV
  └ 偉大なる指揮者の栄光と苦悩・ナチスとフルトヴェングラー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。