スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

大悲観公園


 今日は休みだったのだが、あまりにもすることがなかったので、昨年長崎鹿町ウインドファームという所を探して小佐々町付近をさまよっていた時に近くを通って、その強烈な名前に驚いて今度行ってみようと思いながら行かずにいた「大悲観公園」をついに訪れてみた。

 駐車場から小さな階段を登っていくと、なんだか巨大な岩が見えてくる。歩道はこの岩の方に向かって延びている。上写真の右手に無粋なコンクリート作りの休憩所があるが、そこはスルーして先へ進むと、
DSC05980.jpg
 かなり巨大な岩だ。しかもかなり風化している。いつ崩落してきてもおかしくないような…
しかもその脇には一枚の看板が…『「大悲観」の大文字を彫った巨岩が、風化作用により、割れて傾いてきております。現在落下防止策を検討中ですが、落下のおそれがありますので、ご観覧の際は、くれぐれもご注意下さるよう、お知らせいたします。』と書いてある。落下防止策云々のところは消してある。ということはもう落下防止策を考えるのはやめたってことだろうか?かなり危ないような気もするが…佐世保は岩が落ちる事で有名(?)なので、ちゃんと対策しといたほうがいいと思うけど。

 …というわけで岩が落ちてこないかちょっとヒヤヒヤしながら、この写真の左下の岩と岩の隙間を通って反対側に出ると、
DSC05981.jpg
 『大悲観』と巨大な文字が彫られている。これは10代平戸藩主松浦熈(まつら・ひろむ)が1830年に彫らせたものだとか。
 よく見ると脇の文字の部分が寸断されている。崩落してんじゃん!やっぱなにか対策すべきじゃないですか小佐々町!…今は佐世保市か。

 ちなみに「大悲観」というのは「大いなる慈悲の心を持つ観音様」の意なのだそうだ。この岩を中心にテニスコートやソフトボール場など公園が整備されている。今月初めなら桜が咲いてさぞきれいだっただろう。今はツツジが咲いていた。
 それにしても近場に結構知らないスポットがあるものだ。今度も何か探してみよう。
.25 2010 ローカルな話題 comment2 trackback(-)

comment

「大悲観」などという近寄る気をなくしそうな名前といい、
落下防止策をあきらめたかのような看板といい、
シュールで楽しい!
夜更けにひとりでニヤニヤしちゃいました。
2010.04.26 00:12 | URL | vogel #9JN9NMwM [edit]
今にも落ちてきそうですよ、きっとそのうちニュースになるかも(笑)←って笑えないって。
「大悲観」は仏教用語なのですね。
2010.04.26 01:46 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ ローカルな話題
  └ 大悲観公園

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。