スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

2009 P&Mアウォード

このブログで取り上げた中で、2009年のベストワンを選んでみました。

スポンサーサイト
.31 2009 P&Mアウォード comment6 trackback0

2009年ねこアーカイブ


 今年は近所ののら猫が激減したせいもあってあまり猫の写真は撮れませんでした。そんな中でも細々と撮った中から未掲載のものを何点かアップしておきます。

.30 2009 ねこ comment2 trackback0

いきものがかり ハジマリノウタ


 デビュー当初から当ブログで注目していたいきものがかりの4thアルバム。ちょうど一年前の前作「My Song Your Song」が良くなかったので買うべきかどうかちょっと逡巡したのだが、買ってしまった。それにしても邦楽cd、DVDつきとはいえ3500円は高いなあ。

.29 2009 J-POP comment4 trackback0

2009年に読んだ本

2009年もあとわずか。
と言うわけで恒例の今年一年で読んだ本のリスト。
今年は長編・大作を読んだこともあって、作品数としては少なかったです。
◎は特に印象に残った作品。◎の作品の中からP&Mアウォードを選び、大晦日に発表します。

.28 2009 本についての雑記 comment0 trackback0

ダシール・ハメット デイン家の呪い


 ハードボイルドの祖、ダシール・ハメットは生涯に長編小説をわずか5作だけ残した。そのなかでこの「デイン家の呪い」はなぜか日本ではあまり話題にされず、1953年に「デイン家の呪」として出て以来今回のハヤカワ文庫版が56年ぶりの新訳で、入手困難な時期が長かった。当然私も今回はじめて読んだ。

.27 2009 ミステリ comment0 trackback0

映画 ラ・ボエーム


La Boheme 2008年 独・墺
監督:ロバート・ドーンヘルム
出演:アンナ・ネトレプコ 、 ローランド・ビリャソン

昨年公開されて話題になったオペラ映画。先日NHK-BSで放送されたので観た。

.26 2009 映画(欧州・アジア) comment2 trackback0

梶井基次郎 檸檬・冬の日 他九篇


 実はこの本は一年位前に読みかけて挫折していた本で、今回は他の読書の合間に少しづつ、けっこう時間をかけて読んだ。なのではじめの方の作品の印象は一部曖昧な部分もあり、その点ではあまり正確なレビューとは言えないかもしれないのでご了承を。

.24 2009 日本文学 comment0 trackback0

なんでもホットで飲んでみよう その2


 こんばんわ。AKB48の前田敦子とモーニング娘の高橋愛の見分けがつかないpiaaです。
さて、世間様はクリスマス。どこに行っても幸せそうなカップルやファミリーの笑顔で一杯。そんなクリスマスパーティに欠かせないのが、やっぱりお酒。
 最近ルジェ・クレーム・ド・カシスというリキュールを買ってみた。これはカシス(黒スグリ)のお酒で、原液ではとても甘酸っぱくてとろりとしたお酒。ちなみにMINMINは「おいし~」とスプーンで舐めてたそうだ。ヲイヲイ未成年。
 さてこのクレーム・ド・カシスを辛口の白ワインで割ると「キール」というカクテルになる。ちなみにスパークリング・ワインで割ると「キール・ロワイヤル」になるのだが、スパークリング・ワインはそんなにたくさん飲めないので、安い白ワインを買ってきて「キール」を作ってみたのだが、これが甘くて美味い。…で、ふとこれってホットで飲んだら美味いんじゃね、と思ってしまったのだ。

 というわけでレンジでチン。おおっ、これは美味い。ホットワイン(グリューワイン)はワインにシナモンとか香辛料や砂糖を入れるが、そんな手間もいらず、手軽に楽しめる体の温まる熱くて甘いお酒になった。皆さんもぜひ「ホット・キール」をお試しあれ。
.23 2009 食ったり飲んだり comment3 trackback0

潜水服は蝶の夢を見る


Le scaphandre et le papillon 2007年 仏
監督:ジュリアン・シュナーベル
主演:マテュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ

 ちょっと前に話題になったフランス映画。だいぶ以前に録画しておいたのだが題材の重さからなかなか観る気にならず、今日やっと観た。

.22 2009 映画(欧州・アジア) comment0 trackback0

バルサ6冠!

barca_2009.jpg
 昨夜はクラブワールドカップ決勝をTV観戦。ヨーロッパチャンピオンFCバルセロナと南米チャンピオン、アルゼンチンのエストディアンテスの対決だ。
バルセロナは形を作れずに苦戦するうちエストディアンテスが前半37分に先制、リードを奪われたバルセロナは後半一気に攻勢に出るが決め手を欠く。したたかな試合運びを見せる南米王者エストディアンテスがこのまま逃げ切るかと思われた後半43分、バルセロナはラッキーボーイ、ペドロが起死回生の同点ゴール。そのまま90分が終了して延長に突入。ここで私はバルセロナの勝利を確信、今日も仕事だったのでさすがに寝た。結果は延長後半5分、ダニエウ・アウベスの見事なクロスにメッシが胸であわせ「エンブレムで押し込んだ」という決勝ゴール。
これでバルセロナはリーガ・エスパニョーラ、スペイン国王杯、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、スペインスーパーカップ、そしてクラブW杯と前人未到の6冠を達成。名実ともに世界最強のチームとなった。

