スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

バレンボイム ブルックナー交響曲全集


 バレンボイムがベルリン・フィルハーモニーを指揮してワーナー・クラシックに録音したCD。9枚組だが6000円くらいとかなり安く売っているものを入手。

スポンサーサイト
.31 2011 クラシック音楽 comment0 trackback(-)

輪るピングドラム


 「セーラームーン」や「少女革命ウテナ」を手がけた幾原邦彦監督の新作TVアニメ。
 まだ4回しかオンエアされていないが、信じられないほどハイテンションな展開に早くも目が釘付けだ。

.30 2011 アニメ comment0 trackback(-)

アーダルベルト・シュティフター ブリギッタ・森の泉


 オーストリアの作家シュティフターを取り上げるのはこれが3冊目。小市民の小さな幸せを素朴な自然描写を背景に描くというこの作家の不変のコンセプトそのままの短編が三つ並んでいる。

.28 2011 ドイツ文学 comment0 trackback(-)

夏目漱石 吾輩は猫である


 新潮文庫の夏のスペシャルカバーで店頭に平積みになっていた猫文学(?)の名作。
抜群の知名度を持つ作品だが、意外と読んだ事のある人は少ないのではないだろうか。私も今回はじめて読んだ。

.26 2011 日本文学 comment0 trackback(-)

スピカ 羽海野チカ初期短編集


 「3月のライオン」の第6巻が出てたので買おうとしたらその隣に置いてあった。これは羽海野チカの初期の短編を集めた一冊で、100ページそこそこと、とんでもなく薄い。これで500円って高いかもとか思いながらも買ってみた。

.25 2011 コミック comment0 trackback(-)

ついにアナログTV停波


 本日正午、ついにTVのアナログ放送の番組が終了。現在は上のような終了のお知らせが流れているが、あと10分ほどでこの映像もなくなりTVのアナログ放送は完全に停波する。
 数年前から2011年7月24日にアナログ放送終了とアナウンスされてきたが、意外とあっという間だったな。
 それにしてもいまだに準備できていない人が多いことにはちょっと驚いてしまう。今電気屋さんに行っても地デジチューナーはまったく在庫がないしTVも品薄。何事も早めの準備が大切だよね。
 そうだ、まだ準備できてない方は、この際しばらくTVなしの生活にして、読書でもしてみるというのはいかが?
.24 2011 TV comment0 trackback(-)

最後のスペースシャトルが帰還


 スペースシャトル、アトランティスがケネディ宇宙センターに帰還した。今回の飛行で1981年の初飛行以来30年間宇宙開発を担ってきたスペースシャトルは退役することになる。
 写真はアトランティスのNASAのHPより最後のランディングの様子。

 しかし後継のロケット、アレスの開発は中断。今後の宇宙開発はどうなるのだろう。
.21 2011 宇宙 comment0 trackback(-)

「ドーン」がヴェスタに到着


 2007年に打ち上げられた小惑星探査機ドーンが7月15日に小惑星ヴェスタを周回する軌道への投入に成功、これは15000kmの距離から撮影されたヴェスタの鮮明な映像。期待していたとおりの素晴らしい映像だ。

.20 2011 宇宙 comment0 trackback(-)

ウルトラQ


 WOWOWで放送された「ウルトラQ・ハイヴィジョンリマスター版」(モノクロ・全28話)を観た。近々カラーライズ版「総天然色ウルトラQ」がBD・DVDで発売されるらしく、それに対する先行プロモーション的な位置づけの放送だったようだ。ウルトラQといえばウルトラシリーズの原点として有名な作品だが、これが放送されたのが1966年。私が3歳の時だ。観ていたとは思うのだが当然よく覚えていない。なので今回が初めて観たようなものだ。

.19 2011 TV comment0 trackback(-)

