スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

クローバーフィールド/HAKAISHA


CLOVERFIELD 2008 米
監督:マット・リーヴス
出演:マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン

 「スター・トレック」のJ.J.エイブラムスが製作したパニック映画。WOWOWで放送されたので録画していたものを観た。パニック映画がキライなまゆまゆとRINRINが「絶対私達の居るときに観るな」というのでなかなか見る機会がなかった。

 これは一言で言えば怪獣映画である。ある夜、巨大生物がNYを襲い、大変なパニックになる。軍が出動し砲撃や爆撃を加えるが、まったく通用しない。…と、そこまではおなじみの日本のゴジラ映画同様なのだが、この映画のミソはその描き方だ。ここで観客は、たまたま青年たちが回していたデジタルビデオのテープの記録だけを観ていく。

 日本へ副社長として栄転が決まったロブのためにサプライズパーティを企画した兄のジェイソンと、彼のガールフレンドのリリー。ジェイソンはロブの友人ハッドにビデオの撮影を頼む。だがロブはガールフレンドのベスとうまくいっておらず、喧嘩別れしてしまう。ジェイソンとハッドはロブをなだめてベスと仲直りするように勧めているときに、それが起こる。
 怪物の攻撃でパニックに陥る人々。その中でロブ、ジェイソン、リリー、ハッド、そしてハッドが気になっているマリーナの5人はマンハッタン島から脱出しようとブルックリン橋へ向かうが、そこで攻撃に遭い、ジェイソンを失ってしまう。ロブは携帯でベスが助けを必要としている事を知り、ベスのマンションに向かおうとする。

 映画はすべてハッドが撮影したビデオカメラの映像になっていて、そのため大事なところが写ってなかったり、カメラを斜めにしたまま撮影されていたり、歩き回りながら大揺れの画像を延々と見せられたりと、要するに皆さんがビデオカメラで撮影したものを観るのとよく似た感じで、長時間見続けるのは正直つらい。大揺れの映像はうかうか観ていると酔いそうだ。だいたいハッド、ビデオ撮るのへたくそすぎだし、くだらない事喋りすぎ。
 「無編集の記録」という演出のため当然ながらBGMも一切なしだ。ところどころで映像が切れ、テープに以前記録されていたロブとベスのデートの様子がフラッシュバックのように入るところもリアルなようで極めて巧みな演出だ。怪物をちらちらとしか見せないのも効果的。ラスト、テープの残りに記録されていた幸せそうなロブとベスの表情が衝撃的だ。

 この方法をとることで、普通SF映画によくある説明的なことが一切なされない。怪物がなぜ現れたのか、彼らが何をしているのか観客は登場人物同様まったく知ることができない。このアイディアは素晴らしい。ただ人々のリアクションだけを描いてとても効果的だ。この怪獣は宇宙から来たとかある企業が遺伝子操作で作り出したとか下手に説明してしらけるくらいならなにも描かない方がリアリティがあるのだ。だから映画は、怪獣映画とかそういう側面はさておいて、極限状態の中でロブが愛するベスを助けようとするパニック映画として見るべきだろう。
 怪物については前述のように映画の中では全く説明されず、その姿も極めて不気味でたとえば「エイリアン」はある意味美しいが、そんな美しさなど皆無。この映画の怪物はひたすら醜悪でぞっとする。ちなみにこの映画の怪物については公開前からネット上に様々な情報が流されていて、架空の「タグルアト」という会社がこの怪物に関わっているようだ。

 AMAZONの評価を見ても全然ダメな人と絶賛する人に完全に分かれている。さもありなん。でも私は好きだったな。こんどパニック映画好きのMINMINに見せようっと。
.11 2009 映画(ハリウッド) comment4 trackback0

comment

この映画って 怪獣の足元で逃げ回っている人の視点で怪獣映画を描くという発想の勝利なだけと思われていますが、
それだけでなく脚本と映像が非常によく出来ていますよね~

一見素人撮影の動画のようにみてせていてかなり計算されていて、観客に対して上手く謎の生物の存在感を出していることと、パニックムービーな脚本と同時に、異なる時間の中で進行する恋人の物語をキチンと裏で表現されていて、その巧みさに私は関心してしまいました!

J.J.エイブラムスはやはり、センスのいい監督だなというのが分かりますよね(^^)
2009.06.16 21:18 | URL | コブタです #- [edit]
そうなんですよね。災害や攻撃から逃げ回る人の視点で、というのはアングラ映画とかには普通にありそうですしね。
そこをここまで見せるものにしたのは、やはり人間をちゃんと描いていたからですよね。圧倒的に説明不足なのに、パニック映画として説得力がありました。

ところでひとつ気になったのですが、ひとりだけ先にヘリに乗せられて行ったリリーは生き延びたのでしょうか…?
2009.06.16 21:45 | URL | piaa #- [edit]
過去に、、『バトル・フィールド TOKYO』という酷い映画を観たことあるな~とかいうのをふと思い出した私です。

それは置いといて、、多分先に避難したリリーは生き延びたものと思います。

噂では、クローバーフィールド2が作られるとかですが、、その遠きに、その辺りは語られるかもしれません。
でも、、この続編?ってどうするつもりでしょうかね~(><)
意外性をもたせつつ面白く作るのって 難しそうですよね

2009.06.16 22:24 | URL | コブタです #- [edit]
公開当初のネット上の記事を見ると、続編は別の視点のやはり個人撮影風映像、というようなことが書いてありましたが…

今回全くわからなかった怪物の正体が明かされるような、妙に謎解きっぽい作品になってもつまんないですよね。かといって同じようなもの見せられるのもね~

続編、あるのならあっと驚くようなものを作ってほしいですね。
2009.06.17 00:14 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/1070-8264b294

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年06月
  ├ カテゴリー
  |  └ 映画(ハリウッド)
  └ クローバーフィールド/HAKAISHA

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。