 試合そのものは文句無く面白かったのだが、民放の実況が相変わらずだった。バルセロナがペースをつかめなかったのはイニエスタがいなかったせいではないし、この程度の苦戦はリーガでも時々だがある。バルセロナが封じられているという言い方が大げさすぎる。この試合をTVで観ている人には普段バルセロナの試合をあまり観てない人もいるかもしれないのだから、実況はもっとプレイ以外のことを喋ってもいいと思うのだが。メッシの決勝ゴールも、アウベスの見事なクロスについてアナウンサーはともかく解説者すらもひとことも言及しないのはどういう事だろう。
 というわけでいつもの民放のサッカー中継同様、放送にはちょっと不満が残るクラブW杯だった。
.21 2009 世界のサッカー comment0 trackback0

ウォーリー


WALL-E 2008年米
監督:アンドリュー・スタントン

「カールじいさんの空飛ぶ家」がヒット中のピクサーの昨年公開の作品。WOWOWでピクサー作品が続けて放送されていた中で見た。

.20 2009 アニメ comment0 trackback0

ル・クレジオ 海を見たことがなかった少年


 夏に「黄金探索者」を読んで、このブログには珍しい絶賛記事を書かせるほど私を感動させたノーベル賞作家ル・クレジオ。そのル・クレジオの、少年たちを主人公にした8篇の短編を収めた短編集。
 この本のいいところはまず値段が安いことだ。300ページ以上のボリュームがありながらたったの税抜き543円だ。同じ作家の「大洪水」が文庫なのに税抜き1300円(!)もしやがるのに比べたら神のような値段だ。

.18 2009 フランス文学 comment0 trackback0

RINRINの中国土産


 RINRINが中国で買ってきたお土産をご紹介。
これは現地の学校との交流会でパートナーになった子にもらった七福神の置物。う~ん、これは…まあ見ようによってはかわいいかもしれないね。

.15 2009 日記など comment4 trackback0

RINRINの中国紀行


 9日から修学旅行で中国・北京へ行ったRINRIN。昨日無事帰ってきた。そこで早速写真をご紹介。
まずこれは超有名、天安門広場。

.14 2009 日記など comment2 trackback0

菅原紗由理について


 先日「J-POPベスト100全部聴く」の記事のときに聴いた菅原紗由理の新曲『君がいるから』が意外によかったので他の作品も聴いてみた。
 写真はデビューミニアルバム『キミに贈る歌』のジャケット写真。菅原紗由理は秋田県出身、19歳の新人歌手。

.12 2009 J-POP comment2 trackback0

タシール・ハメット コンチネンタル・オプの事件簿


 早川書房のHPを見てたらハメットの『デイン家の呪い』が新訳で登場しているではないか!これはハメットの長編の中でもなぜかずっと廃刊だったもので、いわば幻の一作だったのである。早速買ってきたのだが、なんだかすぐ読んでしまうのも惜しいので短編集『コンチネンタル・オプの事件簿』を再読してみた。

.11 2009 ミステリ comment0 trackback0

新しいデジカメを試す


 RINRINは明日から修学旅行で中国・北京へ行くのだが、それもあってこの際自分のデジカメが欲しいという事でCANONのIXY DIGITAL110という超安いデジカメを購入。安くても1000万画素、18シーンのオートプログラムつきの優れもの。早速試し撮りしてみる。
 まずは室外機の上でひなたぼっこしている猫を狙う。う~ん3倍ズームはやっぱちょっと貧弱かな。

.08 2009 ねこ comment0 trackback0

J-POPベスト100全部見る


 日曜日にスカパーの無料放送があったので、MUSIC ON! TVの「M-ONカウントダウン100」を全部、のべ9時間録画してみた。100曲というのは大変なボリュームだ。さすがにそれだけのPVを見るには、飛ばし飛ばし見てもかなり時間がかかった。
ちなみにチャートは12月6日分。

.07 2009 J-POP comment0 trackback0

なんでもホットで飲んでみよう


 不二家ネクターをホットで飲むととても美味しい。と言うと大抵の人は「げっ」とか「うそ~」とか言う。いや嘘じゃないって。絶対うまいって。不二家ネクター見かけたらぜひ買って、だまされたと思ってチンしてみて。

 …で、最近私の家の近くの店であんまりネクターが見あたらなくなったこともあって、他にもきっとホットで飲むと美味しいのがあるはず…と思って店でソフトドリンクを物色した結果、やっぱこれでしょう、と手に取ったのが、はじめは限定製品だったはずが最近すっかりレギュラー製品として売られている「とろとろ桃のフルーニュ」だ。ただこれはヨーグルト風味なのでどうかなと思いながらレンジで暖めてみる。
 う~ん、これは美味い。ネクターよりもホットとの相性が良いかも。寒い日や風邪気味の日におすすめ。ただ暖めると甘さが相当濃密になるのでたくさんは飲めない。一度に暖めるのはコップ半分くらいにしとこう。
.06 2009 食ったり飲んだり comment4 trackback0

スタンダール パルムの僧院


 世界の古典的名作として名前が挙がる作品はたくさんある。シェイクスピアの諸作、「ドン・キホーテ」「ファウスト」などなど、どれも古いながらも強烈なイメージと現代に通じる要素を持っている。だからこそ長い年月を生き延びて今も読者に愛されているのだろう。
 ならば、スタンダールの名作、この「パルムの僧院」もきっとそんな作品なのだろうと思って手にとったのだ。

.04 2009 フランス文学 comment5 trackback0

最近のコミック4連発

macross_the_first_1.jpg
nodame23.jpg yotubato9.jpg
 マンガってどうしてこう読みたいのが一斉に出るかな。財布を直撃だ。というわけで一斉にレヴューしちゃえ。

.02 2009 コミック comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2009年12月

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。