スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

名もなきアフリカの地で

nowhereinafrica.jpg

Nowhere in Africa
2001年 独
カロリーヌ・リンク監督
ユリアーネ・ケーラー
メラーブ・ミニッゼ

久しぶりに映画を見た(TVで、だけど)
 第2次大戦前夜、ナチスの台頭するドイツから夫ヴァルターの働くケニアの農場に娘レギーナをつれて逃れたイエッテル。しかし彼女はアフリカの生活になじめず悩む。一方レギーナは現地人で料理人のオウアと打ち解けてアフリカ暮らしになじんでいく。
 しかしヨーロッパ情勢は日増しに悪くなり、ドイツ国籍の一家は収容所へ…

 オウア役のシデーデ・オンユーロがすごくいい味出しているし(ついでにあのバカっぽい犬も!)、レギーナ役の二人の子役もいい。レギーナが成長すると途中で子役が交代するのだが、交替したのにすぐには気がつかないほどよく似た子役をよく見つけてきたものだ。
 だが肝心のストーリーがどうも煮え切らない。アフリカの生活になじめなかったイエッテルが、なじんでしまうと戦争は終わったのにドイツに帰らないと言い張る。浮気が原因?と見てる者もヴァルターと一緒に勘ぐってしまう。結果、言ってしまえば「戦争が原因で引き起こされる夫婦の危機の物語」に終わってしまっている。
 単純に「レギーナのアフリカ生活」の映画にした方が陳腐かもしれないが記憶に残る作品になったかも。
.10 2005 映画(欧州・アジア) comment2 trackback0

comment

『名もなきアフリカの地で』見ました。

>だが肝心のストーリーがどうも煮え切らない。
原作が、実話。自伝だからなのかも知れませんね。

>レギーナ役の二人の子役もいい。レギーナが成長すると途中で子役が交代するのだが、交替したのにすぐには気がつかないほどよく似た子役をよく見つけてきたものだ。

本当ですね。よく似てました。レギーナが画面にでてくるとなぜかほっとしました。

>単純に「レギーナのアフリカ生活」の映画にした方が陳腐かもしれないが記憶に残る作品になったかも。

レギーナの眼を通して体験したアフリカ、美しかったです。
2014.07.09 10:45 | URL | ETCマンツーマン英会話 #hfCY9RgE [edit]
遅レス申し訳ありません。

原作が実話であっても、映画である以上は多少の脚色があってもいいとは思いますが、この映画についてはなにしろ10年ほど前に見ただけで詳細を覚えておらず、なんとも言いようがありません。

返事になってなくて申し訳ありません。
2014.07.13 18:32 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/14-082ac6bc

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2005年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(欧州・アジア)
  └ 名もなきアフリカの地で

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。