スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

中島敦 山月記・李陵

atushi_nakashima_sangetu 001
 昭和17年に33歳の若さで亡くなった中島敦は、その早世ゆえに遺された作品の数は決して多くはない。しかしこの作家はその中の数作だけで永遠に記憶されるだろう。ここに収録されているのはいずれもそんな強烈な作品だ。

スポンサーサイト
.27 2014 日本文学 comment2 trackback(-)

ソチオリンピック終わる


 今日未明の閉会式でソチオリンピックが終わった。ハニューシュカこと羽生の金メダル、レジェンド葛西の銀メダルなど結果の出た選手もさることながら、ショートプログラムで大失敗しながらフリーで感動的な演技を見せた浅田真央をはじめ日本選手の頑張りには感動した。
 普段は観ることのできない競技が色々と楽しめて面白かった。今回注目したのはバイアスロン。以前からある競技だけど今回女子のリレーを観て非常に面白かった。スキーで激走したあと銃で標的を撃つという、ゴルゴ13か007みたいな競技だ。

.25 2014 その他スポーツ comment0 trackback(-)

TV買い換えた


ドイツワールドカップの直後、2006年の7月に買った日立の37型プラズマTVが最近非常に調子悪くなった。電源を入れて数分はひどくザラザラ映るし、それ以前に電源が入らないことが度々あり、何度かコンセントを差し直すと入るようになる。さらには1時間から1時間半程見てると真ん中に幅5cmくらいのかなり太い赤い縦線が入る。さすがに最近は視聴に不便をきたすようになってきたので、思い切って買い換えることにした。
 ところが折からのTV不況のせいか現在各社のTVのカタログは以前に比べアイテムが減少。42型から47型くらいで10万円前後でそれなりの画質のやつ、となるとSONYのW802一択となってしまった。

.22 2014 PC/家電/カメラ等 comment0 trackback(-)

イプセン 人形の家


 だいぶ以前に「幽霊」を読んでこっちも読まねばと思い本も早々に確保しておきながらながらなかなか読み出さず、ようやく読んだ。
 私が読んだのは旺文社文庫のハードカヴァー版。昔中学校とかの図書館によく置いてあったやつだ。

.17 2014 その他欧州文学 comment0 trackback(-)

おおかみこどもの雨と雪


2012年 日本
監督:細田守
声の出演:宮崎あおい、大沢たかお

 私は細田守の作品をひとつしか見ていない。「時をかける少女」だ。で、記事にも書いたように正直好きではなかった。だからこの映画もあんまり食指が動かなかったのだが、ついつい見てしまった。

.14 2014 アニメ comment6 trackback(-)

長崎ランタンフェスタ

20140213_02.jpg
 中国の旧正月、春節に併せて毎年行われている長崎ランタンフェスタ。毎年行こう行こうと思うのだが、寒さと長崎の駐車場事情の悪さに負けてこれまで行ったことがなかった。ところが今年は職場の研修の一環として出かけてきた。
 上写真はメイン会場に供えられたブタの頭。ちょっとギョッとするが、なかなか壮観だ。

.13 2014 ローカルな話題 comment0 trackback(-)

iphoneデビュー


 これまで使ってきたinfobar c01が非常に調子悪かったのでiphone 5cに買い換えた。
 いや~これはすごい。動作はサクサク、通信速度はLTEでフレッツ光と何ら変わりない。さまざまなアプリが使え、写真に動画、音楽もばっちり。ないのはTVくらいのものだ。
だってこれがあれば、デジカメもミニコンポもPCやタブレットも、もちろん電話回線もインターネットの契約も必要ない。
どおりで家電が売れないわけだ。納得。
.12 2014 日記など comment0 trackback(-)

ソチオリンピック開幕


 一昨夜から一部競技が先行してソチオリンピックが始まっていたが、昨夜は開会式だった。
 プロジェクションマッピングの技法を使ってフィールドを様々な風景に変貌させ、少女の目を通してロシアの歴史を見せるという内容。フィールドの上の空間を使って立体的で巨大なオブジェを登場させてみたりと大変見ごたえのあるものだったのでちょっと感想を。

.08 2014 その他スポーツ comment2 trackback(-)

佐村河内守の作品が発売中止


 嫌な話題なので書くのやめようかとも思ったのだけど、一人の音楽ファンとして書く事にする。

 佐村河内守という作曲家がいた。35歳で聴覚を失いながらも絶対音感を生かして作曲を続け、交響曲第1番「HIROSHIMA」をはじめたくさんの作品を世に出し、それらは高く評価され、現代のベートーヴェンとまで言われた。
 ところが、昨日になって自分で作曲せずにゴーストライターが書いていた事がわかった。耳の障害さえ嘘だったようだ。
このニュースを受けてレコード会社は即刻彼の作品のCDをすべて発売中止にした。

.06 2014 日記など comment2 trackback(-)

ノスフェラトゥ


Nosferatu 1979年 西独・仏
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:クラウス・キンスキー、イザベル・アジャーニ、ブルーノ・ガンツ

 ヘルツォークが1922年の名画「吸血鬼ノスフェラトゥ」をリメイクした作品。もちろん「吸血鬼ドラキュラ」の話である。

.02 2014 映画(欧州・アジア) comment2 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2014年02月

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。