スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2001年宇宙の旅


2001: A Space Odyssey 1968年 米
監督:スタンリー・キューブリック
出演:キア・デュリア

 アーサー・C・クラーク原作による、押しも押されもせぬSF映画の傑作。いや実は真の意味でSF映画と呼べるのはこれと「惑星ソラリス」だけなんじゃないかとも思うのだが。昔TVで何度も観たしDVDも持っているが、今回BS-Hiで放送されていたので、『2001年をハイヴィジョンで観られる!』と喜んで観た。

 映画の内容についてはいまさら私が述べるような事は何もないわけで、1968年にこれだけリアルな宇宙の様子を映像化している点は本当にすごい。CGのない時代にこれはどうやって撮ったのか?というようなシーンや、どうやって撮ったかはわかるけど、普通そこまでやるか、というシーンとかが連発して凄い。

 もちろん現在のISSの様子などを鑑みるに、これはおかしいだろうというシーンもある。例えば宇宙ステーションのドッキングベイ、月基地の宇宙船発着場、ディスカバリー号のポッドベイ。どれも内部まで宇宙船を引き込む方式で、これは空気のロスがそうとう大きい。特にディスカバリーのポッドベイは宇宙船全体から見ても相当広いスペースで、あれだけのスペースを満たす空気を逃がしてしまうのはもったいないというよりももはや死活問題だろう。ドッキングだけして人員の移動や補給だけすればいい。HALの反乱のシーンで、プールがポッドで出て行ったばかりで、予定としてはすぐ帰還するはずなのに、事故が起きてボーマンが駆けつけた時には空気があるのはおかしい。いや、そもそもHALはボーマンとプールを殺すなら事故という事にして船内の空気を抜いてしまえばいい。回りくどい事故なんか起こすのは論理的ではない。…もちろんそれではお話にならないので、これでいいんだけどね。

 で、ハイヴィジョンで観た『2001年』の感想なんだけど。冒頭のサルのシーン。あれってロケじゃなくスタジオ撮影だったんだ!という事がわかってしまった。だって背景が、ハイヴィジョンで観ると精巧に描きこまれてはいるものの絵だという事がバレバレ。ハイヴィジョンって鮮明すぎてそういうアラが見えちゃうのが唯一の難点だ。ハイヴィジョンで観ると、ロケシーンでの圧倒的なリアルさとスタジオで撮影されたシーンの落差が目立つ。最近見た映画では「ウエストサイド物語」や吉永小百合の「伊豆の踊り子」なんかで、昔の画質の悪い放送では全然わからなかったのに、このシーンはスタジオだったんだ!というところがあったんだけど、『2001年』はこのサルのシーン全体がスタジオ撮影だった事にちょっと驚いてしまった。
 昔映画撮ってた人たちは、まさか家で、これほどの高画質で映画が観れるようになるなんて想像もしてなかったのだろう。さすがのクラークとキューブリックもそこまでは予想できなかったという事か。
.25 2010 映画(ハリウッド) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年10月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(ハリウッド)
  └ 2001年宇宙の旅

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。