スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

近藤史恵 エデン


 近藤史恵の自転車ロードレースシリーズ第2弾。今回の舞台はなんとツール・ド・フランス。第2作でいきなり世界最高峰レースということでいやが上にも不安が募るが、兎にも角にも文庫化されたので読んでみた。
 以下ネタバレあり注意。

 前作「サクリファイス」は自転車ロードレース小説という希少価値もあり大変幅広く読まれた作品になった。自転車小説としては非常に巧みに書かれた作品だったが、中途半端なミステリ要素が今ひとつ作品世界に嵌らず、そこが残念だったのだが、今回の「エデン」ではミステリ要素はもはや全くと言っていいほど払拭されている。

 ここではツール・ド・フランスという巨大レースを戦う主人公チカを中心に、そのチームメイトたちやライバルたちの戦いぶりと人間模様をレースさながらのスピード感で描いている。その分文章も登場人物の人物像の掘り下げといった内容も比較的軽く、そこが気に入らない読者もいるだろうとは思う。だがこれはただの小説だ。そんな重厚な内容を求めるなら実際のレースのドキュメンタリーを読めばいい。これはあくまでツール・ド・フランスというレースを舞台にした娯楽小説なのだから多少人物の掘り下げが足りなくてもOKだと思う。

 この作品のAMAZONのレヴューを見てたら、『ニコラがドニに勝ちを譲っていたことに、小さい頃から一緒に走っているドニが気づかないわけがない』という意見があった。まあ確かに一理あるとは思うのだが、逆に小さい頃から一緒に走っているからこそ気がつかなかったということもあるのではないだろうか。
 そんなこんなで前作同様自転車レースならではのチームオーダーとか、契約をとるための戦略とか、ドーピングとかレースの明るい面も暗い面も含めてしっかり描きこんである、素晴らしい作品だ。前作をあっさり越えたと思う。前作は読まなくても十分楽しめる作品だ。恋愛要素などもばっさりカットして極めてストイックな自転車小説になった。映画化してほしいけど、それはとても無理だろうなあ。

 それにしてもAMAZONのレヴューを見ると、この作品が嫌いな人は「自転車レースに関わっていた」とかいう人が多い。そういう人は大抵細かいことにこだわって作品全体を否定しているようだ。細部が気になる気持ちはわからんではないが、そんな事でこの作品を読むのを妨害するよりも、この作品を読んでもらって自転車レースに興味を持ってくれる人が一人でも増えた方がいいに決まっている。自転車レースに関わっていたのなら、好き嫌いは別にしてこの作品を人に勧めるべきじゃないのだろうか。
.13 2013 日本文学 comment2 trackback(-)

comment

piaaさんの感想がとっても気になりながらも、ネタバレとのことで読み終わるまで開けませんでした。 piaaさんのレビューを読みながら、うなずきっぱなし(笑)。
「エデン」、よかったです! ひさしぶりに読んでいて気持ちいい小説でした。

読んでからAmazonのレビューをみたら、ぼろくそけなしている人が多くてビックリしました。

>だがこれはただの小説だ。そんな重厚な内容を求めるなら実際のレースのドキュメンタリーを読めばいい。


まったく同感です。 以前、山岳小説でも同じような「素人が書いたものは気に入らない」といった意見がみられましたけど、そんなことをいったらエベレストに登った人しかエベレストについて書けないのか!?と突っこみを入れたくなりました。 複雑な自転車競技について予備知識がない人でもスラスラ楽しく読めるように書くというのは、プロの作家ならではだと思うんですが。
読みやすいから底が浅くてだめだというような意見もどうなんだろうと疑問に感じました。

結局、Amazonのレビューってあまり参考にならないという気がしています。
2013.02.07 17:57 | URL | vogel #9JN9NMwM [edit]
vogelさんもお読みになられたんですね。
非常に読みやすく、楽しい読書でした。前作よりもこっちのほうがかなり好きです。夏読みたかった気はしますけど。

>複雑な自転車競技について予備知識がない人でもスラスラ楽しく読めるように書くというのは、プロの作家ならでは

全く同感です。

続編は短編集がすでに単行本で出ているようですが、
できたら長編でミッコ+チカvsニコラの戦いの続きを読みたいですね。
2013.02.07 22:31 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年01月
  ├ カテゴリー
  |  └ 日本文学
  └ 近藤史恵 エデン

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。