スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

日本ってまだ捨てたもんじゃないのかも

…と思ったのは別に選挙で自民が大敗したからではない。今回の選挙で民主が勝つのは当然だし、その民主に投票した大半の人は、『自民よりはマシかもしれない』とか『自民には勝たせたくない』とかネガティブな理由からだろうと思うのだ。だから民主党の皆さんはここから頑張って、『やっぱり自民よりよかった』と国民みんなが思うようにして欲しいものだ。

スポンサーサイト
.31 2009 日記など comment2 trackback0

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還


The Lord of the Rings: The Return of The King
2004年 米・ニュージーランド
監督:ピーター・ジャクソン
出演:イライジャ・ウッド、ヴィゴ・モーテンセン、イアン・マッケラン

 「ロード・オブ・ザ・リング」の第三作「王の帰還」はアカデミー賞を史上最多の11部門を独占した事でも記憶に新しい。改めて観ても、その凄さは別格だ。まるでこれまでの二作が予告編か前置きに見えてしまうほどだ。

.30 2009 映画(ハリウッド) comment6 trackback0

イタロ・カルヴィーノ マルコヴァルドさんの四季


 カルヴィーノの「マルコヴァルドさんの四季」が約40年ぶりの新訳で登場。長く書店に並んでいなかった作品が読めるようになっただけでもありがたいのだが、さらに今回の新訳、翻訳が光文社古典新訳文庫でロダ-リ『猫とともに去りぬ』ブッツアーティ『神を見た犬』などの傑作イタリア短編集を続けて出している関口英子氏という事で期待が膨らむ。

.29 2009 イタリア文学 comment0 trackback0

伊良部は影も形も見えず


 先日、財政難でチームの存続すら危ぶまれていると報道のあった我らがセインツ。不況もあって厳しいだろうが、なんとか存続してもらいたいものだ。というわけで今日も球場に足を運ぶ。
.28 2009 長崎セインツ comment0 trackback0

J.R.R.トールキン 指輪物語3 王の帰還


 『指輪物語』全9冊、かなり長い事かかってやっと読み終わった。
実はもう一冊「追補編」があるのだが、まあそれは置いといて、一応本編を通読した今、この巨大なファンタジー作品についてやっとちゃんと語れるところまで来たという事になる。

.26 2009 英文学 comment0 trackback0

超レア!?

 実は7月から転勤してこれまでとは違う場所で勤務する事になったのだが、その勤務先で倉庫の片隅に張ってあった超レアなものを見つけた。これだ。

これは東芝のラジカセSUGER RT-SW9/SWU9という機種のポスターで、ご覧のとおりデビューからそう日がたっていない原田知世がモデルをしているポスターである。
製品はダブルリバースの当時としてはかなりいい方のラジカセと思われ、メーカー標準価格43800円と書いてある。
原田知世のデビューが1983年なのでおそらく83~85年ごろのポスターだろうか。そうするとざっと25年位前のものだろう。四半世紀の時を越えた少女・原田知世のキュートな笑顔が見る者の心を癒してくれる逸品である。

…それにしてもこれを25年間張りっぱなしにしているうちの会社って一体…
.25 2009 日記など comment0 trackback0

世界陸上2009 ベルリン大会


 世界陸上が終わった。
 陸上競技にはほとんど関心ないんだけど、今回の世界陸上はなんといってもウサイン・ボルトが凄かった。100mが9.58、200mが19.19とどちらも0.1秒以上記録を更新しての世界新。驚異的なんだけど、まだまだ彼自身記録を更新しそうなのがまたすごい。

 今回はTV放送が落ち着いていてよかった。世界陸上はずっと民放が放送しているのだが、前回までは選手にヘンなキャッチフレーズつけたりしてやたらに派手に演出していてうんざりだったが今回はそんなこともなく、そうやって見てると前回までは鼻について仕方がなかった織田裕二のはしゃぎっぷりも、ひとりのファンとして当然に見えてきて逆に好感が持てた。
.25 2009 その他スポーツ comment0 trackback0

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔


The Lord of the Rings: The Two Towers
2003年 米・ニュージーランド
監督:ピーター・ジャクソン
出演:イライジャ・ウッド、ヴィゴ・モーテンセン、イアン・マッケラン

