スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

バック・トゥ・ザ・フューチャー三部作


Back to the Future  1985年
Back to the Future2 1989年
Back to the Future3 1990年
監督:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン

 先日CS放送で放送されていたのを録画してもらって観た。
いまさらストーリーとか解説する必要はないだろうタイムトリップものSF映画の傑作。

 この映画のすごいところは、『PART2が一番面白い』ということだ。
三部作の映画って例外なくPART2が一番つまらない。「スター・ウォーズ」旧三部作は巷ではなぜか「帝国の逆襲」が一番人気があるようだか、この作品の魅力はエピソードがてんこ盛りなだけ。6作の中で話に一応の決着がつかずに「続く」で終わるのはこの作品だけだ。
 「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」だって公開時はそりゃ面白く観たが、その後「王の帰還」を観たら『ああ、「二つの塔」って「王の帰還」の予告編だったのね』という印象が残る。
 
 ところがこの作品のPART2は、PART1の素材をひっくり返してみせるという離れ業でPART1の面白さを更に増幅して見せる。父と母が付き合いだすきっかけになるダンスパーティの、PART1での活劇の裏で、PART2のマーティがビフとスポーツ年鑑を奪い合うのだが、このスリリングなこと。まあところどころSF的にアヤしいところ(ビフはなぜマーティたちのいる未来に戻ってこれたのかなど)もあるんだけど、そういうことは気にせずに楽しめる。

 で、この見事なPART2のあとに今度は西部劇で比較的シンプルなストーリー(でも十分面白い)のPART3で締めるという見事な構成。いま見てもほとんど古臭さを感じない傑作だ。
私はすごく懐かしくて観てたんだけど、初めて観たMINMINもすっかりハマッてしまった。
 マーティたちが訪れる2015年の世界に、空飛ぶ車があるのに携帯電話はなかったりとか現実とは微妙に違うのも面白い。未来を予想するのはそれだけ難しいということだろう。
.29 2013 映画(ハリウッド) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年05月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(ハリウッド)
  └ バック・トゥ・ザ・フューチャー三部作

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。