スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

グラン・ブルー


Le Grand Bleu 1988年 仏・伊
監督:リュック・ベッソン
出演:ジャン・マルク・バール、ジャン・レノ、ロザンナ・アークエット

 先日NHK-BSプレミアムにてハイヴィジョン版(デジタル・レストア・バージョン)で放送されたものを録画して観た。

 伝説的フリーダイバー、ジャック・マイヨールを主人公にしてフリーダイビングに命を賭ける青年達の生き様と、そんな男に恋をしてしまった女性を描いた映画。ロマンティックな内容、個性的な俳優達の魅力、そして深く美しい海の描写で非常に人気の高い映画である。私もかなり好きな映画で、DVDも持っている。

 でもどうしても私の中での評価は、アラン・ドロン主演の「冒険者たち」には及ばない。それはこの「グラン・ブルー」という映画、主人公が普通の人間ではないという点が一番大きい要素なのではないだろうか。フリーダイバーなんて相当特殊な職業(?)だし、ましてやジャック・マイヨールといえば彼の著書を読むと歴然だが、フリーダイビングの世界の中でもきっての変人であることは間違いない。

 主人公の名前が実在の人物なので、ノンフィクションとか事実に即した物語だと思っている人もいるかもしれないが、この映画は全くのフィクションである。ライバルとして描かれるエンゾ・モリナリ(実在の人物はエンゾ・マイヨルカ)と幼馴染でギリシャで育ったとか根幹の設定がフィクションだし、フリーダイビングの大会で出す記録も、映画では120mの記録を出すが実際にはマイヨールの生涯最高記録は105mという具合に、実際よりも大幅に底上げされている。この映画の中心であるジョアナとの恋愛も全くのフィクション。
 なぜ監督が主人公の名前を「ジャック・マイヨール」にしたのか全く理解に苦しむ。別の名前にして、ジャック・マイヨールの伝記にインスパイアされた旨を掲げればよかったのでは?ましてこの映画でジャック・マイヨール自身は一銭も受け取っていないのだそうだから何をかいわんや、である。

 そういうことを考え合わせると、この映画の評価は、実在の人物ジャック・マイヨールの存在を無視して行うべきだと思う。
で、肝心の映画はとてもいい。美しくて楽しい素敵な映画だ。ジャン・レノが演じるジャックのライバルでもあり兄貴分でもあるエンゾのキャラクターが強烈で印象深い。主役を食ってしまった感もあるが、物静かなジャックとの対比としていい味が出ている。ジョアナは軽薄な女性だが、その軽薄さから真剣な愛に変わって行く様をロザンナ・アークエットが見事に演じきっている。ジャック役ジャン・マルク・バールもシャイだが意志の強いジャックを、数々のダイビングシーンも含め好演。長い映画だがシンプルなシナリオで冗長な感じはあまりしないところもいい。映像も美しく、ハイヴィジョン版は解像度よりも色重視の好感の持てる絵作りでとても見やすいものだった。

 ただこの映画、ラストが気に入らない。芸術的な映画としてはあの終わり方でいいと思うのだが、実在の人物の、しかも当時存命の人物の名を主人公に名乗らせながら、自殺(といっていいだろう)という終わり方はどう考えても不適切。実際に後年ジャック・マイヨール氏は自殺を遂げたわけで、訃報に接した時この映画の因縁を感じたのは私だけだろうか。
 それとジョアナの最後のセリフ、「私の愛を見てきて」。これはおかしい。ジョアナは「Go and see, my love.」と言っている。「my love」は「私の愛」ではなくて、愛する人への呼びかけだろう。だからこのセリフは「(愛する人よ、)行って見てきなさい」という意味であると思われる。もっと気のきいた翻訳できなかったのかな。
.10 2011 映画(欧州・アジア) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年08月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ グラン・ブルー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。