サッカー女子ワールドカップは日本が優勝


 ドイツで行われていたサッカー女子ワールドカップ2011は、決勝が今日未明に行われ、日本が米国をPK戦の末破って優勝。
すごい。やってくれました。それも開催国でもあり優勝候補NO.1のドイツと世界ランク1位の米国を破っての優勝なのだがら文句なしの優勝といっていい。正直ここまでやるとは思ってなかった。反省。選手の皆さん、おめでとうございます。特に澤選手は素晴らしかった。
 体格で負けている相手を早いパスワークで翻弄する戦い方で、ドイツのメディアが「バルサのよう」と評したらしいが、まさにそんな感じだった。
.18 2011 世界のサッカー comment0 trackback(-)

JFL 長崎×松本


 今日は写真のようにほぼ快晴の超クソ暑い佐世保陸上競技場で、Vファーレンの試合を観戦。

.17 2011 国内のサッカー comment2 trackback(-)

夏の本屋さんにて

 本屋さんでは夏になるとなぜか各社の文庫のフェアが始まる。最近の流行はスペシャルカバー。普段とは違う装丁の限定版が目白押しで店頭は賑やかだが、なかには「?」なものも…
 そこでちょっと気になったスペシャルカバーを集めてみた。

.15 2011 本についての雑記 comment0 trackback(-)

ツール・ド・サセボ 第3日


 あれ?九州北部って梅雨明けしたっけ?
まあ気象台がなんと言おうが、一昨日くらいから真夏モード炸裂の佐世保。今日も朝から暑ッツ!!て感じなのだが、それでも行くぜ。ツール3日目の目的地は菰田ダムだ。距離も遠いし、ずっと登り坂。この暑さもあって苦戦必至だ。

.13 2011 ローカルな話題 comment0 trackback(-)

イタロ・カルヴィーノ レ・コスミコミケ


 相当長く積みっぱなしだったカルヴィーノの有名作をついに読んだ。これが有名なばかりにカルヴィーノをSF作家だと思っている人も多い。

.12 2011 イタリア文学 comment0 trackback(-)

トーマス・マン トーニオ・クレーガー


 「トニオ・クレエゲル」などのタイトルで親しまれてきたトーマス・マンの代表的な中編小説の新訳。「トーニオ・クレーガー」というのはドイツ語の発音に近いのだそうだ。

.10 2011 ドイツ文学 comment0 trackback(-)

ツール・ド・サセボ 第2日


 最近休みの日は雨だったり忙しかったりで自転車が出撃するチャンスがなかなかない。今日はなんとか降ってなかったので早速出かけてみた。今日は先日とは反対方向、柚木方面に出かけてみた。

.08 2011 ローカルな話題 comment0 trackback(-)

Space Battleship ヤマト


 2010年 日本
監督:山崎貴
出演:木村拓哉、黒木メイサ、山崎努

 昨年公開された「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画。とうとうDVDが発売されたので観た。
.06 2011 映画(日本) comment2 trackback(-)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。


 AMAZONのトップページで「おすすめ商品」のところにこの作品のタイトルがあって、なによこの長いタイトル、と思ってクリックしたら今年の春からノイタミナ枠で放送されたアニメのDVDだった。この長いタイトルに惹かれてなんとなく観はじめた。

.04 2011 アニメ comment0 trackback(-)

JFL 長崎×金沢


 世間様ではサッカーといえば、なでしこジャパンの活躍で女子W杯が盛り上がっているし、昨日からはコパ・アメリカも開幕。そんななか佐世保で開催された日本の3部リーグ、JFLのVファーレン長崎とツェーゲン金沢の試合を観戦。

.03 2011 国内のサッカー comment0 trackback(-)

ホルヘ・ルイス・ボルヘス 七つの夜


 本書は1977年に、当時77歳だったボルヘスがブエノスアイレスで行った7夜にわたる講演会の記録である。夜毎に異なるテーマを取り上げ、そのテーマに対してボルヘスが薀蓄を傾ける・・・というとまた恐ろしく難しい本のように思われるかもしれないが、そんなことはない。

.02 2011 中・南米文学 comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2011年07月

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。