FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

江國香織 神様のボート


 先日亡くなった義妹の本をRINRINが貰ってきたなかの一冊。江國香織は昭和39年生まれの女性作家。評判は聞いていたがはじめて読んだ。

 30代の女性葉子とその娘草子の暮らしを数年にわたって描いている作品だが、とにかく終始ひんやりした印象の冷たい物語だ。葉子というヒロインは、草子の父親でかつて愛しながら別れた男性(「あのひと」)と再会する日が来るのをかたくなに信じている。別れ際に「あのひと」が言った「必ず探し出す」という言葉を信じ、探し出してもらうためだけに各地を転々としている。2年位住んでは引越しを繰り返す生活に、だんだん成長する草子は不満を感じるようになる。

 葉子の考え方は明らかに異常で、まったく地に足が着いていない。「あのひと」との愛の日々に固執し、新たな人間関係を作ることにまったく興味が無い。興味が無いというよりも否定し続けていく。そしてさらに悪い事にはそれを娘である草子にも強要するのである。そうして一種の虐待を受け続けた草子は、高校進学にあたって寮に入り葉子の許を去る決意をするのだ。
 葉子の生き方は生きているとは言えても生活しているとは言えない。引越しする時に「(思い出を)箱の中にしまっていくの」と草子を説得するが、自分は「あのひと」のことを決して「箱の中」に入れようとしない。子供はそういう矛盾には敏感だ。草子がそう主張して逆襲するのは当然といえば当然である。

 そして葉子は16年ぶりに東京へと戻ってくる。そこで実家の両親や桃井先生と再会するが、「あのひと」が自分を探して現れた事を聞く。そしてあの問題のラストシーンになるのだが…
 AMAZONのレヴューを見ると、このラストをハッピーエンドと捉えている読者が多いことに驚いてしまう。私としてはハッピーエンド説は断固否定する。ただ作者はわざとそうとも取れる書き方をしていて、ここがまたこの作家のズルい所である。
 その前の段落に葉子がジントニックを飲みながら「死」について考えるシーンがあることから、これは葉子が死んでしまったあとの「死後の世界」のシーンだという解釈をしている方もいる。こちらの方が可能性としてはありそうだが、私は単純に酔って幻覚を見ているだけだと考える。死後の世界にせよ酔って幻覚にせよ、いずれにしても葉子の孤独が浮き彫りになる非常にきびしいラストシーンだと考える。

 作品は葉子視点と草子視点が混在している書き方をされていて、しかもそれぞれが特段に文体が変えて書かれているわけではなく、そういう意味では小説を読みなれていない読者にはちょっとわかりにくい部分もあるかもしれない。そこさえクリアしたらあとはかなり読みやすい。

 小説全体の私の読後感としては、昔の愛の思い出のために生涯を棒に振る女性というのは、考え方によっては(葉子の言うとおり)非常に幸福なのだとは思う。だが母親である以上は葉子のような人生を送る事は許されないと思うのだ。で、いつの間にか草子への依存度が高くなってしまった葉子は自立しようとする草子を目の当たりにしてたじろいでしまう事になるのだ。これは葉子の「あのひと」への偏愛の物語であると同時に、大人になりきれない母と大人になろうとする娘の相克の物語でもあると思う。その物語ははじめにも書いたようにひんやり冷たい。江國香織という作家の筆力は本当に素晴らしいもので、かなり高いレベルにある作品だが、何度も読むような作品ではないとも思った。
.12 2009 日本文学 comment4 trackback0

comment

そうそう、江國香織の小説って「ひんやり冷たい」という言葉がぴったりです!
実はかなり好きです、江國香織の小説(直木賞以前のものが特に)。
「冷静と情熱のあいだ」で大ブレーク(?)したあたりから遠ざかってしまいましたが。

この本も読みましたが、結末は忘れてました。 ただ、ハッピーエンドではなかったような。 かといって絶望でもなかったような。
江國香織は恋愛小説の名手といわれているようですが、ワタシは疑問。 たとえどんなに愛し合っていても人間は完全に分かり合うことはできないという「ひんやり冷たい」ものがどの小説の根底にも流れていて、でも突き放したり孤独にさいなまれたりするのでもなくて…その感覚がワタシはとても好きです(最近読んでないけど)。

ちなみに辻仁成と競作の「冷静と情熱のあいだ」はベタベタの恋愛ものは苦手だからと読まずにいたんですが、読み比べてみたらなかなか興味深かったですよ。 辻仁成がベタベタアマアマで、江國香織はひんやり孤独で凛としてて。
2009.05.13 00:57 | URL | vogel #9JN9NMwM [edit]
恋愛小説の名手…なんですか。
確かにこれもある意味究極的な恋愛小説といえそうです。
でも帰ってくるはずのない男を待ち続ける女という図式は考えようによっては恐ろしく古い恋愛の構図かもしれないですよね。
そんな凝り固まった葉子の生き方に付き合わされる草子が不憫でなりませんでした。だから草子が高校を自分で選び、寮に入ると宣言した時は心のなかで快哉を叫んだのです。
私が親だからそう感じるのかな。
そういう異常な親とそれを観て冷静に育つ子の関係を見事に描いていて、小説として素晴らしい完成度だと思いました。

これは作者自身「狂気の物語」と読んでいるくらいなので、もっと他のを読むべきなのかもしれませんね。
2009.05.13 23:27 | URL | piaa #- [edit]
私は何度も読み返しています。
ラストはおっしゃる通り幻覚を見たんだと思います。
ハッピーエンドでも死でもなく。
狂女になるくらい恋愛に溺れた経験のある人なら葉子の異常な精神が理解できます。
本当に正常と異常は紙一重です。
2011.06.22 23:57 | URL | はなこ #- [edit]
はなこさん、コメントありがとうございます。

ですよね、やっぱり幻ですよね。

>狂女になるくらい恋愛に溺れた経験のある人なら葉子の異常な精神が理解できます

それはそうですし、実際これに近いような母親も実際私の身の回りにもいるのですが、母親がこんなでは子供はたまったものじゃないですよね。作者の興味も母の痛い恋愛よりも、母と娘の関係のほうにこそあるのではないかと思いました。
2011.06.23 23:04 | URL | piaa #- [edit]

post comment

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://piaa0117.blog6.fc2.com/tb.php/1048-b7f8efc4

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
P&M_Blog
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年05月
  ├ カテゴリー
  |  └ 日本文学
  └ 江國香織 神様のボート

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。