スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

アーダルベルト・シュティフター 書き込みのある樅の木


 オーストリアの作家シュティフターの短編を集めた作品集。松籟社の「シュティフター・コレクション」のなかの一冊で、装丁自体が非常にストイックかつ質実剛健で、いかにもシュティフターにふさわしい。今時の海外文学のハードカヴァーにしては良心的な価格(1890円)なのも素晴らしい一冊だ。

 シュティフターと言えば、その作品中でほとんど大した事件が起きない作家という印象が強い。「晩夏」などはその極みにある作品で、あまりの平穏さに読むのを断念したむきも多いのではないだろうか。その他これまでに読んだ作品も、いずれも小市民の小さな幸せを素朴な自然描写を背景に描いたものがほとんどで、人死になどはほとんど描かれない。

 この本の冒頭に収められた「高い森」は短編としてはやや長い作品で、シュティフターの執筆時期よりも200年ほど前の30年戦争(1618-48)の時代の美しいオーストリアの森を舞台に、戦乱を避けて森の隠れ家に逃れた姉妹の物語が展開する。この作家の作品としては珍しい時代物でもあるし、主要な登場人物が死んでしまうという点でも、そしてロマンティックな色合いが強く出ている点でも、異彩を放つ作品といえるかもしれない。物語自体は悲しい結末を迎えるものの、そこで語られる物語の語り口は、作品冒頭に自然描写が延々と続くなどこの作家ならではのもので、城も戦争も、そして姉妹の悲しい人生さえもすべてをオーストリアの森が飲み込んでいく。ラストではちょっと感動してしまうのだが、作者自身はこの作品は作り物っぽくて好きではなかったのだとか。

 次に置かれた「書き込みのある樅の木」は小さな村に育った美少女ハンナと、彼女の恋人で木樵のハンスの物語。この作品ではなんとあっさりハンナがハンスを裏切って街の名士と結婚してしまう。激怒したハンスは復讐のために斧を研いで出かけるが…
 結論から言えばもちろんこの作家のことだから、血の惨劇などは起こらないわけだが、読んでいて結構はらはらしてしまった。二人の悲しい再会も描かれ胸が詰まるが、復讐を思いとどまったハンスのもとに聖母マリアの恩寵は降りたのだ、というラストの言葉に救われる。もちろんこの作品も自然描写には事欠かない美しい作品だ。

 「最後の1ペニヒ」はなけなしのお金を教会へ寄付しようとする男の物語。信仰心は時代を超える事を描いた心あたたまる作品。…なのだが、現代はこんな素朴な善意が通じなくなりつつある時代だなあと思わされて寂しい思いに捉らわれる。

 ラストに置かれたのはエッセイ「クリスマス」。クリスマスの様子を淡々と描写しただけの作品と見えて、実ははっとするような表現にあふれた逸品である。鐘の音が東から西へ、海を超えて鳴り響いていく描写はまるで高みから見下ろしているかのよう。

 これは全体に素晴らしい作品集である。冒頭に述べたように装丁も良いが、作品の選び方、並べ方も見事。ドイツ文学ファンにはぜひ読んで欲しい一冊だ。あとブルックナーの交響曲が好きな方にもお薦め。
 それにしてもシュティフター、なんとも言えない魅力のある不思議な作品を書く人だ。すっかり私のフェイヴァリットな作家のひとりになってしまった。まだ読んでいない作品はもうあまり残っていないが、大事に読んでいこうと思う。
.04 2012 ドイツ文学 comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年10月
  ├ カテゴリー
  |  └ ドイツ文学
  └ アーダルベルト・シュティフター 書き込みのある樅の木

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。