スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

やくしまるえつこ RADIO ONSEN EUTOPIA


 CD久しぶりに買った。これはやくしまるえつこ名義でのファーストアルバム。12曲のうち7曲は既発シングル、残り5曲はカヴァー曲という構成なのだが、すべて一発録りのスタジオライヴ、カヴァー曲はすべてNHK「みんなのうた」からの選曲という、この人らしく一筋縄ではいかない内容だ。

 これまでの彼女の、「やくしまるえつこ」名義のシングルはシンセを多用した柔らかいサウンドを使って「相対性理論」でのバンドサウンドとは全く違う方向性を見せるものが多かった。ところがこのアルバムでは強烈なドライブ感のあるバンドサウンドに置き換わり、「ノルニル」「COSMOS vs ALIEN」などおなじみの曲なのに強烈にスリリングだ。「ヤミヤミ」は意外にもバンドサウンドになったら不気味さが倍増。

 そんなシングル曲に挟まって「みんなのうた」の名曲が。アコースティックギター一本で伴奏する「北風小僧の寒太郎」をはじめ「恋するニワトリ」「メトロポリタン美術館」など興味深い聴きものが揃っているが、最注目はオリジナルでは戸川純が歌った伝説の「みんなのうた」、「ラジャ・マハラジャ」だろう。アルバム全体にハードなサウンドにキュートなヴォーカルが乗ってなんともアンバランスな楽しさがある。
 そして何といっても一発録りというのがにわかには信じられない完成度の高さには驚かされる。
 はっきり言ってこれはすごいアルバムだ。ぜひ聞くべし。ただしできるだけいいオーディオで聞こう。ケチなミニコンでは細かいニュアンスが飛んでしまってこのアルバムの持つ魅力が目減りしてしまう。
 相対性理論のほうでも7月にアルバムが出るということで、そちらも楽しみだ。

 それにしてもテンションの高い内容と全くシンクロしていないゆるゆるのパッケージデザインだ。やくしまる自身によるなんともとぼけたイラストが表紙とライナーを飾っているのだが、はにわの絵とか全く意味不明。このギャップがたまらない。
.07 2013 J-POP comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年05月
  ├ カテゴリー
  |  └ J-POP
  └ やくしまるえつこ RADIO ONSEN EUTOPIA

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。