スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ベテルギウスが超新星爆発寸前

Betelgeuse.jpg
 オリオン座のα星ベテルギウスが超新星爆発へ向かう兆候が観測されているという記事が今日の朝日新聞の一面に載っていた。全国紙での宇宙ネタの一面記事は珍しい。

 オリオン座の1等星「ベテルギウス」で、超新星爆発へ向かうと見られる兆候が観測されている。米航空宇宙局(NASA)が6日に公開した画像には、星の表面の盛り上がりとみられる二つの大きな白い模様が写っていた。この15年で大きさが15%減ったという報告もあり、専門家は「爆発は数万年後かもしれないが、明日でもおかしくない」と話す。もし爆発すれば、満月ほどの明るさになり、昼でも見えるようになる。

 冬の大三角の一つでもあるベテルギウスは、赤色超巨星と呼ばれる巨大な星。直径は太陽の1千倍で、太陽系にあるとしたら、地球や火星はおろか木星までが覆われる大きさだ。重いため一生は短く、まだ数百万歳(太陽は46億歳)だが、すでに寿命に近い。最後は超新星爆発を起こし、ブラックホールなどになるとされる。
(以下略・以上asahi.comより)

 ベテルギウスはオリオン座の右肩にある赤い一等星で、太陽系からの距離は640光年。代表的な赤色巨星として有名で、宇宙戦艦ヤマトも訪れている。脈動変光星としても有名で、このタイプの赤色巨星が脈動変光する場合、星の寿命が尽きかけていることを示している。15年で急激に縮小したというのであれば超新星爆発が近いのは間違いないだろう。ただそれはあくまで宇宙尺度で「近い」のであって、記事の専門家の言うとおり、爆発は「明日かもしれないし100万年後かもしれない」のだ。

 では爆発が起きた時、どうなるのか。超新星爆発が起こると、大量のガンマ線が放出される。一説によると50光年以内の距離にある星の生物は壊滅するとも言われている。ベテルギウスは640光年と遠いため、万が一明日超新星爆発が起こっても我々の地球にはほとんど影響はないとされている。ただし、爆発の際に一箇所だけが破けるような形になって一定の方向にガンマ線が放出されるような事になり、それがたまたま太陽系のほうを向いていたら…
まあそういうことがないように祈るだけですな。

 それにしても、記事自体にも驚いたが、ベテルギウスがあまりに巨大なため、地球からでも最新の機材を使えば表面が観測できると言うのは知らなかったし、上の写真にはさらに驚かされた。ちなみに明るく見えるところと暗く見えるところは『ガスの放出によって星の表面が梅干しのようにでこぼこに膨らんでいるから』らしい。640光年の彼方の星の様子がこんなにはっきりわかるなんて…人類ってすごい。
.10 2010 宇宙 comment4 trackback0

comment

> 地球からでも最新の機材を使えば表面が観測できる

最近になって、超大型望遠鏡と補償光学の進歩によって、一昔前では実現不可能とされていた観測が出来るようになっているようです。「フィアスコ」にあったような、太陽系外惑星表面の観測すら、いずれは可能になるのかも知れませんね。
ベテルギウスが超新星化した場合、もちろん何らかの偶然で地球への悪影響がある可能性はゼロではないでしょうが、もっと単純におよそ400年ぶりに日本から肉眼で見える超新星が楽しみという気持ちが強いです。もちろん記事にもある通り、私の生きている間に見られるかは不明ですが。
2010.01.11 11:04 | URL | X^2 #CypyILE6 [edit]
>肉眼で見える超新星が楽しみ

そうですね。満月並みの明るさのマイナス12等級になるとか。
ベテルギウスまでの距離はわずか640光年。
これまでに観測された歴史上のどの超新星よりも圧倒的に近いので、さぞ壮絶な眺めになるでしょうね。
見てみたいものです。明日超新星にならないかな。
2010.01.11 19:34 | URL | piaa #- [edit]
オリオン座のあの重要な一角がなくなってしまうのは大変寂しいですが、本音的には「超新星観てみたい!」ですね。
昼間でも見えるって書いてありましたよね。
と、壊滅するかもしれない生命(がいるかもしれない)には申し訳ない能天気な感想を。
2010.01.12 23:56 | URL | manimani #- [edit]
オリオン座方面は若くて巨大な星ばかりなので、多分生命はほとんど発生していないと思われます。
惑星上の生命にとっては超新星爆発も小惑星の落下も同じようなリスクともいえるわけで、起こるとなるとよほど科学が進んでいる文明でなければ防ぎようがありませんね。

ベテルギウスが超新星になったときの明るさはマイナス12等級(満月の明るさ)からマイナス9等級(三日月の明るさ)くらいまでの諸説があるようです。どっちにしてもさぞすごいでしょうねえ。ああ明日ならないかな。
2010.01.13 00:09 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/1277-5ea9cfa7

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年01月
  ├ カテゴリー
  |  └ 宇宙
  └ ベテルギウスが超新星爆発寸前

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。