スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マイ・ウェイ 12000キロの真実


마이웨이 2011年 韓国
監督:カン・ジェギュ
出演:チャン・ドンゴン、オダギリジョー

 休みだったので昼近くまで爆睡していて、起きてTVをつけたらWOWOWでこれをやっててつい観てしまった。
なので最初の2~30分は観ていない。

 AMAZONのレビューを見ると、最初の20分くらいで見るのをやめましたとかいう人もいて、それって全然観てないのと同じだと思うんだけどそれで酷評のレビュー書くのはどうかと思う。まあ私も最初から観てたらひょっとしたら15分でリタイアしてたかもしれないわけではあるけど。
 たしかに私が観だした最初の方は日本軍に入った朝鮮人が軍隊で差別されイジメられるシーンが続くので、これって反日映画なのかなあ、でもEPGの番組紹介には日韓の若者の友情の物語みたいなことが書いてあったので、どうなるのかななどと思いながら観ていると、やがて主人公たちはロシア軍に捕虜にされ、過酷な収容所生活に。さらにそこからロシア軍の対独戦に駆り出され、そこで生き残って今度はドイツ軍に。最後はノルマンディー上陸作戦に巻き込まれるというジェットコースターぶり。
 物語自体はかなり荒唐無稽で、時代考証の点でも結構怪しいところが多い。小銃一発で戦闘機を撃ち落とすとかありえない描写も。かなり迫力のある戦闘シーンが連続するが、こういう無茶なシーンがあるようでは戦争映画としては失格だろう。

 でもこれはそういうところを見る映画ではない。
 初めのほうで日本人が朝鮮人をいじめ、ロシアに行くと立場が逆転する。日本人の中にもいい人もいればクズもいる(卑劣な日本人を山本太郎が怪演していて印象深い)。朝鮮人にもロシア軍に取り入って日本人を虐めるばかりか、同胞を死に追いやる者がいる。そんななかでチャン・ドンゴンが演じる主人公ジュンシクは圧倒的な善人ぶりで大きな存在感がある。そのジュンシクと対立しながらも何度か命を救われたオダギリジョー演じる辰雄は、徐々に人間らしさを取り戻していく。(映画の最初のほうで描かれるらしいのだが、どうやらこの二人は幼馴染らしい)さらに物語が進むとドイツ軍に入った二人はもはや日本人とか朝鮮人とか関係なく友人としてノルマンディー上陸作戦のその日を迎えることになる。
 世界に出てしまえば日本人だ、朝鮮人だなんて関係ないんだと言わんばかり。映画全体を通じて対立から融和への心の動きをじっくり描いてみせて感動的だ。二人がドイツ兵達と一緒にサッカーに興じるシーンや、軍から脱出して故郷の平壌に戻ろうとする二人に協力するドイツ軍の戦友カリムがトルコ系だったりとかさり気なく描きこむのも巧い。

 公式サイトの監督インタビューから。
「戦争を通じて人間の本質を確認する、そんな映画にしたいと考えています。
もちろんこの映画も、戦争の加害者と被害者を主人公に物語が出発します。しかし、物語が進むにつれて、それは何も意味がないことだと分かってくると思います。
この映画の中に私の戦争への見解はありません。両国どちらかの見解で描くのではなく、それ以上にもっと成熟した映画にしなければならないと考えているからです。人間を理解し、その良さを発見していく過程を描いた映画なので、誰かを非難することに焦点を当ててはいません。日韓の問題は度々起こりますが、未来では友好関係を結ばなければならないと思っています。」


 韓国という国の、日本に対する気持ちはとても複雑だ。若い人たちは日本の文化にとても興味をもっているのに、反日の人たちの声が大きくて「日本が好き」なんてとても口に出せない。この映画も地図に「日本海」と書いてあったことが槍玉に上がったりしたそうだが、そんな空気の中で、様々な重圧があったろう中で細かい修正も余儀なくされながらも、そんな人たちも納得させるこんな映画を作ったカン・ジェギュ監督は本物の映画監督だと思う。
.12 2013 映画(欧州・アジア) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ マイ・ウェイ 12000キロの真実

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。