スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ノーベル文学賞は莫言氏が受賞

 毎年この時期になると村上春樹氏がノーベル文学賞獲っちゃうんじゃないかとはらはらしてしまうんだけど、今年は中国の莫言(モー・イェン)氏が受賞。まあ順当なところだろう。莫言というと「赤い高粱」をはじめわりとたくさんの著書が翻訳されて出ているがどれも高額だったり入手困難だったりしてこれまでに読んだことのない作家だ。ぜひこれを機にいろんな作品が読めるようになるといいなと思う。

 さて、ノーベル賞の時期になると毎年、今年は村上氏が獲るかもって報道するのもうやめませんか?
はっきり言って村上氏の作風はノーベル文学賞に相応しくない。だから結局穫れないと思う。ノーベル文学賞は流行作家に与えるものではないのだ。
 今活躍している日本人作家でノーベル賞穫る資格があるのは梨木香歩さんだけだと思う。「家守綺譚」の英訳って出てないのかな? 退廃的な村上春樹じゃなくて、こういう日本情緒の濃い作品こそ世界に読んで欲しいと思うんだけど…
.14 2012 本についての雑記 comment4 trackback(-)

comment

初めまして。ご挨拶遅れましたが、けっこう前からよくブログ拝見させてもらってます。

ノーベル賞に関しては、僕もおなじ心配をしてしまいました。歴代の受賞作家の列に、「村上春樹」が加わったときの違和感は凄いだろうと思います。

僕は村上春樹さんのノルウェイ... を読んだときに、これは小説というより「作家ごっこ」だと思いました。とても最後まで読む気になりませんでした。

世の中に村上さんを好きな人がこれだけ多いのだから、逆に安心して批判できるのですが、そうでなかったら話にも挙げたくない作家です。

ノーベル賞がこれからも歴史的、文化的な重みのある、風格のある本を書いた作家たちに贈られるよう、願うばかりです。

梨木香歩さんという作家さんの名前ははじめて聞きました。ノーベル賞に価するほどの作家ということなら、受賞する前にぜひ読んでみたいと思います。

これからもブログ読まして頂きます。ありがとうございました!
2012.10.18 15:08 | URL | Nantsu #- [edit]
Nantsuさん、コメントありがとうございます。
雑多なブログで『なんじゃそりゃ!』というような記事もあるかと思いますが、これからもよろしくお願いします。

>ノーベル賞がこれからも歴史的、文化的な重みのある、風格のある本を書いた作家たちに贈られるよう、願うばかり

まさしく。全く同感です。私の言いたかったことをズバリ表現していただいてありがとうございます。
梨木香歩さんの作品は私も何作かしか読んでいませんが、作品によっては川端康成に匹敵するものもあると思います。
記事で挙げた「家守綺譚」あたりは欧州で読まれれば絶賛を受けると思います。
ぜひお読みになってみて下さい。
2012.10.19 01:39 | URL | piaa #- [edit]
「ハルキがノーベル賞作家になったらどうしよう」と発表前日に本気でドキドキしていました。 賞をとった後のバカ騒ぎを想像するだけでなえそうで。

どうしてこれほどまでにもてはやされるのか? ハルキが文学なのか? 謎です。
デビュー作を読みかけて数ページで挫折し、友だちの強いすすめで「ノルウェーの森」を読んでムッとし、写真集と間違えて買ったエッセイを捨てる前に(もったいないからと)読んで腹を立て以来、何も読んでいないので、ひょっとしたら近ごろは作風が変わったのかもしれないけれど。
2012.10.29 01:07 | URL | vogel #9JN9NMwM [edit]
vogelさん、お久しぶりです。

いやいや、彼は決してノーベル賞獲らないと確信しています(汗)。
それにしてもvogelさんのハルキ嫌いは筋金入りですね。頼もしい。
2012.10.29 01:23 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年10月
  ├ カテゴリー
  |  └ 本についての雑記
  └ ノーベル文学賞は莫言氏が受賞

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。