スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

モーレツ宇宙海賊


 アニメ「モーレツ宇宙海賊(モーレツパイレーツ)」について、前の記事で引き合いに出して褒めた以上やっぱり書いておかないといかんかな。2クールの作品ということで、本来はある程度切りの良いところまで話が進んでから書こうと思っていたのだけど、それでは私がこのブログで薦める頃には番組が終わってしまっていそうなので。

 まずSF、スペースオペラとしてかなりしっかりした世界が構築されている点がいい。実はこういう宇宙が舞台のSFアニメってなかなかちゃんと設定されていることが少ない。
 松本零士氏の作品はどれも補給とか経済とかいった問題を無視している。たとえば「宇宙海賊」と言われれば大抵の人が思い浮かぶだろうキャプテンハーロック。彼が主人公の「宇宙海賊キャプテンハーロック(TVシリーズ)」ではハーロックとその一味がどうやって飯を食っているのか全く説明されない。宇宙での海賊行為では実入りが相当少ないであろうという事は想像に難くないし、ハーロックは地球政府からもマゾーンからも追われている。誰がアルカディア号の修理や補給を請け負っているのだろう。
 ところがこの作品ではそういう問題を、いわゆる「海賊船」を18世紀に実際にあった制度である「私掠船」であることにして全て解決してしまった。私掠船免状を持つ船は軍艦に準ずる扱いを受けるのである。だからこの作品の海賊船「弁天丸」(すごいネーミングだ)は補給の心配は少ない。少ないというのは、弁天丸が独立した会社のような存在で、政府のサポートを受けられるとはいえ基本営業して儲けて、それによって補給物資を購入する必要があるからだ。
 100年ほど前の戦時中の制度がそのままうやむやなまま残っているという設定もいい。なので弁天丸は船会社と契約してショー的なイベントとして海賊営業をするのが主たる収入源のようである。
 やはりこういうところは原作のしっかりした作品だけによく考えてある。ちなみに原作は日本のスペースオペラの第1人者笹本祐一氏の「ミニスカ宇宙海賊」。そのうち読んでみよう。

 そしてこの作品の一番素晴らしいところは、極めてリアリティのある登場人物たちだ。特に主人公加藤茉莉香は最初はなんだか表情が硬くて個性の感じられないただの女子高生だったのだが、回を追うたびに表情も良くなりその天性の判断力を発揮してどんどん魅力的かつ男前になってきている。なにより彼女らの行動の一貫性と正確な判断はストーリー上もまったくおかしな点がない。最近は姫君を乗せて「黄金の幽霊船」探索に出ているが、先日このブログで取り上げた「オズマ」のバルダノスの船長のような、どう考えても割りに合わない行動をとるような事はこの作品には全くない。それどころか、姫が正しくない提案をするとなぜそうしないのかを姫(と視聴者)に説明してしまう(第10話)。これに比べると「オズマ」のなんとナイーブなことか。だからあの船長が茉莉香のパロディに見えてしまうのだ。「オズマ」第1話はこのエピソードの直後に放送されたので割を食ったな。
 あと宇宙服を着るシーンで「髪の毛が目に入ったら直せまえんよ」とか、考えてみれば当然なことを言うのもいい。「ガンダムダブルオー」なんか、その髪型で宇宙に出るの自殺行為、と思えるキャラ何人もいたし。まあ無重力の船内でミニスカートの女子高生たちは、ありゃないとは思ったけど。

 声優さんたちの熱演も聞き物。ライバルキャラでツンデレなチアキを演じるのは花澤香菜さん。いつもは萌え萌えなロリ声で演じていることの多い彼女が、低い声を駆使してわりとキツイ物言いをするチアキを熱演している。可愛い声で人気の声優さんだがこんなに巧かったのね。一方13歳の姫君グリューエル・セレニティを演じるのは戸松遥さん。こちらはいつもとは違うロリ声で演じていて見事。しかし普通ならこのキャスト逆のキャスティングになりそうなところだが…
 主役茉莉香を演じるのは小松未可子さん。巧いという感じではなくむしろ一本調子だが勢いがあって茉莉香のキャラにはぴったりだ。

 悪い点はふたつだけ。ひとつはこのタイトル。「モーレツ宇宙海賊」ってなによ。「モーレツ」という言葉から連想されるなんだかちょいエロな要素はこの作品には全くない。このタイトルでだいぶ視聴者逃してると思うな。
 もうひとつはOP、EDの「ももクロZ」の調子っぱずれなひどい歌。これでさらに視聴者逃してるな。OPはヒャダイン作曲の恐ろしく凝りまくった曲なのでまだ救われているが、EDの「わたす」はひどい。あまりにもひどい。ぜひ後期はOP、EDともに変更を。

 無駄な萌えも、いまのところ恋愛要素もなく、ただひたすらストイックにスペオペなところが非常に新鮮なアニメだ。というわけで、タイトルや歌で敬遠して観てなかった人(SFファンなら尚更)、ぜひ観てください。
.23 2012 アニメ comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年03月
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ
  └ モーレツ宇宙海賊

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。