スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「愛とは決して後悔しないこと」

 「冬のソナタ」など四季シリーズで有名な韓国ドラマのユン・ソクホ監督の新作、チャン・グンソク、ユナ(少女時代)主演「ラブレイン」がスカパーHDの「KNTV」で放送されている。この局は韓国ドラマ専門のチャンネルで月額視聴料がなんと3780円(!!)という超高額チャンネルだ。
 しかし私は勤務先がアレなので録画することができちゃうんだなコレが。で、観てるわけなんだが、「ラブレイン」冒頭でチャン・グンソク演じるイナとユナが演じるユニが最初に映画を観に行こうと約束するのが「ある愛の詩」なんだけど・・・
loverain_koreaoriginal.jpg 
 「ある愛の詩(原題「Love Story」)」のなかで有名なセリフに、「愛とは決して後悔しないこと」というのがある。現在第4回まで放送された「ラブレイン」ではこのセリフの解釈をめぐって登場人物たちが議論するシーンがあったり、主役の二人の約束になったりと重要な使われ方をしているのだが、なぜか字幕では「愛とは決して詫びないこと」とされているのだ。

 私は「ある愛の詩」については映画はそれほどでもないんだけど、エリック・シーガルによる原作小説「ラブ・ストーリィ」には結構思い入れがあって、高校生の時に読んで感激し、こういうのは苦手だといって敬遠していた同級生の友人で現在は漫画原作者として活躍している鍋島雅治君に薦めたら読んで感動していた。その後彼が何かを投稿する時かデビューする時か忘れたけどペンネームを考えていたのでエリック・シーガルをもじって「エレクト・尻軽」というのを提案したら笑って却下されたっけ(笑)。彼という人物を具現化したようなペンネームだったのにな(爆)。

 それはさて置き、「愛とは決して後悔しないこと」の原文は「Love means never having to say you're sorry」。「後悔」は「sorry」なので確かに「謝る・詫びる」と訳することもできる。日本語版の原作小説でも「愛とは決して後悔しないこと」と訳してあって、これはこの小説・映画の決めゼリフとして扱われている。韓国でも決めゼリフとしての重みは同じなのだが、ただあちらでは「愛とは決して詫びないこと」と訳してあったということなのだろう。このドラマ自体が、このセリフが「詫びないこと」とされていることを前提に作られているので、このドラマの字幕で「愛とは決して後悔しないこと」というフレーズは使えなかったのだ。
 
 よくよく考えてみると、このセリフは言い争いの後オリバーが「ごめん」というのに対して、いつも機転のきくセリフを口にするジェニーが、いつもの機転を働かせて答えたセリフなのだ。だからニュアンスとしては「愛とは決してごめんって言わないってことよ」が一番近い。というかここでジェニーが「愛とは決して後悔しないこと」というのはかなり唐突な印象さえある。ラストで同じセリフをオリバーが父に言うが、その時は「愛とは決して後悔しないこと」の方がニュアンス的に近くなる。
 「愛とは決してごめんって言わないってこと」と「愛とは決して後悔しないこと」は日本語では言葉も意味も違うので翻訳はどちらかに統一する必要がある。そう考えると翻訳ってほとんど不可能に近いほど難しいものだと改めて思う。逆に韓国の人たちはラストでオリバーが父に「愛とは決して詫びないことなんです」と言うのに違和感を覚えたのではないだろうか。

 ちなみに「Love means never having to say you're sorry」というこのセリフ、今ではネタ扱いされているようで様々なパロディがあるらしい。ジェニーにしてみればただの軽口だったのかもしれないのに、言葉の運命も予想不可能ということだ。

 「ラブレイン」では主役の二人、イナとユニがこのセリフに則って、「決してお互いの間では謝らない事にしよう」と約束する。やがて別れが訪れ、出征するイナにユニの別れの手紙が届くが、ユニが手紙の中で謝っていなかった事を根拠に、イナは二人の愛が終わらないことを信じて旅立っていく。そして物語は30年後に飛ぶ。先を観るのが楽しみだけど、「ある愛の詩」のジェニーがこれ見たら、自分の軽口をそんなに真に受けられても困るって言いそうだ。
.05 2012 日記など comment2 trackback(-)

comment

愛とはけして「ごめん」っていわないこと。
どういういみましらん。
よく考えて見たい。
エレクト尻軽としては。
って、これ、どっちが苗字で名前なんだ。
僕はよく若い頃はよくエレクトしてたけど
尻軽じゃあないよぉ。割と一途だよぉ、
若い頃も今もー。
今はエレクトもそれほどでもないよぉ。
2012.06.13 17:45 | URL | エレクト尻軽 #- [edit]
まじですか?
尻軽でも、エレクトでもなかったなんて。
30ン年ぶりに明らかになった真実に動揺を隠せないpiaaです。

「愛とは決してごめんって言わないってこと」
たしかにどういう意味か、よくわかりませんよね。
実際には謝ってばかりなので。
「愛とは決して後悔しないこと」の方がピンと来るのは間違いなさそう。
2012.06.13 23:14 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年06月
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記など
  └ 「愛とは決して後悔しないこと」

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。