スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ヴィクトル・ペレーヴィン 恐怖の兜


 現代ロシアを代表する鬼才、ヴィクトル・ペレーヴィンの2006年刊行の怪作。
ペレーヴィンはすごいらしいとは聞いていたが、今回はじめて読んでみた。確かにすごい。

スポンサーサイト
.29 2008 東欧・ロシア文学 comment4 trackback2

ハラマキちゃんみたび


 久しぶりのハラマキちゃん。
冬の間はどこかに隠れていたのかちっとも見かけなかったが、暖かくなってきたのでそろそろ出てきているかなあと思って山の上の公園へ出かけてみたら、いたいた。1月以来だ。
陽だまりの草むらでひなたぼっこ中だ。

.27 2008 ねこ comment2 trackback0

谷川流 涼宮ハルヒの憂鬱

haruhi_book1.jpg
 いつもこのブログをご覧になっている方たちには、「日本人作家の作品にいまひとつ面白いものが見当たらないからって、とうとうこんなのにまで手を出したのか」とあきれられそうな気もしなくはないが、MINMINに「これ読みなさい」とハルヒばりに押し付けらて、まあちょっと読んでみたわけだ。

.26 2008 SF comment0 trackback0

立原えりか なぎさの愛の物語


 「今年は日本人作家の作品を読む」とか宣言しておきながら、やっぱり海外文学の方に強い魅力を感じてしまう。書店でも図書館でも、これは、と食指が動くのは海外文学ばかりだ。
なんやかやで積読状態の本も海外文学ばかり。これではイカン、と(なにがイカンのかよくわからないままに)取り出したのが立原えりかである。

.25 2008 立原えりか comment2 trackback0

Ubuntuを使ってみる

 ubuntu-logo.png
 Ubuntu (ウブントゥ)とは、Linaxの派生ディストリビューション。すなわちフリーのOSである。OSというと皆さんが使っているWindowsやMacOSが一般的で、Linaxはこれまで開発者とかサーバー向けか、あるいは古いパソコンでもそれなりに動く非常用のOSと位置づけられてきた。
 しかし、このUbuntuはどちらかというとWindowsやMacOSに対する代替OSとなれるものとして開発されていて、とてもグラフィカルでユーザビリティ。反面Linaxとしては結構重い。

.24 2008 PC/家電/カメラ等 comment0 trackback0

カッシーニ、ミッション延長決定


 久々の宇宙ネタ。

 NASAは、カッシーニ・ミッションを更に2年間延長することを決定した。探査機カッシーニは、ほぼ4年間の観測で約14万枚の土星系の画像や観測データを送ってきた。この間、土星を62回周回、衛星タイタンに43回、衛星エンケラダスを含むその他の氷衛星に12回接近(フライバイ)した。


.23 2008 宇宙 comment0 trackback0

クリスチャン・ガイイ さいごの恋


 フランスの作家ガイイは、ミュージシャンを目指していたが挫折し、何年もほとんど収入もなく引きこもりに近い生活をした後、作家として成功したという経歴の持ち主。
 これはそのガイイの新作。図書館で見つけて、翻訳の野崎歓氏があとがきで絶賛しているので借りてみた。

.20 2008 フランス文学 comment0 trackback0

 VS高知FD

対高知FD第2戦を観戦してきた。今日は天気がいいが風が強く、日がさしていると暖かいが、日が翳るとけっこう肌寒い。
今日の先発は18歳のルーキー土田。

.19 2008 長崎セインツ comment0 trackback0

perfume GAME


 私は一昨年から注目していて、2006年7月3日の記事ですでに取り上げていたが、昨年秋の「ポリリズム」でやっとブレイクした、かしゆか、あーちゃん、のっちの女の子3人組テクノミュージックグループperfume。
 このたび最新アルバムが発売されたので早速購入。って買っちゃったよマジで。しかもDVD付き限定盤を。

.19 2008 J-POP comment0 trackback0

ノヴァーリス 青い花


 ノヴァーリスは18世紀のドイツ・ロマン主義の詩人・小説家。初期ロマン主義の中心的人物とされている。この作品は中世の伝説的な吟遊詩人ハインリヒ・フォン・オフターディンゲンの若き日を描いたこの作家の代表作である。

.17 2008 ドイツ文学 comment6 trackback0

アクセル・ハッケ パパにつける薬


 アクセル・ハッケとミヒャエル・ゾーヴァのコンビによる最新作。
 3人の子供の父親でもあるハッケ自身の、子供にまつわるエピソードを綴ったエッセイに、ゾーヴァのイラストを添えた作品。

.16 2008 ドイツ文学 comment4 trackback0

ルドルフ・ゼルキン ベートーヴェン:後期ソナタ集


 ルドルフ・ゼルキンは1903年生まれ、1991年没のボヘミア出身のピアニスト。20世紀を代表するピアニストの1人で、ドイツ的な正統派の演奏ぶりで特にベートーヴェンには定評があった。
 その彼が晩年の1987年に演奏したベートーヴェンの最後の三つのソナタ、作品109から作品111をライブ録音で捉えたのがこのCDである。

