スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

小玉ユキ 坂道のアポロン


 4月からなんだか佐世保が舞台のアニメが始まるらしい、ということで調べてみたら小玉ユキという作家の「坂道のアポロン」という少女マンガをアニメ化する作品だそうで、これがなんとあの「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎(監督)、菅野よう子(音楽)のコンビで製作されるというではないか!
 これはちょっとチェックしておかなければ、というわけで読みだしたのだった。現在8巻まで出ているが、今のところ6巻まで読んだ。
 九州のとある街に引っ越してきた薫は転校先の高校で、評判の暴れん坊千太郎となぜか仲良くなってしまう。千太郎の影響でジャズを始めた薫は、いつしか千太郎と深い友情で結ばれていく・・・といった物語。
 作中では「九州のとある街」とされているのだが、これは完全に佐世保市が舞台の作品で、薫らが通う「東高」はあきらかに佐世保北高である。冒頭の坂の描写からすでに北高へ登る通称「八幡坂」であることが見てとれる。その他にも佐世保市民にはピンとくる風景がいくつも出てくる。地元民としてはそういう楽しみは捨てがたいのだが、それはまあまた今度ゆっくる語るときもあるかもしれないが、ここでは作品について語ることにする。

 この物語は1966年の初夏、高校1年生の薫が転校してくるところから始まる。1966年といえば昭和で言うと41年である。孤独な少年だった薫は、暴れん坊だが人情味のある千太郎と音楽を通じて友情を深めてい行き、そこに同級生で千太郎の幼馴染律子への淡い恋心など青春らしい葛藤もおりまぜて悩みながら成長していく。
 ここでの恋愛感情は薫→律子→千太郎→百合香→淳という、「ハチクロ」同様の一方通行片思いドミノ倒し方式なのだが、あれほど恋愛が中心に据えられているわけではないし、なによりも登場人物の心情の変化が見逃せない。薫をはじめとする登場人物の心情が丁寧に描かれていて非常に共感できる。律子は正直美人キャラではないのだが、薫の心情の描写が細やかなので彼が律子に惹かれる事が全く唐突でも意外でもないところは見事。

 ジャズの演奏シーンが素晴らしい。音楽を扱ったマンガでは「のだめ」の演奏シーンが印象深かったが、これはそれをも軽く超えてしまっている。千太郎のスティックからほとばしる(アート・ブレイキー風の)嵐のようなドラミングが、薫の指先からこぼれる(ビル・エヴァンス風の)詩情あふれるピアノが絵から聴こえてきそうだ。文化祭のシーンや、淳との別れのセッションなど、早く音付きの映像で見たいものだ。

 あと、時代背景。佐世保市の中心街、四ヶ町商店街にアーケードができたのが1966年。作中にも律子が「アーケードができてきれいになった」というセリフがある。
 1967年7月9日、わたしが死にそうになった大水害があった。この作品では5巻の冒頭、激しい雨が降り続く中、千太郎たちが文化祭のバンドの練習で友人宅に集まるシーンがある。あれだけの災害だったのだから一言ぐらい触れてほしかったかな。でも物語の流れからは外れるか。それから雨が上がった後日、迎氏の「コルトレーンが死んだ」というセリフがあるがコルトレーンが死んだのはこの年の7月17日。
 更に翌年の68年1月17日にはあの有名な「エンプラ事件」が起こる。この作品中でも6巻の144ページで触れられている。淳の学生運動の「終わり」があのエンプラ事件だったということか。もっとも私はこの事件で淳が逮捕され云々みたいな展開を予想していたのだけど。
 というふうに、佐世保の60年代史を重ねてあるこの作品、よく考えてあるな、と感心する。
 まあ佐世保云々はともかく、青春ものとして、音楽ものとして素晴らしい作品だ。ぜひ読んで欲しい。アニメも楽しみだ。菅野よう子氏がどんな音楽をつけてくれるか、とてもワクワクしている。

 「『坂道のアポロン』の佐世保」についてはさらに検証していきたいと思う。
.18 2012 コミック comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年02月
  ├ カテゴリー
  |  └ コミック
  └ 小玉ユキ 坂道のアポロン

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。