スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

レイ・ブラッドベリ 火星年代記


 ブラッドベリが先日亡くなって、いろんな人が追悼の言葉とかをネットなどで述べているのを見たりして、まあそれでずっと積んでたこれを読もうかなという気になったのだけど、正直ブラッドベリは苦手なのだ。SFも書く(本質的にこの人はいわゆる『SF作家』ではないと思っている)のに、やたらに懐古趣味で後ろ向きなのがどうもね。

 以前「たんぽぽのお酒」の記事で述べたように、この人の本質はホラー風味幻想小説作家なのだ。この「火星年代記」でもそれは変わらない。ただ火星への移住や核戦争といったSF的な要素が加わっているだけだ。この中には26編の短編が連作短編の形で収められているが、最初の数編は火星を訪れた探検隊がどんな運命をたどったかが語られる。ここですでにこの作家ならではのノスタルジーが炸裂する。
 「第三探検隊」で描かれる火星第三探検隊の運命はこの作家のノスタルジーとホラー趣味が全開の一編。第三探検隊が火星で見たものは、1920年代のアメリカの田舎町の光景で、それはそのまま「たんぽぽのお酒」に登場する「イリノイ州グリーンタウン」そのものである。そこで探検隊の隊員たちは、死んだはずの家族に再会するのだが、それは火星人たちの罠だった。そして衝撃のラスト。
 次の「月は今でも明るいが」では火星人は滅んでしまっている。火星人たちは先の3つの探検隊が持ち込んだ地球のウイルスによって死滅してしまったのだ。やがて人類は火星に次々と移住し、人類の第二の故郷にあるかと思われた矢先に地球で戦争が勃発する。この作品集で冒頭の「ロケットの夏」を除けばたった一つ地球を舞台にして、しかし人間が誰一人登場しない「優しく雨ぞ降りしきる」はSF史に残る傑作短編だといえるだろう。

 SFではない「たんぽぽのお酒」では進歩や変化を受け入れようとしない登場人物たちの後ろ向きぶりが全く気に入らなかったのだが、この作品ではそれは気にならない。ただ地球で戦争が起こったからといってみんなが安全な火星を捨てて地球へ戻るのが理解できないが、それはたいしたことではない。SFというジャンルは普通には新しい技術や発見をベースに物語を進めていくものであり、いうなれば徹底的に前を見たジャンルなのだ。そうでないタイプのSFというとディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」やレムの「ソラリス」が思い浮かぶが、これらの作品だって人間そっくりのアンドロイドという発明品や、海自体が知性体という惑星の発見といった進歩や変化が物語のベースとしてあるわけで、それがこの「火星年代記」にはない。いや火星に移住とかテレパシーを持った火星人とか多少のSFギミックはあるのだが、それらの設定自体極めて陳腐なものでもはや取り立ててSFと呼ぶほどの仕掛けとは言えない。

 この作品は、雰囲気も、内容も一般のSFとは全く違う。よくある表現で言えば「文学的」 なのだ。この作家独特の、本来SF作家らしからぬ懐古趣味とSF設定が奇跡的なまでに非常にうまく融合して唯一無二の世界を創り出した傑作だ。だがこれは厳密には「SF」とは呼べないような気がする。これは「SFの傑作」ではなくて1950年に出た「米文学の傑作」なのではないだろうか。

 だが作者は、新版でわざわざ作品の年代を30年ばかりずらしたり、収録されている作品の内容や配列を変えたりしているらしい。全く意味のないことだ。なんでそんな事するんだろう。1950年に出た作品なんだから、1999年でいいじゃないか。
 そういう事をするというのは、作者がこれを「SF」だと思っているということなのだろう。
.13 2012 SF comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年07月
  ├ カテゴリー
  |  └ SF
  └ レイ・ブラッドベリ 火星年代記

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。