スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Space Battleship ヤマト


 2010年 日本
監督:山崎貴
出演:木村拓哉、黒木メイサ、山崎努

 昨年公開された「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画。とうとうDVDが発売されたので観た。
 はっきり言って、面白かった。
2009年公開の「スタートレック」の1000分の1くらいは。

 アニメにミニタリー的な要素を持ち込んだこと。敵役の宇宙人が人間であったこと。この2点で放送当時「宇宙戦艦ヤマト」は斬新なアニメだった。まあ終盤で愛だ何だと言い出してくだらなくなったこととか、SF的・戦術的な考証がなっていない点などに目をつぶれば今観てもそれなりに面白いアニメだとは思う。しかし、こうやって比較的アニメに忠実に実写映画化してみると、アホらしさが加速する。SF考証の甘さはアニメ譲りなのだろうか。よりリアルな実写映画でこのSF考証の甘さは命取りだ。
 例えば波動砲の照準器。宇宙での戦闘で目視して敵艦を撃つとかありえないし、ヤマト発進の時にガミラスのミサイルを迎撃するシーンでは、波動砲発射直前にオペレータが「距離70km」と言う。外宇宙から飛来したガミラスのミサイルは最低でも第2宇宙速度(秒速11.2km)で飛来しているはずで、最低でも5~6秒後には直撃を受ける事になる。そうなると波動砲を撃つ暇がない。しかも先の「70km」のセリフの24秒も前に「距離130km」とか言ってるのである。外宇宙から飛来する物体が、まっすぐこちらに向かって飛んできているのに、24秒で60kmしか接近しないのはどう考えてもおかしい。この一点だけでも、この映画のクリエーターは宇宙に関する知識に全く乏しい事が露見する。

 まあたかがSF映画なのでそんなことに目くじら立てずに観てもいい。しかしアニメの「ヤマト」のミニタリー的な魅力は激減。それは主に敵方メカに何の魅力もないからだ。ガミラスが人間でない点も大きなマイナス。人間ではないから人類との葛藤も生まれない。
 有名俳優をずらっと並べたキャストは壮観だが、キムタクの古代はキムタクのキャラそのものでなんだかな。黒木メイサはカッコよかったが、あの唐突なラブシーンは・・・ありゃセクハラでしょ。山崎努の沖田艦長はなんかイメージ違った。「地球か、なにもかも、みな懐かしい」のセリフが印象に残らなかったのは脚本家の責任。ギバちゃんの真田さんはセリフ回しも表情も真田さんになりきっていてなんだか懐かしかった。ちゃんと今はやりのモビルスーツ戦もあり。アナライザーすげえ。結果的にほとんど役立たずだった空間騎兵よりあれを10台持って行ったほうがよかったろうに。

 そしてラストシーン。最後は「さらば宇宙戦艦ヤマト」を踏襲。やっぱり特攻かよ。しっかりそれまでに戦死した戦友の幻も見たし、悪いところを全部再現して見せてありがとうございますというところか。もっとも錯乱のあげく自分に酔いながら成功確率の低い特攻に赴いた「さらば」よりは特攻に必然性があったのでそこはまあ良かったかとも思う。

 冒頭「スタートレック」の1000分の1くらいは面白かったと書いたが、では「スタートレック」と「ヤマト」ではなにが違うのだろう。それは製作者の新しいものを作ろうという気概の違いだ。「スタートレック」にもそうとうストーリー的に無理があったが、新しい「スタートレック」を創造しようという強い意気込みが映像のはしばしから感じられた。「ヤマト」にはそれがない。以前のアニメを実写に移し変えただけで、この映画の製作者達はなにも創造していない。そこに大きな違いがあるのだ。

 オマケ。ネットのどこを探してもないので冒頭に登場する沖田艦長の戦艦と「ゆきかぜ」の画像をアップしておく。
Yamato_a.jpg
上は沖田艦を後ろから見た映像だが、この角度から見るとアニメ版のガミラス艦にそっくり。
下は沖田艦を庇って爆光につつまれる「ゆきかぜ」。一瞬しか写らない。
Yamato_b.jpg

.06 2011 映画(日本) comment2 trackback(-)

comment

駄作だ駄作だと、言われながら、
またそう予測しながら、やっぱり見ちゃうんだろうなぁ。
なんだろうかこの「おおいたち」=「大板血」戦略。
まぁ・・・・・俺も見るけどね。
あと、ネタバレするなら、
慈善にネタバレって書いておいてよぉ
ネタバレしちゃったじゃあん!

あ、俺、ラストまで知ってた。
当たり前か。

まぁまさかと思うけど
若い人のなかには
まったく原点を知らない人もいるので
書いておいた方がいいと思うよぉ。
なんせ
「あれ?ヤマトって船、なんで埋まってたんだっけ?」
「言ってたじゃん。戦争だろ。どっかの」
なんて会話してた若い衆も
いたぐらいだしな。










2011.07.07 16:15 | URL | 三代目 #- [edit]
ぜひ見てください。DVD安いけど買う必要はないよ。ネタ映画に過ぎないから。
でも思ったよりはマシだったよ。

そういえばうちのブログって、基本ネタバレありなんだよね。
今後はお気をつけください。
2011.07.08 00:55 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年07月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(日本)
  └ Space Battleship ヤマト

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。