スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2010W杯 日本×パラグアイ


 戦前には予想さえできなかった大健闘でベスト16へ進んだ日本代表はパラグアイと対戦。日本中がにわかサッカーファンで溢れかえる中行われた昨夜の試合はお互いの長所を徹底的に潰しあう消耗戦を展開、結局スコアレスのまま120分を戦い、今大会初、日本としてはW杯初のPK戦へ。結局PK戦で敗れて涙を飲んだ。
 善戦だった。非常に残念な結果だったと言える。

スポンサーサイト
.30 2010 世界のサッカー comment0 trackback(-)

誤審!


写真は南アフリカワールドカップ公式球「ジャブラニ」。無回転ならブレまくり、回転をかけるとなかなか曲がらない。このボールこそこの大会の主役かも。

 ワールドカップもいよいよ決勝トーナメント。連夜の熱戦で観戦の疲れもピークに達しているであろう全世界のサッカーファンの皆さん、今日と明日の試合が終われば準々決勝まではちょっとお休みが入るのでそれまで頑張りましょう。
 さてサッカーに限らず、スポーツには誤審が付き物。でも昨日(27日)のイングランド×ドイツ、アルゼンチン×メキシコでは、ともに試合の結果を左右しかねない大変な誤審があった。

.29 2010 世界のサッカー comment0 trackback(-)

立原えりか 月と星の首飾り


 私の取り上げる本の作家の中ではかなり異色な作家といえるだろう、童話作家立原えりかの長編童話。MINMINが私の本棚から持ってって学校の読書の時間に読んだのだが、話を振られると私のほうがまだ読んでなかったことに気づいたので読んでみた。
 奥付には1985年とあるので「木馬がのった白い船」などよりもかなり後の作品という事になるようだ。
 
.28 2010 立原えりか comment0 trackback(-)

2010W杯 日本×デンマーク


 3時半に目覚ましをセットして、TVをつけたらすでに前半が始まって3分くらいたっていた。デンマークの猛攻。一気に目が覚めた。これはヤバイ。日本はボールに触る事もままならない。ところが15分くらいからシステムを変更して押し返し出すと、17分に本田が見事なフリーキックを決めて先制、さらに30分には遠藤がきれいなカーブをかけたフリーキックを決めて2-0。勝利が必要なデンマークはこの時点で3点を取る必要があることになった。その後も日本代表は素晴らしい戦いを繰り広げ、結局デンマークをPKの1点に抑えて3-1の勝利、自国開催の2002年以来の決勝リーグ進出を決めた。

.25 2010 世界のサッカー comment0 trackback(-)

イージー・ライダー


Easy Rider 1969年 米
監督:デニス・ホッパー
出演:ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン

 先日亡くなったデニス・ホッパーの追悼番組としてBS-Hiで放送されていたものを録画しておいたのを観た。
相当以前に観た覚えはあるのだが、唐突なラストシーン以外は全く覚えていなかった。

.23 2010 映画(ハリウッド) comment7 trackback(-)

「Listen Up!」 とFIFAワールドカップ開幕記念コンサート


 W杯がはじまった日に、WOWOWで『FIFAワールドカップ開幕記念コンサート』というのが3時間にわたって放送された。Black Eyed PeasとかJohn Legendとかの有名アーティストに混じって、日本では普通全く取り上げられないようなアフリカンポップスのアーティストが次々登場してかなり面白いライブだった。
 そこでアルバムの方も聴いてみたくなった。『Listen up!』はR.ケリー、シャキーラ、そして日本からはMISIAなど豪華ミュージシャンと、アフリカを代表するアーティストたちが共演した2010FIFAワールドカップ・南アフリカ大会公式アルバムだ。

.22 2010 世界のポップス comment0 trackback(-)

2010W杯 日本×オランダ


 結果から言えば0-1で敗退。とはいえオランダにほとんど攻撃の糸口を与えなかった前半は見事な試合運びだったし、先制された後もよく攻めたと思う。とはいえ、結局は完全にマークしていたはずのスナイデルに見事なゴールを決められ、日本のほうは結局ゴールできなかったのだからやはり決定力に差があったという事なのだろう。ちなみにシュート数はオランダ9に対して日本10。実力差を考えると大善戦なのだけど、やはり勝点を取れなければ善戦というのは、惨敗よりはマシなだけで何の意味もない。
 この内容なら次のデンマーク戦もかなり戦えるのではないかと思う。
 ただし、ゴールできなければ勝てないのだ。
.20 2010 世界のサッカー comment0 trackback(-)

湊かなえ 告白


 映画化で話題の2009年本屋大賞受賞作品。RINRINが学校から借りてきて読んでしまったものを、昨日の夜はW杯の11時からの中継がなかったので(長崎県にはTV東京系の局がないのだ)、1時間半くらいで読んだ。
以下ネタバレあり注意

.19 2010 日本文学 comment2 trackback(-)

完訳 千一夜物語 第7巻


 ワールドカップだ。昨日スペインが負けてしまってMINMINはおかんむりだが、まあそれは置いといて、毎日2試合くらいのペースで見ているわけで、はっきり言って読書どころではない。そんななかで会社の休憩時間だけでなんとか読んだ。全13巻にわたる千一夜物語もようやく折り返しの第7巻。

.18 2010 世界の民話 comment0 trackback(-)