 前作の公開から一年後に公開された第二作。原作ではあまり大きく扱われなかったヘルム峡谷(角笛城)の戦いを中心に据えて描かれている。

.24 2009 映画(ハリウッド) comment0 trackback0

スピード・レーサー


SPEED RACER 2008年米
出演:エミール・ハーシュ、クリスティーナ・リッチ、 ジョン・グッドマン
監督:ウォシャウスキー兄弟

昨年のワースト映画として話題の作品。予告編を見ただけでもそのワーストぶりは明らかなのだが、WOWOWで放送されていたので怖いもの見たさもあってついつい観てしまった。

.23 2009 映画(ハリウッド) comment0 trackback0

34年ぶり昇格、41年ぶり勝利


 今月初めから欧州サッカーが次々に開幕しているが、先週開幕のイングランド・プレミアリーグは早くも今週で第3節。
 ミッドウィークの第2節ではトップリーグに34年ぶりに昇格というバーンリーFCが、王者マンチェスター・ユナイテッドを鮮やかなボレーシュートで先制、終盤圧倒的な攻勢に出るマンUの攻撃を最後まで集中を切らさない守りでしのぎきって1-0で破り初勝利。バーンリーがマンUに勝ったのはなんと41年ぶりだそうだ。

 バーンリーのファンにとっては本当に信じられないくらい嬉しいだろうなあ。バーンリーは人口8万くらいの小さな町だそうだが、お祭騒ぎになった事だろう。ちょっと羨ましい。
 またその年月の長さからもヨーロッパサッカーの歴史が窺い見えるエピソードだ。
 それにしても今年のプレミアはここ数年圧倒的だったマンUがやや力が落ちるようだし面白そうだ。
.23 2009 世界のサッカー comment0 trackback0

引き分けは負けムード


 今日は仕事がはけてから球場へ。長崎セインツが徳島インディゴソックスを迎えてのナイターだ。
アイランドリーグ後期も日程の約半分を消化、現在セインツは首位香川とゲーム差なしの2位。下位の徳島には絶対に負けられない所なのだが、その徳島も前期に比べるとかなり状態がいいようで簡単には勝たしてもらえそうにない。
.22 2009 長崎セインツ comment2 trackback0

ロード・オブ・ザ・リング


The Lord of the Rings: The Fellowship of The Rings
2002年 米・ニュージーランド
監督:ピーター・ジャクソン
出演:イライジャ・ウッド、ヴィゴ・モーテンセン、イアン・マッケラン

トールキンの「指輪物語」をピーター・ジャクソンが映画化した三部作の第一作。原作を読みながら並行して久しぶりに観てみる。
ちなみに原題には原作どおり「The Fellowship of The Rings(旅の仲間)」の副題があるが、邦題では省かれている。

.21 2009 映画(ハリウッド) comment0 trackback0

夏の読書感想文

 夏だ。暑い。何もする気にならず、したがって読んでいる本もなかなか読み進まない。

しかし子供たちの学校は夏休み。もっとも進学校に通うRINRINは夏休みなんてあるのか無いのかわからないくらいだが、当然のように読書感想文の宿題があるわけだ。
 で、何を読もうかなあと言っているふたりに、高校生のRINRINにはガルシア・マルケスの「予告された殺人の記録」を、中学生のMINMINにはチュツオーラの「やし酒飲み」を勧めてみた。

 ふたりともそれぞれに面白く読んだようで、特にMINMINは「やし酒飲み」を大いに気に入った様子。ただ彼女、読んだあとに言っていたのだが、アフリカの光景を具体的にイメージしにくかったようだ。アニメの「キリクと魔女」の世界のイメージかな、と言うと「…それは私が思った以上に不気味かもしれないね」と言っていた。
 高校生になったらバンドをやりたいというMINMINに、バンド名を「Palm Wine Drinkers」にすれば、と言ったら、それって何の音楽やるバンド?、とRINRINに突っ込まれた。

 ああいいなあ若いやつは。まだまだ傑作読める余地が大きいもんね。私の読書の方はすっかりマンネリだ。
.19 2009 本についての雑記 comment0 trackback0

フィリップ・ベイリー/Chinese Wall


 先日デジタルBSでアース・ウインド&ファイア(以下EWF)についての番組をやっていたのを見て、ちょっと思い出してCD棚から取り出してみた。フィリップ・ベイリーはEWFのふたりのメインボーカルのうちファルセットで歌う方。EWFの代表曲『宇宙のファンタジー』もこの人がリードボーカルだった。

.15 2009 世界のポップス comment0 trackback0

金太郎に捧げる完封勝利

 セインツのマスコットだったベースボールドッグ金太郎が先日亡くなってしまった。今日は金太郎亡き後初めてのホームゲーム。試合開始前には金太郎追悼セレモニーが催されたらしい。
 写真は3月の茨城GGとの試合でのひとコマ。金-欽対決もこのときだけだったか…

