スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

back number / スーパースター


 「思い出せなくなるその日まで」がヒット、今若者の間でブレイクの気配のあるバンドback numberの最新アルバム。RINRINが聴いていたのを拝借して聴いてみた。

 それぞれの曲はかなりクオリティも高いし、若者なら共感できそうな歌詞をストレートに歌っていて好感がもてるのだが、それをアルバムで12曲も続けて聴くとなるとこれはなかなかの苦行。まあひとことで言えばaikoのアルバムみたいにワンパターンなのだ。似たり寄ったりのミディアム・スローな曲が多く、サウンドも変化が少なく、曲によってはストリングスまで入っているのにカラフルだったり壮大だったりといった印象はゼロ。10曲目くらいでもううんざりとなってしまう。

 このバンドの持ち味はその歌詞にあるのだと思う。なくした恋を未練たっぷりに歌う曲が多くて、その辺に共感する若者が多いのだろう。そういう意味では、あそこまで女々しくはないにしても男版西野カナみたいな。
 たとえば冒頭のシングル曲「はなびら」では別れた彼女の思い出が染み付いたこの町が住みにくくなったなどと言う。こういう感覚はまあ共感できなくもない。
 次のアルバムタイトル曲「スーパースター」では振られた彼女を振り向かせるためにスーパースターになってやる、と非常に情けないことを言う。曲調は違うがこの曲の言わんとしている事は私の大嫌いな浜田省吾の「Money」という曲と全く同じだ。いや、ヤリたいだけだった浜田の方がまだ潔い。お前がスーパースターになったからといって振り向くような女ならその時点で追いかける価値ないだろ、と突っ込みたくなる。
 「思い出せなくなるその日まで」はとてもいい曲だ。愛する人を失って心に穴がぽっかりあいたような気持ちを切なく歌って胸に迫るが、平井堅の「瞳を閉じて」とよく似たシチュエーションの歌詞だ。だがどっちの歌詞が痛いかといえば平井のほうだな。
 最後に置かれた「幸せ」という曲は女子目線で、好きな男子が他の子のことが好きなのを見守って「私はあなたが幸せならそれでいいのよ」的なことを言っている恐ろしくキモい歌だ。ああぞっとする。この歌を聴いて若いリスナーは主人公の女子がそれなりにかわいい子だと想像してしまうのだろうが、この歌詞の女子はきっとかなり醜い子に違いない。かわいくてそれなりに自信のある子ならこういう考え方は決してしないものだ。

 で、一番気に入らないのは「花束」という曲。これはこれから同棲(結婚ではない)しようとしている男女のやり取りを歌ったもの。彼女は「最後は私が振られると思う」とか「浮気はばれないようにして」とか明らかに彼氏の誠実さを疑っているのに対し、彼の答えは「う~ん、どうかな」。ふざけてるのか!なんでキッパリ否定しないんだ!そのあとなんだかよさそうな事ばかり言っているけどこいつ実は彼女を「飽きたらポイ」しようと思っていることは明白。若い女性の皆さん、こういう重要な会話で「う~ん、どうかな」とか言うやつを信じちゃいけませんよ。

 ・・・というわけで12曲のなかに11人のへたれと1人のチャラ男が混じっている、そんなアルバムだ。
 ちょっと単調な気はするが全体には悪くない。でも12曲は多かったかな。もっと弾けた曲とかあってもよかったのでは。
.29 2011 J-POP comment10 trackback(-)

comment

アンチだけはやめてくれ。
2013.07.19 21:12 | URL | 来訪者 #- [edit]
別にアンチじゃないし(笑)。
2013.07.19 22:17 | URL | piaa #- [edit]
おもろかった
2013.08.13 00:28 | URL | 来訪者 #- [edit]
評論家じゃないのに、アルバム全曲聴いてちゃんと評価されてますよね。
文章も明快です。
ただ、「花束」は良い曲ですよ~。
キミをいつまでも大切にする!みたいな「みえみえの嘘」が、通用しなく
なった時代の恋愛歌ということなんじゃないですか?
2014.05.05 14:03 | URL | 来訪者 #- [edit]
コメントありがとうございます。

>キミをいつまでも大切にする!みたいな「みえみえの嘘」が、通用しなく
なった時代の恋愛歌

なるほど、そういう解釈もアリですか。
でも恋愛なんてそういう「みえみえの嘘」さえも愛おしいものではないんでしょうか。
「う~んどうかな」「ぼくなりに君を愛してるよ」なんて熱のない言葉よりも、たとえ言葉だけでも「永遠の愛」を誓った方がいいんじゃないかと思いますが…。
2014.05.05 20:17 | URL | piaa #- [edit]
「はなびら」も良い曲ですよ~と書き込んだものです。

とてもいい曲!と評価されていた「思い出せなくなるその日まで」を聴いて
すごく良かったです。
私の中で、ヒット曲「はなたば」を超えました!
2014.05.17 14:53 | URL | 来訪者 #- [edit]
間違えた(>_<)
「はなびら」→「花束」
の間違い
2014.05.17 14:55 | URL | 来訪者 #- [edit]
「思い出せなくなるその日まで」をちょっと聴きかえしてみたんですけど、
いい歌ですが、これって死別の歌ではないんですね。
最後の「痛いのも涙が出るのもきっと私ひとりじゃないね」ということは、相手は少なくとも生きてるわけです。
あ~死別ソングとばかり思ってた。

ちなみに私の死別ソングナンバーワンはキマグレンの「夢の中だけでも」(アルバム『Alive』収録)です。
2014.05.17 20:35 | URL | piaa #- [edit]
他のアルバムには弾けた曲もたくさんあるのでぜひ聴いてほしいです。
2015.05.05 14:31 | URL | かなこ #- [edit]
そうなんですか?
娘が「ラブストーリー」というアルバムを持っているようなので今度ちょっと聴いてみようと思います。
2015.05.05 23:27 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年11月
  ├ カテゴリー
  |  └ J-POP
  └ back number / スーパースター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。