FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ホルヘ・ルイス・ボルヘス 創造者


 おお、ボルヘスの本が出てる、と思って中身も見ずに買って来たのだが、これはひょっとして詩集?
これまでにも書いたが、私は「詩」というやつがとても苦手なのだ。
 というわけでこの薄い本を読むのにえらく時間がかかってしまった。

 この本は前半が散文による短い作品を、後半は詩を収めてある。
ボルヘスという作家の作品から受ける印象は、とにかくその溢れるようなアイディアと、それを驚くほどのクールさで捌いてしまう驚異的な知性の持ち主、といったものだろうか。これほどの知性を感じさせる作家は私の知る限りでは他にスタニスワフ・レムだけである。
 そのボルヘスが意外にも「詩」を書いている。…いや別に意外ではないのだ。「ボルヘス詩集」という本も出ているようだし、ピアソラが彼の詩に曲をつけたものがあるという話を聞いたこともある。ボルヘスの創作の中で「詩」はわりと大きなウエイトを占めているのだ。

 思うに「詩」というのは基本的に情緒的・主観的なものであり、そこに知性とかの入り込む余地は(散文に比べると)少ない。「詩」は情緒によって読者を取り込んでしまう(そこが私が「詩」に親しめない最大の要素なのだが)。ところがボルヘスの書く「詩」には、「詩」としてはかなり客観的でありながら、ボルヘスの文章としては驚くほど主観的であるというものになっている。それらは「詩」として読むときも異形であり、「ボルヘスの書いたもの」としても異形なものという感覚に付きまとわれるのだ。結果「詩」が苦手な私には、「詩」としてはすんなり読める作品が多かった。

 一方、前半に置かれた散文による短い作品たちは、「伝奇集」「不死の人」で読めるものと近いとは思うのだが、それらに比べると上記の「詩」と同様、どちらかというと「知性」よりも「情緒」に傾いた作品が多いような気がする。
 ボルヘスという巨大知性の持つ人間味といったものを感じさせる作品集、という意味で貴重かもしれない。

 …というわけで一節引用。
『人気ない広間で、沈黙を守る
書物は時間の中を旅する。背後に
取り残された夜明けと夜の時刻、
そして私の生、この慌しい夢。』
(『アリオストとアラビア人たち』より)
.24 2009 中・南米文学 comment3 trackback0

comment

piaaさん、こんにちは。
私も、基本的に詩は苦手なんです。
叙事詩は大好きなんですけど、抒情詩がだめ。
定型詩はまだいいんですけど、自由詩はなかなか良さが分からなくて。

叙事詩は、詩の中でも散文に近い存在だと思うんですが
ボルヘスのこの詩も、とても散文に近いものでしたよね。
そのせいか、とてもすんなりと読むことができました。
実際ボルヘスの散文作品とは、随分違う部分もいろいろとあると思うし
「知性」の作品を凝縮したら「情緒」が出てくるわけでもないんですけど…(笑)
この凝縮されたエッセンス的無駄のなさが心地よかったです。
2009.07.26 05:32 | URL | 四季 #B3rUdRIM [edit]
こんばんは。
「創造者」は、ボルヘスの人間ぽさがよく出ている作品だと思います。
初読時には驚愕しました。
この作品が晩年に作られたものだというのも興味深いです。

それにしても岩波は、連続でボルヘス刊行など、なかなか良い仕事をしていますよね。ボルヘス好きとしては、うれしい限りです。

2009.07.27 01:35 | URL | ふくろう男 #EaNH9XtA [edit]
四季さん、ふくろう男さん、こんばんわ。

 ボルヘスにはレム同様「知で鎧う」という印象があったので、ちょっと意外だったのですが、それはそれで楽しめました。
 でもやっぱ「詩」は苦手です。私も「現代詩」…「自由詩」というのかな、あれが全然ダメでして。これはどれもとても読みやすかったのですが、それでも、小説よりもずっと集中力がいるみたいで…

 最近の岩波さんはホントにいい仕事していますよね。「マルコヴァルドさんの四季」の新訳とか、久生十蘭の作品集とか読みたい作品が目白押しです。
2009.07.27 21:39 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/1100-a29761c4

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年07月
  ├ カテゴリー
  |  └ 中・南米文学
  └ ホルヘ・ルイス・ボルヘス 創造者

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。