スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

純喫茶磯辺


2008年 日本
出演: 宮迫博之, 仲里依紗
監督: 吉田惠輔

 WOWOWで放送していたのを録画したままHDDの容量を食っていたので暇つぶしに鑑賞。
お笑い芸人の主演映画なんて、どうせ大して面白くないんだろうと思って観たら、なかなかどうして面白かった。

 高校生の磯辺咲子は父の裕次郎と二人暮し。ある日祖父が亡くなり、裕次郎の元に多額の遺産が転がり込む。この遺産を元手に裕次郎は脱サラし、喫茶店経営に乗り出す。父のはじめた喫茶店のあまりのダサさに呆れる咲子だったが、裕次郎はバイトに雇った素子に夢中。「純喫茶磯辺」は徐々に常連客が増えてくるが…

 基本的に咲子の視点で物語が展開するのだが、ここに出てくる大人たちの、揃いも揃っていいかげんな事。裕次郎も、彼の別れた妻(咲子の母)もかなりいい加減な空気を漂わせているが、それに輪をかけたような素子というキャラクターがすごい。よくある「美人だけどサイテーな女」を麻生久美子が好演している。それらのいいかげんな大人たちの間でひとり頑張る咲子を仲里依紗が非常にナチュラルな演技で見事に演じている。また、ウエイトレス役で登場するハリセンボンの近藤春名が、これまた非常にいい味を出している。

 お笑い芸人主演なのでコメディだと思われそうだが、宮迫博之(雨上がり決死隊)の演じる裕次郎のシーンで笑えるシーンはほとんどないと言っていい。どちらかというと下町人情系の映画だ。コメディとしてはさほど強力ではなく、爆笑させるようなシーンはない。映画の作り自体もかなり低予算で、カメラワークもごく当たり前のTVドラマ的なもの。それでも淡々とした中にも起伏があるストーリー運びと、だらしない父親がイヤだけど気になる微妙な娘心を演じる仲里依紗の素晴らしい演技で2時間十分楽しめる。なんでもっとこの人、注目されないのかな?夏帆あたりよりはるかに演技力もあるし表情も豊かなのに。ちなみに喫茶店の常連で、来た人みんなに「九州の人?」と訊く男(斉藤洋介)がいるが、仲里依紗は長崎県出身なのだそうだ。

 結局は咲子と裕次郎の親子関係を描いた作品、なんだろうけど、ここで描かれる「娘としての咲子」は理想的すぎて、監督の妄想が入っているかもしれない。ここを深く考えると、日本人によくある少女を理想化してしまう、いわば少女コンプレックスの問題とかに関わってくるわけだが、それだからこそ監督はバランスを取るために素子のような極端な女性を配したのかもしれない。
 まあそんあこんなで、爆笑するような映画ではないけど、とにかくなかなか面白い映画なので時間があったら観てやってください。
.23 2009 映画(日本) comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/1211-a16858c3

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年09月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(日本)
  └ 純喫茶磯辺

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。