スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

カウボーイビバップ 天国の扉


 アニメ「カウボーイビバップ」といえば知る人ぞ知る名作TVアニメシリーズだが、これは2001年製作の劇場版。先日WOWOWでハイヴィジョン版一挙放送というのをやっていたので録画していたのを久しぶりに観た。

 フェイが賞金首のハッカーの男を追っていたところ、彼が乗っていると思われるタンクローリーが突然爆発。なんらかの毒物が撒き散らされ被害が拡大するが、当局はなんの毒物なのか特定できない。フェイの目撃証言から犯人らしき男がタイタンで戦死したはずの軍の特殊部隊員であることが判明、この男に3億ウーロンの賞金が懸かったことを知ったスパイクたちはこの男を追うが…

 まあ結論から言ってしまえば、絵はキレイだが、ストーリーが弱かった。TVシリーズでは「ジュピター・ジャズ」みたいなかなりヤバイ話でも前後編正味40分ちょいで片付けていたのに、この程度のストーリーで2時間引っ張られてもつらい。冒頭のコンビニ強盗を捕まえるシーンみたいなサービスシーンをいくつか盛りこんでもこのストーリーでは1時間半が限度だったろう。スパイクのソードフィッシュが軍の戦闘機と空中戦を繰り広げるシーンなどは長すぎだし、あまりに現実的でないのが気になった。だってこれは自衛隊の戦闘機と自家用機が戦うようなもの。どんなに腕が良くても互角に戦えるはずがない。
 それでもさすがに劇場版だけに絵がとにかくキレイ。いやTV版もいま見ても相当キレイなんだけど、しょせんTV用の映像。低解像度を前提の作画だから元々の線が太いし、画像自体も映画で言えば16mmフィルム程度のクオリティなのだ。ハイヴィジョン版とかなんとか言っても元からハイヴィジョンで観るのを前提に作られたアニメとはやっぱり違う。その点劇場版はもともと解像度も高いしハイヴィジョンで見ると目が覚めるような高画質。10年以上も前の作品とはとても思えない。あといつもながら菅野よう子の音楽が冴えわたっている。
 それぞれのシーンは本当に素晴らしい。スパイクとヴィンセントの格闘シーンのキレは下手なアクション映画などはだしで逃げ出すほどの迫力。それでいてアニメにありがちな不自然なところは全くない。

 正直TV版を観て、気に入ったらこれも見たらという程度の劇場版だ。…と点が辛くなるのはTVシリーズのできがよすぎるからなんだろうけど。
 できたらこの作画クオリティで(音はそのままで)TVシリーズ全部リメイクしてくれたらいいのにな。
.06 2013 アニメ comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2013年01月
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ
  └ カウボーイビバップ 天国の扉

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。