 と言うわけで金太郎の弔い合戦という意味でも、首位福岡RWを迎えたという意味でも負けられない一戦だ。
.13 2009 長崎セインツ comment0 trackback0

J.R.R.トールキン 指輪物語2 二つの塔


 『指輪物語』の第2部は、第1部『旅の仲間』のラストでの、フロドが一行から離脱する幕切れを受けて始まる。『二つの塔』と名づけれられたこの第2部では、上巻でアラゴルンたちの、下巻ではフロドたちの足取りが描かれる。

.12 2009 英文学 comment0 trackback0

perfume ⊿(トライアングル)


 前作『GAME』から1年以上あいて登場のニューアルバム。タイトルの表記は「⊿(デルタ)」だが、「トライアングル」と読む。

.11 2009 J-POP comment2 trackback0

ヒドかった

いや~、ヒドかった。
なにがって?いやもちろん押尾学も酒井法子もヒドかったんだけど、何がヒドかったって今日のサッカーJOMOカップの中継が最悪だった。
いや実況や解説が悪いのではない。
何が悪いって試合中にCM入れやがった。それも4回も。

JOMO(ジャパンエナジー)、JINROそのほか試合中にCM入れた企業の皆さん。今日一日であなた方はサッカーファン相当数を敵に回してしまいました。
ちなみに私も、今後絶対にJOMOではガソリン入れないと心に固く誓いました。
.08 2009 TV comment0 trackback0

エンドレスエイト、8週目で完結!


 前回の記事でも取り上げた、前代未聞のループを続けていたアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の『エンドレスエイト』がついに8週目の放送で完結した。
 何のことはない、原作どおりのオチで特段にひねりがあったわけでもないが、これまで7回にわたって失敗シークエンスを見せられ続けてきた視聴者の得た開放感は極めて大きなものとなったようで、2ちゃんねるのログ(このブログが読みやすい)などを見ると感動して落涙するものまで出る始末だったようだ。

 いや~、実験アニメとしても驚くべきものだった。今後これを越えるような企画が登場するとは思えない。思えないのだが、ぜひまたこんな強力イベントをやってもらいたいものだと心のどこかで思っていたり。
 …しかしこれって、DVD売れるのかねえ…?ちなみに「エンドレスエイト」8部作収録のDVDは順次発売される予定。
.07 2009 アニメ comment0 trackback0

タッド・ウイリアムス テイルチェイサーの歌


 長年探していたのだが、先日たまたま訪れた隣町の古本屋さんでついに発見し確保した、もはや幻と言っても過言ではない猫の本。猫を主人公とした作品としては、ポール・ギャリコの『ジェニイ』『トマシーナ』と並ぶ傑作とされている。

.06 2009 ねこの本 comment0 trackback0

J2 鳥栖×甲府


 今日はサッカー観戦に鳥栖まで。今日の相手は3位・甲府。昇格のためにはなんとしても勝っておきたい相手だ。
 今日はちょうど「筑後川花火大会」というのが同時に開催されていて、後半のあいだ中花火が上がっていた。
.05 2009 国内のサッカー comment0 trackback0

やっと梅雨明け


九州北部地方は今日やっと梅雨明け。観測史上もっとも遅い梅雨明けだそうだ。長い梅雨だった。でも1993年には梅雨明けしなかったので、それよりはマシだけど。ちなみにこの梅雨の降水量は平年より非常に多かったらしい。
短い夏になりそうだ。
.04 2009 日記など comment0 trackback0

ガンダム宇宙世紀大全

gundam_taizen.jpg
 NHKで先月末に5夜連続で放送されていた「ガンダム」30周年記念の番組。ファーストガンダム、ZZ、VガンダムのTV版の傑作選、劇場版Z三部作、「逆襲のシャア」「0083」や「第08MS小隊」を放送し、その合間合間にガンダムを語るさまざまな企画が挟まれるというスタイルだった。

.03 2009 TV comment3 trackback0

J.R.R.トールキン 指輪物語1 旅の仲間


 言わずと知れたファンタジー作品の始祖にして最高傑作。ピーター・ジャクソンの手により「ロード・オブ・ザ・リング」として前代未聞の三部作として映画化され、アカデミー賞を総なめしたのは記憶に新しい。原著も映画同様三冊に分かれているのだが、あまりに分量が多いため邦訳ではハードカヴァー版7冊、文庫版10冊という大変なボリュームになっている。

.01 2009 英文学 comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2009年08月

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。