スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ややこしいぞ!(EURO2008関連小ネタ5)

euro2008logo.jpg
 何がややこしいって、グループリーグの突破条件のことだ。
W杯もEUROもアジアカップもそうだが、4チームのグループリーグで上位2チームが上のステージへ進出というパターンが多い。3試合で勝点を争うわけだ。
 だがわずか3試合では、場合によっては差が出ないこともある。
例えばアメリカW杯グループEは4チームが1勝1敗1分で並び、イタリアとアイルランドが得失点も総得点も並んだことがある。この時は3位チームの上位チームもノックアウトステージに進めたので問題なかったが、今なら直接対決に破れていたイタリアは敗退である。そのイタリアが結果的には準優勝したのだから勝負は分からない。
 で、今回のEURO2008の場合。グループAでは今夜のチェコ×トルコが引き分けた場合、勝点も得失点も総得点も並んでしまう。この場合はその場でPKで決着をつけるそうだ。もしそうなればもちろん史上初。
 さらに意外な展開で注目のグループCはイタリア×フランスが引き分け、ルーマニアが負けた場合、3チームの勝点が並んでしまう。この場合がややこしい。

 UEFAのHPによると『フランスとイタリアが1-1以上で引き分けた場合は、勝ち点2で並ぶ3チームの中で、直接対決の成績で一番得点の多いイタリアが8強に進出する。
ルーマニアが1点差、2点差、または0-3のスコア以外の3点差で負け、グループのもう1試合が0-0で終わった場合は、ルーマニアが突破する。イタリアと直接対決の成績で並ぶものの、得失点差で(3点差で敗れた場合は、総得点で)上回るためだ。しかし、ルーマニアが4点差以上で敗れ、もう1試合が0-0 で終わった場合は、得失点差でルーマニアを上回るイタリアが通過する。ルーマニアが0-3で敗れ、もう1試合が0-0で終わった場合は、予選係数による決着となり、2.364ポイントのイタリアが2.250ポイントのルーマニアを抑えて準々決勝に進出する。 』
 よく分かりましたか?あ~ややこしい。さてどうなりますか。

あと数時間でA組の第3戦が始まる。PKあるかなあ。見たい気もする。個人的にはチェコ応援なんだけど。
.15 2008 世界のサッカー comment0 trackback0

comment

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/1144-d1af22d4

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年06月
  ├ カテゴリー
  |  └ 世界のサッカー
  └ ややこしいぞ!(EURO2008関連小ネタ5)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。