スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

星を追う子ども


2011年 日本
監督:新海誠
声の出演:金元寿子、入野自由
 
「秒速5センチメートル」の新海誠監督の最新作。

 実はこの作品を観る2日くらい前に「秒速5センチメートル」を観た。
これは本当に素晴らしい作品で、正直ストーリーや芝居は相当貧弱だが、この監督の一番の美点である情景描写の美しさだけに特化した、非常に潔い、言い方を換えるとある意味異常な作品だ。弱点はいくらでもあるのだが、その詩的な映像の表現力は本当に素晴らしく、それゆえにアニメファンの間では伝説的な作品になっていると言ってもいいだろう。私は「ほしのこえ」については、PCで一人で作ったという点を別にして作品だけを見るなら全く評価できないが、あれも「秒速5センチメートル」への習作だと思えば納得がいく。

 で、この最新作。
まずタイトルが悪い。「星を追う子ども」ってなによ。詩的でもないし喚起力もないうえに内容を表してもいない。今時中学生の自主制作映画だってもっといいタイトルを付けるぞ。正直言ってタイトルだけで観る気が失せる。
 でもまあ新海誠の新作なんだから見る価値はあるだろうと思って観始めると、なんだこりゃ。間違えてジブリアニメを借りてきちゃったのか? 風景もキャラも筋立てもどこかで見たジブリアニメにそっくりじゃないか。
 ジブリ風なのは登場人物のキャラデザインだけでなく、人物像も、アガルタの人々の衣装も、クリーチャーもすべて。猫までナウシカの連れていた動物(テトだっけ)にそっくりだ。
 よほど新海誠監督はジブリが好きだったのだろうか。だからと言ってこれほどジブリっぽいものを作る意義はどこにあるんだろう。
 ストーリーも非常に荒削りで、主人公の少女アスナがなぜアガルタへ行かねばならなかったのか、極めて動機が薄い。シュンが死んだから?でも彼女はシュンが死んだ事を信じていない。シンをシュンと思ったにしても、アガルタという異世界に入っていくほどにシュンに感情移入していたふうには見えない。そもそも作品冒頭で示されるアスナの性格から言えば、モリサキにくっついて地下世界へ行くなどありえないのではないか。そのモリサキも死んだ妻を取り戻したいというのは、いい大人にしてはあまりにもナイーヴな動機と言えないだろうか。
 そしてこの二人がこの作品での旅を通じて全く成長しないままラストを迎えてしまうのは致命的だ。

 ディティールもかなりいい加減で、マナとアスナをさらったギ族(だったっけ)は勿体つけずにさっさと二人を食っちゃえばいいのに、なんでよりにもよって昼間は日が射して自分たちが行けなくなるところに二人を放置するのかとか、マナの村の風車はあれは絶対回らないだろうとか、モリサキとアスナを襲う刺客たちも、最後はあっさり見逃してしまうし…要するにご都合主義が過ぎるのだ。ついでに言えばオート三輪が走る時代にあのミニスカートの制服はありえないだろう。

 まあお話自体はそれなりに面白かったし、そこそこ引き込まれて観たんだけど…こりゃダメだ。「秒速5センチメートル」の素晴らしさはどこへ消えたのか。新海誠、もう終わったのか…?
.12 2012 アニメ comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年01月
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ
  └ 星を追う子ども

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。