スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

トイ・ストーリー3 (3D版)


Toy Story 3 2010年 米
監督:リー・アンクリッチ

1995年の第1作、1999年の第2作からずいぶん空いて登場の第3作。トイ・ストーリーといえばピクサーの名を一躍有名にした人気シリーズ。その完結編という事らしい。非常に評判が高いので劇場に観に行ってきた。

 当然のように3D版を選択。300円高いのはまあいいとして、渡された3Dメガネが非常にヘナチョコで観てると重みでずり下がってくる上、観客がかなり多くて前のほうの席に座らないといけなかったため、その重いメガネをかけたままスクリーンを見上げる体勢で鑑賞しなければならず結構辛かったのだが、途中からそんなことは気にならなくなるほど良くできた素晴らしい作品になっていた。

 第1作から10年後。少年だったウッディたちの持ち主アンディは青年に成長し、大学へ進学するために家を離れる事に。母から不要なものは捨てるか屋根裏部屋に移すか、それとも保育園に寄付するように言われたアンディは愛着のあるウッディだけを大学へ持って行き、バズやジェシーら他のおもちゃは屋根裏部屋に置こうとする。だが母が誤ってバズらの入った袋を捨ててしまおうとする。なんとかゴミに出されずにすんだみんなだったが、捨てられそうになった事にショックを受け、ウッディの説得に耳をかさず自ら保育園行きの箱に入ってしまう…

 「2」でもおもちゃと子どもとの関係の変化というものが大きなテーマのひとつだったが、ここではそれが更に切実なものになる。すっかり成長して青年になったアンディはもはやウッディたちで遊んだりはしない。ウッディたちは自分達がおもちゃとしてもうアンディにしてやれる事はほとんど残っていない事に気づいている。それでもアンディのために、彼が望むなら屋根裏部屋にいようと言うウッディの言葉は切ない。

 ウッディは保育園が良さそうなところだと知り、バズたちと別れてアンディの元へ帰ろうと外へ出るが、そこで保育園に通う少女ボニーに拾われてしまう。ボニーは小さな頃のアンディのようにおもちゃを大切にする子だったが、そこでウッディは意外な真実を知る。保育園のおもちゃのリーダー、ロッツオが実は邪悪な意図で保育園を牛耳っていることがわかるのだ。ウッディはさっそく仲間達を助けに保育園へ。すでに虐待を受けていたジェシーらとともにそこから脱出を図る事になり、この辺のアクションは文字通りハラハラ、ドキドキの連続で見せ場を作る。最後のあわや焼却炉に、というシーンでは、もはや脱出の望みも絶たれたみんなが手を繋ぐシーンがあり、ここは胸を打つシーンだ。それだけに意外な展開での脱出には驚かされるし、笑わされる。この辺がこの作品のアクションとしてのクライマックスなのだが、そのあとに真のクライマックスが…

 アンディはウッディの書いたメモのとおりに、紆余曲折ののちに帰ってきたおもちゃたち(もちろんアンディはそんなことは知る由もないが)をボニーの家に連れていく。そこでアンディは、ボニーにおもちゃたち一人一人を紹介する。これは、シリーズを通じてこれまでずっとウッディらおもちゃたちの背景でしかなかったアンディが、おもちゃたちに対する愛をはっきりと表明してくれる素晴らしいシーンで、観ているこっちも感動してしまう。そして最後に、ボニーと一緒に童心に帰ってウッディたちで遊ぶアンディ。アンディにとっては子ども時代の終わりなのだ。悲しいけど誰でも大人にならなくちゃいけない。この映画はそれをちゃんと肯定的に見せて終わりになる。そういう意味でも素晴らしい映画だった。

 ちなみに「トトロ」がボニーの家のおもちゃの一員として何回も画面に登場したり、アンディの妹のものだったバービーが大活躍したりと現実のおもちゃ界のビッグネームがゲスト出演しているのも見逃せない。ちなみにMr.ポテトヘッドって現実に1950年代からあるおもちゃなんだって。知ってた?

 さて3Dだけど、この作品は3Dの効果を強調したようなシーンはあまりなく、観ていて違和感はあまりなかったし思ったほど疲れる事もなかった。ただメガネの関係でスクリーンが暗く見えるのは今の技術では仕方ないのかな。
 本編の前に「デイ&ナイト」という短篇映画が上映された。これは2Dのキャラクターの、擬人化された「昼」と「夜」が絡む作品なのだがこれがまた3Dの特徴を最大限に生かした見事な短篇だった。本編はともかくとして、この短篇だけはぜひ劇場で3Dで観たい。 
.16 2010 アニメ comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年08月
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ
  └ トイ・ストーリー3 (3D版)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。