スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

機動戦士ガンダムAGE (完結)


 ガンダムAGEが先日のオンエアでついに完結。
 放送中からこれだけ叩かれた作品も珍しいのではないだろうか。まああらゆる意味でめちゃくちゃな作品だったが、私としては途中からは「今回はどんなバカをやってくれるのか」と楽しみに観ていた。最終回まで49話、ツッこみ放題のすごいアニメだった。観ていたみなさん、一年間お疲れ様でした。

スポンサーサイト
.29 2012 アニメ comment0 trackback(-)

ジャック・ヴァンス 竜を駆る種族


 ジャック・ヴァンスといえば異世界を見事に描写してしまう強烈な個性のSF作家として有名で、特に同業者にファンが多いことでも知られている。ただし日本での評価は決して高いとはいえず、邦訳もさほど多くない。
 私は大学生ぐらいの時に「魔王子シリーズ」を、かなりハマって読んだ覚えがあるのだが、その後全く彼の作品に触れる機会がなかった。

.27 2012 SF comment0 trackback(-)

雲の向こう、約束の場所


 新海誠の2004年の作品。
あの「秒速5センチメートル」よりも先の作品だというのは、今調べてはじめて知った。

.25 2012 アニメ comment0 trackback(-)

九州学生アメリカンフットボールリーグ


 TVで放送しているNFLを観るのが結構好きで、一度アメフトの実際の試合観てみたいなあと思ったのだが、ちょうどサガン鳥栖の試合と同じ日に九州学生アメリカンフットボールリーグの試合が春日公園球技場で行われるというのでちょっと足を伸ばして行ってみた。

.24 2012 その他スポーツ comment0 trackback(-)

J1 鳥栖×柏


 初のJ1挑戦ながら並みいる強豪チームに互角に渡り合い、現在7位という順位のサガン鳥栖。
見に行きたいのはやまやまなんだけど、土曜日の7時からの試合では、帰り着くのが夜中になっちゃうし、なかなか出かけられずにいたらベアスタの試合はもうあと2試合しかないっていうので、思い切って出かけてみた。

.23 2012 国内のサッカー comment0 trackback(-)

幻のゴッホ展


 ハウステンボス美術館で開催中の「幻のゴッホ展 -パリ時代のゴッホ、空白の2年間-」を観てきた。
これはハウステンボス20周年記念企画として、日本初公開36作品を含む52点を一挙に見せるというもの。ハウステンボス美術館としても久々の大型企画だ。平日のお昼前と比較的早い時間に訪れたにも関わらず、すでにかなりの数の方がご覧になっていた。

.20 2012 ART comment0 trackback(-)

ハウステンボスで食いまくる


 ハウステンボスでビールの祭典「オクトーバーフェスト」をやっているということで、「オクトーバーフェスト」と聞いては黙っておれない私としては早速行ってみた。
 会場は世界中のビールが所狭しと置いてあり、その場で瓶ビールを買って飲んでもいいし、1500円で5銘柄各(約200ml)を試飲でき、気に入ったものはグラスで単品買いもできる。上写真の赤いビールはベルビュークリークというベルギービール。とぐろを巻いているのはブラートヴルストシュネッケというドイツのソーセージ。
.19 2012 食ったり飲んだり comment0 trackback(-)

イワン・エフレーモフ 丑の刻


 以前から読みたいと思っていたエフレーモフの長編。二段組で450ページに達する大作だ。
あの「アンドロメダ星雲」と同じ世界だが、続編というわけではなく、あれよりもさらにずっと未来の物語である。

.16 2012 SF comment2 trackback(-)

フランス人は踊る

フランスのミュージカル映画「ロシュフォールの恋人たち」を見ながら。
画面に写っている人々が画面の隅っこに小さく写っている人まで全員踊り出したシーンを見て。
RINRIN 全員踊ってるよ!
piaa   フランスではあれが当たり前なのさ。
RINRIN んなわけ無いでしょ!ジダンも踊るんかい!

次に今度は急に歌いだしたシーンで。
RINRIN 急に歌いだしたよ!
piaa   フランスではあれが当たり前なのさ。
RINRIN んなわけ無いでしょ!アンリも歌うんかい!
MINMIN ジダンやアンリはともかく、ベンゼマは歌いも踊りもしないと思う。

benzema.jpg
…フランス人と言ったらサッカー選手しか出てこないのが我が家らしい。
.12 2012 家族の会話 comment0 trackback(-)

超時空JK MINMIN

nagasaki_map.gif
 最近は月一回程度と頻度こそ下がったものの、いまだに長崎市まで病院通いが続いているMINMIN。
毎回片道ざっと70kmのドライブなので結構しんどいものがあるのだが、本人は全然へっちゃらだ。
それもそのはず、彼女は佐世保を出て数分で長崎に着いてしまうのだ。
この彼女の特殊能力のことをワープとかハイパードライブと呼ぶ。
とても便利な能力だ。

要するに眠ってるということだけどね。
私がもし同じ力を使ったら死人が出るだろう。
運転手はつらい。
.10 2012 家族の会話 comment2 trackback(-)

ストルガツキーの短編3作


 先日古本屋で購入したSFマガジン1982年6月号に掲載されていた「友情についての物語」、「竜座の暗黒星」に収録の「さすらいの旅を続ける者たちについて」を読んだので、ついでに世界SF全集33巻に収録されていた「六本のマッチ」も含めてストルガツキーの短編3作をまとめてレヴューすることにする。

.05 2012 ストルガツキー comment0 trackback(-)

立原えりか 飾り窓


 私がどうしてもこだわっている作家が三人(三組?)いる。もちろんこのブログをいつも読んでいらっしゃる方にはレムとストルガツキーであることは了解済みのことだろうと思うのだが、もう一人が、意外に思われる向きも多いだろうが日本の童話作家、立原えりかである。
 三者に共通していることはほとんどの作品が現在は絶版ということくらいだろうか。

.03 2012 立原えりか comment2 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2012年09月

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。