FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

大YAMATO零号


 往年の傑作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」。TV版が3シリーズ、劇場版が5本公開された。非常に独善的な世界観を持っている作品で、私は特に2作目以降は好きではないのだが、「宇宙戦艦」という概念や、当時のアニメとしてはかなりリアルな戦闘描写が画期的なアニメだった。

 ところがその「ヤマト」の続編製作を巡ってプロデューサーの西崎義展氏側と設定・デザインの松本零士氏の間で争いになった。結局両者とも続編を作ってもいい事になったのだが、西崎氏側は松本氏の作ったキャラクターデザインなどが使用できず、松本氏側は古代進をはじめとした人名やガミラスなどの地名が使用できなくなった。
 これを受けて西崎氏側は現在「宇宙戦艦ヤマト・復活編」を、キャラクターデザインに湖川友謙氏を迎えて製作中だという。
 一方松本氏側が製作したものがこの「大YAMATO零号」という事になる。上記の理由により、これは従来の「宇宙戦艦ヤマト」とは全く違う世界の物語という事になっている。全5回のOVAだが、途中で上記裁判があったり、製作会社が潰れたために製作が中断したり、企画を変更されたりしたという数奇な運命をたどった作品でもある。WOWOWで放送していたので怖いもの観たさから視聴。

 ストーリーは、A(アー)銀河を襲ってきた敵に対して壊滅的な打撃を受ける。もはやA銀河に残ったのはリゲル司令の率いる七千艦隊のみ、というときに地球から大YAMATO零号が参戦する。最強の七千艦隊も歯が立たない巨大な敵を大YAMATO零号は倒せるのか、というようなストーリー。

 かつてヤマトファンだった人たちにはそれなりに楽しめる部分もある作品かもしれない。キャラクターは当然以前の「ヤマト」とは別人なのだが、どう見たって沖田艦長、真田さん、島にユキ、古代進である。だが、そういうノスタルジーで見たとしても、この作品のお粗末さには泣けてくるだろう。
 松本キャラをそのまま動画にしたかのような骨太な線で描かれる人物の描写は見事。昔の「ヤマト」がこの絵だったらさぞ素晴らしかっただろうと思わせる。その反面、CGで描かれるメカはなんともチープで落差が大きい。メカそのものはきれいに描かれているのだが、動きが軽くて巨大な宇宙戦艦が飛んでいるという感じがしない。

 敵がいけない。第1回の敵は「メタノイドラッケン」という艦隊で、これに七千艦隊が激しい攻撃を加えるのだが、全く通用しない。「メタノイドラッケン」は合体して巨大な龍の形になり、七千艦隊を蹂躙する…って、それまでの戦いでそんなことわかってなかったの?というツッコミは置いといて、龍になったあたりでもうがっくり。怪獣アニメかよ。
 第3回では白亜帝艦という巨大な敵艦が地球を襲うのだが、これを迎え撃つのがA銀河のティム艦隊。このティム艦隊というのはロボット艦隊で、どこからどう見てもオリジナルヤマトに出てきたロボット「アナライザー」。しかもこいつらが非常にふざけていて観ていてムカついてくる。ヤマトにそっくりな仲間の船「まほろば」の攻撃で白亜帝艦を宇宙のかなたにふっとばして退けるのだが、飛ばされた距離が1000光年って彼らの世界の基準で言えば近すぎでしょ。

 さらにそういう大YAMATO零号の戦いを見守りながら視聴者に対するガイド役を務めるのがA銀河の中央に位置する「エンペラー」のX-1~X-5という人々なのだが、こいつらはA銀河の代表なのだそうで自分達は安全な場所から大YAMATO零号や七千艦隊の戦いぶりをああでもないこうでもないと言いながら観戦しているだけである。今にも侵略されつつあるという危機感が彼らには全く感じられない。X-3なんかは毎回頭を抱えて「この銀河はどうなっちゃうの~」と繰り返す。お前みたいなやつが銀河の代表だってだけで「この銀河はどうなっちゃうの~」だよ全く。彼らはA銀河の代表ではなく、視聴者の代表に過ぎないのだ。

 大YAMATO零号のクルーだけでも大変な大人数が登場し、どうでもいいような事までやたらに説明するので話が冗漫である事も減点対象だ。地球がいくつかのエリアに分かれていて、それぞれのエリアの出身者はこんな性格、と説明するのだが、わざわざそんなこと劇中で説明する必要はない。細かい設定はあってもいいが、そんなのは隠された設定にしておけばいい。さらにその説明を劇中で行う時、ご丁寧に字幕まで出る。しかもなんかヘンなフォントで(麗雅宋体というらしい)しかも影つきで。
 さらにわずか5回のOVAなのに、同じ絵の使い回しが非常に多くて悲しくなった。

 登場人物がやたらに多かった分、主人公(のはず)のオキと、ヒロイン(のはず)のホンゴウとのからみが最終回にちらっとあっただけというのも寂しいかぎり。全体に人間同士のドラマというものが非常に希薄で、そういう点で昔の「宇宙戦艦ヤマト」に遠く及ばない。結局製作者が何を描きたかったのかさっぱり伝わらない作品だった。あまり見る価値なし。
.24 2009 アニメ comment8 trackback0

comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.07.25 20:31 | | # [edit]
こんにちは。