.15 2008 クラシック音楽 comment0 trackback0

森見登美彦/琴音らんまる 夜は短し歩けよ乙女 第1巻


 山本周五郎賞などを受賞した森見登美彦の小説「夜は短し歩けよ乙女」をコミック化した作品。
 私は原作をまだ読んでいないのだが、原作ファンのRINRINが買ってきたので読んでみた。
.14 2008 コミック comment0 trackback0

C.N.アディーチェ アメリカにいる、きみ


 チママンダ・ンゴズィ・アディーチェはナイジェリア出身アメリカ在住の、1977年生まれの女性作家。
 1977年生まれという事は、今年31歳と非常に若い作家だが、すでに長編小説をふたつ発表しており、どちらも非常に高い評価を受けているらしい。これはそのアディーチェの本邦初紹介となる短編集である。

.12 2008 アジア・アフリカ文学 comment6 trackback2

アニータ・ブルックナー ある人生の門出


 アニータ・ブルックナーは英国の女性作家。
ブッカー賞を獲った「秋のホテル」が有名で、それを読みたかったのだけど図書館にこれしか見あたらなかったので借りてみた。どうやらこの作品は彼女の処女作らしい。

.09 2008 英文学 comment6 trackback0

クレー ART BOX 線と色彩


 図書館で見つけた、クレーの小さな本。 これはベルンの「パウル・クレー・センター」開館を記念し、2006年に東京・大阪等で開催された「パウル・クレー展」にあわせて編集された図録なのだそうだ。

.07 2008 ART comment0 trackback0

四国・九州IL 長崎セインツ×香川オリーブガイナーズ

P4050163.jpg
 先日書いた長崎セインツが参加する四国・九州アイランドリーグ(IL)が今日開幕。開幕戦長崎セインツ×香川オリーブガイナースを観戦してきた。
曇り空で肌寒い中、佐世保野球場はお祭りムード。お客さん入るのかな、と心配したが意外と盛況で発表では1500人弱の動員だったようだ。球場が狭いので写真では結構入っているように見えるが、外野席は開放していないようだ。
.06 2008 長崎セインツ comment0 trackback0

青山テルマ DIARY


 実は今日は全然別な記事を書こうと思っていたんだけど、さっきなにげなく聴きだした青山テルマのアルバム「DIARY」がすごくいいので予定変更。
 青山テルマはSouljaとの共演「ここにいるよ」と「そばにいるね」でブレイク。特に本人名義の後者は大ヒットで、着うたのダウンロード数450万件というとんでもない数字をたたき出している。…って正直、この「そばにいるね」という曲、大していいと思わなかったし、去年のGREEEEN(あれE多いかな?)につづく一発屋?とかなんとか思っていた。

.05 2008 J-POP comment0 trackback1

ジャン・ジロドゥ オンディーヌ


  ドイツの作家フーケの「ウンディーネ」を下敷きにして書かれ、1939年に初演された、フランスの作家ジャン・ジロドゥの手になる戯曲。
 タイトルが示すとおり水の精をヒロインに据え、中世を舞台にした幻想的なような現実的なような舞台劇である。

.04 2008 フランス文学 comment0 trackback0

コーヒー&シガレッツ


Coffee and Cigarettes 2004年 米
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ケイト・ブランシェット ビル・マーレイ他

 これは11の短編からなるジャームッシュ監督おとくいのオムニバス短編集映画で、どの作品もモノクロで登場人物は2~3人。その2~3人の登場人物がカフェでテーブルを挟んで、コーヒーを飲みタバコをすいながら会話をするというただそれだけの映画である。

.03 2008 映画(ハリウッド) comment0 trackback1

エイプリル・フールまとめ

 今年のエイプリル・フールの4月1日限定「Taro's Blog」、楽しんでいただけたでしょうか?
 日付が変わったのでいつもどおりpiaaが管理人に復帰、ブログ名も「P&M Blog」に戻りましたのでご安心を。
 私がよく訪問するブログの皆さんのところは、残念ながら意外とエイプリル・フールやっているところは少なくて、コブタさんのところくらいでした。
 そこで、今年のエイプリル・フール、どんな記事があったのか調べてみました。

.02 2008 日記など comment2 trackback0

管理人変更のお知らせ

このたび管理人を北駅太郎氏に引継ぎいただくことになりました。
それに伴いましてブログ名も改めさせていただきました。
突然のことで驚かれたでしょうが、今後もよろしくお願いいたします。

新管理人の挨拶:
こんにちにゃ、太郎だにゃ。
猫ですがよろしくにゃ。
.01 2008 日記など comment5 trackback1
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2008年04月

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。