2010W杯 日本×カメルーン


 いや~、勝った、勝った。
正直勝つとは思ってなかったが、ふたを開けてみると素晴らしい内容だった。先発起用の松井は大正解。前半本田のゴールで先制、最後のカメルーンの凄まじい攻撃に耐え抜いて1-0で逃げ切った。
 それにしても…こんな試合ができるんだったらもっと前からやってくれ。次は強豪オランダ戦、今日よりも更にタフな試合になること間違いなしだが、とにかく頑張って欲しいものだ。
.15 2010 世界のサッカー comment0 trackback(-)

地球が涙で滲んで見えた


 これは「はやぶさ」が地球に戻る途中で、最後に撮影した写真。
私は探査機を擬人化してみたりするつもりは全くないのだが、
この写真だけはなんだか7年ぶりに戻る地球が涙で滲んで見えているみたいに思えた。
.15 2010 宇宙 comment0 trackback(-)

ワールドカップはじまる


 サッカーのワールドカップ南アメリカ大会がはじまった。今日はすでに三日目。
開幕の南アフリカ×メキシコから熱い戦いになったが、これまでの試合では昨日のアルゼンチン×ナイジェリアがちょっと気になった。

.14 2010 世界のサッカー comment0 trackback(-)

スタートレック・エンタープライズ 第3シーズン


 実は何ヶ月か前に放送されたのを録画しておいた物をちょこちょこ観てたのだが、W杯がはじまる前に観てしまおうというわけで、昨日と今日でラスト5話連続で観た。この第3シーズンは第2シーズンラストで地球を襲った謎の敵、ズィンディの陰謀を阻止するために危険な暗礁領域・デルフィック領域に出発したエンタープライズの物語をワンシーズンかけて描くという、一話完結が基本であるスタートレックシリーズ史上、類を見ないシーズンである。

.11 2010 スタートレック comment4 trackback(-)

はやぶさ、地球に帰還


 2005年の秋に小惑星イトカワに接近、探査を行った「はやぶさ」。その「はやぶさ」が今月13日の夜、帰路に4年以上かかって、ついに地球へと戻ってくる。
.10 2010 宇宙 comment0 trackback(-)

ウエストサイド物語


West Side Story 1961年米
監督:ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス
出演:ナタリー・ウッド、リチャード・ベイマー、ジョージ・チャキリス

多分これまでにもブログのどこかに書いていたとは思うのだが、「冒険者たち」と並んで私のオールタイムベストの一本。
今日はBSでW杯直前の親善試合、スペイン×韓国が放送されていて、その直後に始まったのでつい観はじめて、全部観てしまった。

.09 2010 映画(ハリウッド) comment2 trackback(-)

ナダルが優勝


 実は私、テニスも昔から好きでよくTVで観るのだが、今日は全仏オープンの男子決勝が行われ、ラファエル・ナダル(スペイン)がロビン・セーデリング(スウェーデン)を下して2年ぶり5度目の優勝を果した。ナダルは当大会過去6年で5勝。
 試合はセーデリングも強烈なサーブなど素晴らしいプレイを見せるのだが、ナダルは正確なショットと驚くべき脚力でセーデリングをあらゆる点で上回る。最終的には3セット連取で圧勝という内容だった。

 全仏オープンテニスというとだいたいサッカーの大きな国際大会(W杯とかEUROとか)の直前の時期に開催されている。2008年はナダル×フェデラーの男子決勝の直後にEURO2008の開幕戦があった。今年もこれが終わったらいよいよW杯だな、という感じだ。しかし次の大きな大会、全英オープン(ウィンブルドン)は6月21日から。見事にW杯とかぶるなあ。TV観戦も大変だ。

 ところでナダルはまだ24歳。この勝利で112万ユーロ(約1億2300万円)の賞金を手にするのだそうだ。あるところにはあるなあ、お金。うちも子供たちになにか英才教育しといたらよかったかな。
.07 2010 その他スポーツ comment0 trackback(-)

ポール・ヴァレリー エウパリノス・魂と舞踏・樹についての対話


 ワールドカップまであと一週間!だんだん落ち着いて本なんか読んでる場合ではなくなってきた。
 そんな中で読んだ、ヴァレリーの代表的対話篇を収めた一冊。ヴァレリーはフランスの詩人・作家。堀辰雄の「風立ちぬ」の冒頭のエピグラフとして引用された作家として、名前だけは昔から知っていたが今回初めて読んだ。

.05 2010 フランス文学 comment0 trackback(-)

「ダーティハリー」シリーズ続けて観る


Dirty Harry 1971年 ドン・シーゲル監督
Magnum Force 1973年 テッド・ポスト監督
The Enforcer 1976年 ジェームス・ファーゴ監督

 先月なぜかWOWOWもNHK-BSもクリント・イーストウッド特集を組んでいて、ダーティハリーシリーズが次々と放送されたので録画して置いたのだが、そのうち最初の3本を観た。

.02 2010 映画(ハリウッド) comment0 trackback(-)

ナックル・プリンセス


 「ナックル姫」こと吉田えり投手、実は私と同じ誕生日なのでちょっと応援してたりするのだが、先日所属するチコ・アウトローズの試合で登板、ニューヨークタイムスでも大きく取り上げられるなど全米でも話題になった。NHKでも映像が流れていた。独立リーグとはいえプロで男性とまじってプレーする女性選手は10年ほど前に活躍したアイラ・ボーダース投手以来なのだそうだ。ちなみに彼女、先日の試合ではヒットを打ったが、ひょっとしたら「プロ野球でヒットを打った初の女性」(女子リーグは除く)かも知れないのだそうだ。もしそうならスゴい事じゃない? だれか記録調べてくれ。というわけで今日はこの話題の周辺を。

.01 2010 その他スポーツ comment2 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2010年06月

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。