スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

あしたのジョー


1970年 日本
監督:長谷部安春
出演:石橋正次、辰巳柳太郎、亀石征一郎

 ファンの間でもあまり知られていない1970年公開の実写映画。先日CS放送の「あしたのジョー」特集で放送されたのを録画して観た。

 「あしたのジョー」といえば2度にわたるTVアニメ化とその編集版の劇場版アニメ映画が有名で、実写映画では2011年の山下智久主演のものがあったが、これは原作ファンからはクソミソな評価をされている。私はこの映画そんなに嫌いじゃなかったんだけど、確かに主人公のキャラを山Pに合わせたのか変わってしまっていて、本来狂犬みたいに喧嘩っ早く、それでいて口を開けば軽口ばかりのジョーがどこにもいないという印象はあった。

 その点この1970年版映画の石橋正次は風貌も喋りの語り口も、跳ねっ返りなイメージもジョーにぴったり。丹下役の辰巳柳太郎、力石役の亀石征一郎はかなり原作に近いイメージで違和感ない。葉子お嬢さんは高樹蓉子という女優さんが演じていて特筆すべき部分はないが、大根ぶりに呆れ返った2011年版の香里奈よりはずっといいと思う。配役では意外な役で小松政夫が出てたり(でも名うてのワルばかりが集まる少年院になんで彼みたいなひょろい奴がいたのだろうか)、ウルトラセブンのキリヤマ隊長こと中山昭二も出演している。
 1970年の風物はさすがに時代の空気感が濃密に出ていて、さすがに最近の映画でCGとセットで再現するのとはリアリティが違う。
 ただし当時の映画ってかなりやっつけ仕事で作られていたのだろう、俳優たちの体をボクサーらしく鍛えあげるような事はできていない。やっているボクシングも素人目にもプロらしくは見えない。だが試合の様子をリングにカメラを上げて至近距離で撮影することで迫力ある映像になっているところはさすがだ。
 原作では泪橋の下にあった丹下ジムは、原作とは全く違っていて高速道路の高架橋の下にある。これが豊かな上流階級の生活と底辺のドヤ街という図式を象徴的に見せていて見事。

 ただし、力石の死までを1時間半に収めるのはかなりシナリオ的に無理があった。葉子の立場も曖昧だし、なにより力石の死で絶望したまま終わってしまうラストはあまりにも尻切れトンボ。せめてすべてを捨てて旅立つジョーを見送る丹下が「あいつはきっと戻ってくる」とかなんとか呟いて終わればよかったのに。

 というわけで、これは一見の価値ある作品だ。山P版と比較して観るのも一興かと。
.28 2013 映画(日本) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年06月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(日本)
  └ あしたのジョー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。