スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

少年メリケンサック


2009年 日本
監督:宮藤官九郎
出演:宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一

 昨日も書いたがハイヴィジョン録画できるHDDレコーダーを買ったので、ちょうどWOWOWで放送していたのを試しに録って観た。

 レコード会社で契約社員として働くカンナはある日ネットにアップされている「少年メリケンサック」なるバンドの動画を見て上司にスカウトを進言、連絡先をたどってメンバーを訪ねてみると、「少年メリケンサック」はすでに25年前に解散しており、リーダーのアキオはホームレス同然の暮らしをしていた。しかし上司はすでにプロモーションを開始、ネットではファンの期待が盛り上がっていて、否応なしに全国ツアーをすることになる。

 最初に書いたように、レコーダーの画質チェックをしようと思って録ったのだ。別に観ようと思って録ったわけではない。でも観はじめるとこれが非常にくだらなくて、バカバカしくて一気に観てしまった。こんなにくだらない、バカバカしい、そして観た後なんにも残らない、あとくされのないコメディ映画が作れてしまうとは、日本映画も捨てたものではない。

 正直宮崎あおいはあまり好きな女優さんではないのだが、この映画では彼女のコメディエンヌとしての魅力が爆発。ハイテンションな演技で素晴らしい。「篤姫」なんかより数十倍いい。OLなら当然の事だが、服や靴を着回ししていてリアル。佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城、ユースケ・サンタマリアなど他のキャストも熱演。いくつかある挿入歌も面白い。明らかにGA●KTをパロったTERUYAというアーティストとか、「少年メリケンサック」のヒットチューン「ニューヨークマラソン」の歌詞の謎とかかなり笑えた。邦画にありがちなグダグダ感もなく、スピーディな展開でかなり面白く観た。

 …ところがこれってAMAZONのレヴュー見たらびっくりするほど評価が低い。これで笑えないってどういうことだろう? 下品とか書いている人がいるけど、明石家さんまや島田紳助のTVのほうがよっぽど下品だと思うんだけど。
 それとも若い人にはわからない部分が多いってことだろうか? ひょっとしてこういうロックとかって、もはや我々中年にしかわからない世界なのだろうか。でもうちの娘たちは面白がって観てたけど…

 ひとつ気になったのは、途中で出てきたアキオの息子。なにか絡むのかと思ったら何もなしだった。続編への布石かな?
.18 2010 映画(日本) comment0 trackback(-)

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年04月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(日本)
  └ 少年メリケンサック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。