>結局両者とも続編を作ってもいい事
>西崎氏側は松本氏の作ったキャラクターデザインなどが使用できず

これは誤りです。
両者間の和解書・確認書の内容は、「宇宙戦艦ヤマト」の続編は西崎氏が、「宇宙戦艦ヤマト」とは全く関係ない作品は松本零士が作っても、お互い文句は言いません。
といった内容です。

ですので、「宇宙戦艦ヤマト」の続編を双方が勝手に作ってもいい・・・という内容ではありません。

また松本デザインについては、松本が参加しない西崎氏の「復活篇」でも、そのまま基本コンセプトで使われています。
何故なら、そもそもアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の著作権は、松本ではなく東北新社にあるからです。
キャラデザイン等も著作権者の権利に含まれ、東新の許諾があれば使用は不可能ではありません。

逆に松本は、旧作の世界観全てを勝手に使用する事は出ません。
ですので、著作権保持者の東新と松本原作を利用したパチンコメーカー等との間で訴訟が起きたのです。(この裁判では松本は当事者ではない。)

結局は才能の枯渇を露見するだけの「大YAMATO」、まさに「>何を描きたかったのかさっぱり伝わらない作品」ですね。
2009.07.25 20:48 | URL | 9の部屋 #- [edit]
9の部屋さん、すいませんでした。どうやらFC2のおせっかいなフィルタリング機能ではじかれていたようです。私のほうで上げておきました。フィルタリング機能は解除しました。ただしこれまで通りURLははじかれます。

>「宇宙戦艦ヤマト」の続編は西崎氏が、「宇宙戦艦ヤマト」とは全く関係ない作品は松本零士が作っても、お互い文句は言いません。 といった内容

そうなんですね。でもこの「大YAMATO」、「ヤマト」と関係ないといっても説得力ないような気がしますね。

松本デザインについては、なぜキャラクターの絵はダメで宇宙戦艦の絵はいいのかよくわからなかったのですが、西崎氏は使おうと思えば使ってもいいわけですね。古代やユキの松本デザインを使わないのは要するに西崎氏の意地だということですね。

私は松本氏の作品が大嫌いなので、こんなの見て時間を損しました。はじめから面白いはずがないとは思ってましたけどね。
2009.07.25 21:02 | URL | piaa #- [edit]
こんちは。
東北新社に著作権がある、という言うのは間違いです。
西崎氏はかつて個人として東北新社にヤマトの著作権を売りましたが、その時、ヤマトの新作を作ることは認められています。その時に東北新社が旧作の著作権を譲渡されたとされていましたが、06年の松本氏と東北新社の裁判でヤマトの著作権は西崎氏が代表を務めていた製作会社が依然としてもっており、西崎氏との個人譲渡契約は無効とされています。またそれより前の西崎氏と松本氏との和解で松本氏はヤマトと関係ない作品をは発表して良いことになっていたので松本氏は大ヤマトを発表したわけです。
2009.08.13 17:44 | URL | 通りすがりです。 #mQop/nM. [edit]
コメントありがとうございます。

ですが私は松本氏と西崎氏のヤマトを巡る醜い争いに興味はありません。
ただつまらない作品をつまらないと言いたいだけです。

ヤマトの著作権について議論をされたい、9の部屋さんの意見に異論があるのであれば9の部屋さんのHP、ttp://www.newyamato.com/return.htm(頭にhをつけてください)でどうぞ。
2009.08.14 19:40 | URL | piaa #- [edit]
今更ですが・・・

通りすがりです。さん、どうぞ私のサイトで語って下さい。
ttp://www.newyamato.com/return.htm 頭にh

というか、直接東北新社に著作権の有無をただしたらいかがでしょう。

piaaさん、お邪魔しました。
2010.02.14 23:00 | URL | 9の部屋 #oUIczFWc [edit]
あんたは知らないだろうけど、メタノイドラッケンの元ネタはおそらくさいしょのTVシリーズのバラノドンからきてるんだよ
バラン星の原始生物バラノドンをゲールがイメージ投影機で巨大な怪物にしてヤマトと戦わせる話がある。

ヤマトが好きとか言う連中に限って中身を何にも知らなかったり、
松本零士の人格ばかり批判して、お門違いも甚だしい

さらにいうが、大ヤマトでの特徴的にも、設定の盗用はない。(N氏が考えたネタを自分の作品に入れるはずが無いからだ)
使い古しなんだろうけど、これを見ることによって、逆に原作において
どの部分が松本氏が考えたものかが手に取るようにわかる。

なんにも知らないで原作が大好きなんていうやつらにはいい面の皮のような作品だ。実にありがたいね。
2013.06.21 06:58 | URL | 化石の戦士 #- [edit]
カキコミありがとうございます。

しかし、あなたがなにを言わんとしてるのかさっぱりわかりません。
ヤマトを観ようとしてこれを間違って観て「コレジャナイ」と言ってる奴ら(そんな人がいるとは思えんが)にとって「いい面の皮」なのかな?
それとも「原作のどこが松本のアイディアなのかわかる」資料的な見地からこのクソアニメを観ろとでも?

このアニメはアンチ松本ファンが松本を嘲笑うネタとして観るくらいしか存在価値がないと思いますが。
2013.06.22 00:53 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/1101-fd8d6467

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年07月
  ├ カテゴリー
  |  └ アニメ
  └ 大YAMATO零号

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。