スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

MINMINの闘病記 その1


 我が家の娘たち、RINRINとMINMINは二人ともそれこそ健康で、小さい時から風邪をひくことも少なく、入院はおろか寝込む事さえほとんどなかったのだが、MINMINが今年の春になって、体の異常を訴え出した。
 医師に相談すると、大病院で治療を受けたほうがいいと言われ、長崎市の大学病院に紹介状を書いてもらって受診することになった。

 今年の春卒業したRINRINと同じ高校に通うMINMINは、昨年の体育祭で姉妹でツーショットの写真を撮っていたのだが、この写真を見たMINMINは、自分の顔がおかしい事に気がついたのだ。
 いや顔はもともとおかしいそんなものなのだが、顎がずれている、と言い出したのだ。言われて見れば確かに下顎が右のほうにずれているようにも見える。でもたいして気にするほどのことじゃないと思っていたら、学校の検診で『放置していると顎が開かなくなる』と言われたそうで、そういうことならやはり医者に見せないといかんだろうと言う事になった。行きつけの歯科医の診断ではやはり下顎が4mmほど右にずれているようだ。その状態で歯の噛み合わせができてしまっているので、いったん歯列矯正をしたあと顎の外科手術が必要なのだということだ。到底個人病院でできる治療ではなく、県でも最高水準の大病院でなければ治療はできないそうだ。

 で、長崎大学病院へ。私の住む佐世保市から長崎市までは車で一時間以上かかるので、行くだけでも結構大変だ。
 さっそく治療が始まったのだが、治療の第一段階は歯列矯正。現在ずれた顎に合わせて噛み合わせができている歯列を、顎の手術後に噛み合うように矯正する。すなわち顎の手術をするまで歯が噛み合わなくなるという事になる。前回の治療で、奥歯に小さな装置をつけただけでもうほとんどの歯が噛み合わなくなってしまった。なので一切固いものは食べられない。おかゆ・おじや生活に突入だ。

 まゆまゆはおいしくて栄養価の高いおかゆ・おじややあまり噛まなくてもいいおかずを作ろうと毎日苦心している。トマトおじやを作ったら食いしん坊のRINRINがおかわりしてたそうだ。きのうはズッキーニと里芋の煮ころがしという、かなりアクロバティックなおかずを作っていた(これが結構いけた)。

 顎の手術は来年の春、入院して行う予定。全身麻酔が必要だそうだ。
.12 2011 日記など comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年08月
  ├ カテゴリー
  |  └ 日記など
  └ MINMINの闘病記 その1

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。