スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

恋するカレン (J-POP歌詞考察)


 昨日急に思い出して、ナイアガラ・トライアングルVOL.2を聴いていた。私はこのアルバムの中で杉真理が歌っている「love her」という曲にすごく思い入れがあるのだが、それについてはまた後日書くとして、その流れでついつい
大瀧詠一の傑作アルバム「A LONG VACATION」を聴いてしまった。
 で、今日はこのアルバムの中の一曲、「恋するカレン」について。

 このアルバムが発売されたのが1981年。ヒット作となり評判になった頃私は大学生だった。私はこの曲を聞くと反射的にその頃好きだったある女性の事を思い出すのだが、youtubeのこの曲のページを見ると、私と同世代の大勢の人たちがこの曲に様々な思い出があるようで、みんながこの曲を聴いてあの時代を、そしてその頃好きだった人のことなんかを思い出したりしているのがとても興味深い。

 で、この「恋するカレン」という曲そのものについてなのだが、まあ要するに高嶺の花の女性に恋をした主人公が、彼女が他の男性といちゃついているところを見せつけられて振られてしまうというもの。
 これを作詞者の松本隆はこんなふうに歌詞にしてしまう。
『キャンドルを暗くして スローな曲がかかると
君が彼の背中に 手をまわし踊るのを壁で見ていたよ』

この2行だけで、この歌の主人公がいる店の、薄暗い中酔客でごった返しているなか蝶ネクタイのボーイがカクテルを運んでいる様子や、彼女が色男にエスコートされている様子、それを呆然と見ている主人公の様子が目の当たりに浮かんでくる。イントロのサウンドも含めたその視覚的な効果は絶大だ。最近のヒット曲ではこれほど描写的な曲はほとんど見かけない。

 しかしこの歌、一見彼女(カレン)がひどい女という印象を受けてしまうのだが、本当にそうだろうか。この主人公はカレンに思いを伝えてはいたようだが、カレンと何か約束があったのを反故にされたというようなことまでは歌詞のなかに情報がない。主人公の一人相撲という可能性も高いのではないだろうか。
そしてこの歌の結びでこの主人公は、
『かたちのない優しさ それよりも見せかけの魅力を選んだ
OHカレン、誰より君を愛していた 心を知りながら捨てる
OHカレン、振られたぼくより哀しい そうさ哀しい女だね君は』

と彼女のことをなじっているのだ。
いや~、こんなこと言ってるような情けない男は、そりゃモテませんて。
 主人公の言う、彼の「見せかけの魅力」がルックス以外の事(お金を持っているとか、話が面白いとか)も指しているのかもしれないと考えると、主人公は「かたちのない優しさ」くらいしか彼に勝てるところはなかった、要するに初めから勝算は低かったと認めていると考えてもいいわけで、それなら彼女をなじるんではなくて、片思いの悲しみや振られた切なさを歌うとかもう少し違う方向で曲を閉じて欲しかった気もするわけだ。
そもそも「かたちのない優しさ」の持ち主にしては言っていることが小さすぎるよね。

だがしかし。
この情けない男が主人公だからこそ、この曲はみんなの思い出の曲なのだ。私も含めて30年前の若者はみんなそれぞれに恋をして振られて情けなかったのだ。情けない若者たちは、『お前が振られたのは彼女の目が節穴だったからなのさ』と誰かに言って欲しかったのだ。だからこそこの曲は共感を呼んだ。

そう考えると、名曲なんてどんなふうに生まれるかわかったものではない。
もちろんこの曲の魅力は歌詞以外…メロディーや、絶妙なアレンジによるところが大きいことはわかっているのだけど。
.30 2013 J-POP comment2 trackback(-)

comment

「恋するカレン」って…ああ、懐かしすぎです!
夏のけだるい午後で、おしゃれなプールサイドで、傍観者なワタシ、みたいな(笑)。

一方的な恨み辛みを歌っている、どうしようもなくみっともない歌詞はユーミンの「DESTINY」に似ているなあと当時から思っていました。 大瀧詠一のあの声、あの歌い方だから、都会的に聞こえるんですよね。

というワタシは、女性視点の「DESTINY」にとても思い入れがあります(笑)。
2013.01.31 01:00 | URL | vogel #9JN9NMwM [edit]
ユーミンの「DESTINY」ですか?
「どうしてなの 今日に限って 安いサンダル履いてた」ってアレですよね。
恋愛弱者の心情を歌っている点では確かに共通点がありますね。
ただユーミンは大瀧よりはだいぶあけすけで身近な感じかな。
2013.02.01 00:00 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年01月
  ├ カテゴリー
  |  └ J-POP
  └ 恋するカレン (J-POP歌詞考察)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。