スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

エルディンガー・ピカントゥス


 昨日からMINMINが中国へ修学旅行に出かけている。普段は一人で喋っている彼女がいないと我が家は静かでいい。
それにしても偏食なうえ歯に矯正装置がついているMINMIN、はたして中国で食べるものがあるのだろうか。
 というわけでひさしぶりに静かな我が家で美味いビールなど賞味してみる。
 ドイツのビール、エルディンガーの「ピカントゥス(Pikantus)」を飲んでみた。

 ドイツのエルディンガーはミュンヘン近郊にある1886年創業の小麦ビールの老舗で、ドイツを代表するブランド。主力商品の「ERDINGER Weißbier」をはじめ様々な商品を発売している。ちなみにWeißbierとは直訳すると「白ビール」。グラスに注ぐと白濁していて、日本で一般的な、透明度の高いピルスナーとは見てくれからまったく違う。このWeißbierもかなり美味いのだが、私はこのブランドの黒ビール、「Dunkel」がかなり好きなのだ。先日、楽天のポイントがたまっていたこともあってERDINGERの詰め合わせを買ってみたのだが、その中に一本だけ入っていたのがこの「Pikantus」。ハウステンボスの酒屋さんとかで見かけたことはあるのだが、WeißbierやDunkelよりも高いので買ったことはなかった。

 そんな「Pikantus」、グラスに注いで見ると「Dunkel」よりもさらに色が濃い。だが飲んでみると想像以上の美味さ。甘味があってまろやか、苦さはあまり感じない。エルディンガーのビールはどれもそうなのだが、味わいはかなり複雑なのだけどトータルでは非常に飲みやすくてあっという間に500ml飲んでしまう。高いだけのことはあって、「Dunkel」をさらに強力にブラッシュアップした感じだ。それにしても、これを飲むと普段飲んでいる国産ビールがまったくマヌケな飲み物に思えてしまう。
 ところがこれには落とし穴が。この「Pikantus」、通常よりもアルコール度数が1.5倍ほど高いのだ。弱い人はうかつに飲むと酔っ払うかも。

 とにかく美味いのだが、いかんせん値段が高い。500mlで650円とか700円とかする。その辺の国産ビールの倍以上だ。やっぱりなにかお祝いでもないと飲めないかな。
.09 2011 食ったり飲んだり comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年12月
  ├ カテゴリー
  |  └ 食ったり飲んだり
  └ エルディンガー・ピカントゥス

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。