スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

アバター


AVATER 2009年 米

監督:ジェームス・キャメロン
出演:サム・ワーシントン、シガニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ

 ご存知、昨年大ヒットして同じ監督の「タイタニック」を凌いで史上最高興行収入を記録したSF映画。全く興味がなく観る気もなかったのだが、WOWOWで放送されていたのをMINMINが観ていたので途中から付き合って観た。

 映像はすばらしく凝っていて、惑星パンドラの地球とは似て非なる自然をCGで見事に表現しているし、実写の俳優たちとの融合もまさにシームレス。どこまでが実写でどこからがCGなのか全く見分けられない。劇場で、特に3Dで観たらそれはもう映像に惹き込まれただろう。アカデミー視覚効果賞、美術賞はダテではない。

 しかし、それに伴うお話は全くもって残念なばかり。描かれている異星人ナヴィはどこからどう見てもネイティブ・アメリカンだし、ストーリーは「ポカホンタス」にそっくりだ。そこに明らかにネットゲームを意識した「アバター」のシステムを持ち込んでSFに仕立てただけの、なんともオリジナリティに欠けるストーリーが展開して鼻白む。とはいえアバターのシステムがネットゲーム的であるのと同時に、パンドラの星全体を覆う「エイワ」と呼ばれるネットワークが存在し、二重に現代のネット社会を引き写している点とか、映像以外の部分でも細部にわたってかなり周到に設定してある点はさすが。

 地球人が悪役というのはちょっと斬新かもしれないが、その地球人たちの武装が現代の兵器とほとんど変わらないというのがまたお粗末で笑ってしまう。もっともこれはキャメロン監督が、「パンドラは磁場が強くて現代程度の兵装しか使えないため」と苦しい言い訳をしているそうだ。それでも弓矢で貫通されてしまうキャノピーはなんとか出来ただろうに。ともかくこの映画での地球人たちの凶暴さは、アメリカ国内でかなり反感を買ったそうだ。そういう点では軍隊のバカさ加減をあざ笑った怪作「スターシップ・トゥルーパーズ」の上を行っている。

 …と言うわけで、面白いは面白かったが、特にどうという事もない映画だった。なんであんなにヒットしたのかな、とMINMINもしきりに首をひねっていた。

 ちなみに、この映画の舞台が惑星パンドラと聞いて、「タホルグ」を探してしまったアナタは私と同じくらい重症のストルガツキーマニアですな。ってそんな人私以外にはいないか。
.28 2011 映画(ハリウッド) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2011年02月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(ハリウッド)
  └ アバター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。