スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ストルガツキー 滅びの都

horobi.jpeg

 ストルガツキーの全作品中、最大の問題作。
共産主義社会を強烈に批判した内容のせいで、作者自身がこの作品を発表する事の危険性を理解していたため、ペレストロイカ後まで出版されなかった。このへんの事情は「そろそろ登れカタツムリ」と似ている。
 はっきり言ってSF的な要素は非常に少ない。SFと言えるかどうかは読み手の取り方次第である。
 作品は、おそらくは地球外の謎の都市(太陽が電球のように点いたり消えたりする、という記述で私はラリー・ニーブンの「リングワールド」を連想したが、スペース・コロニーのようなものか?)を舞台に共産主義の「実験」が行われている。そこでは社会に義務を果たす必要が当然あって、職業も数ヶ月ごとに配置換えされ政府職員だったり警察官だったりごみ収集員だったり何でもこなさなければならない。
 ここに住むアンドレイはヒヒの襲撃を受けたり、幽霊屋敷「赤い館」でレーニンの亡霊とチェスを指さなければならなかったり、クーデターに加担したりするのがドタバタ調で描かれるが、いずれも「実験」の範疇とされている。間抜けなコミュニストのアンドレイははじめは妄信的に「実験」を支持しているが徐々に不条理を感じはじめる。
 やがて「アンチ都市」と呼ばれる未確認の地域の調査に向かったアンドレイは、そこで「実験」の第1段階の終了を知る、という物語。

 昨夜紹介したゴールの「クムビ」が共産主義のユートピアを描いた作品だったのと正反対で、作者は共産主義のすべての悪しき面を描き出すのに腐心したのではないかとも思うほどの作品である。
 ところが70年代のソビエトで書かれたこの作品は驚くほど現代的である。
 硬直して融通が利かず、自分たちの取り前だけが心配なお偉いがた。危機に対しても何の対応も取れない政府。社会に対する不満を胸に抱えながら長いものには巻かれろとばかりの覇気のない民衆…
 …これは1970年代のソビエト?…それとも2005年の日本なのか…?
 全体主義国家ソビエトと対照的なはずの自由社会ニッポンの問題点が同じなのはなぜなのか?
 そして全体主義の呪縛を乗り越えたアンドレイはどこへ…? 別の次元(別の体制の下)で同じ問題に直面するのか…?

 恐ろしい作品である

ブログルポ参加記事 この記事を評価する
スポンサーサイト
.07 2005 ストルガツキー comment16 trackback5

ゲンナジー・ゴール クムビ

sf24.jpg

 ストルガツキーの「神様はつらい」を読むために買った1970年発売の「世界SF全集」第24巻の巻頭に収録されていた中篇。
 ゲンナジー・ゴールはソビエトの作家で、特にSF作家というわけではなく、SFも書いたというくらいの作家らしい。
 「クムビ」というこの作品は、認識に対する哲学的な思索を平明な文章でノスタルジックに描いた傑作である。謎の地球外生命だったウアザ人がいきなり出現してあっさりファーストコンタクトしてしまうあたり、ストーリー自体はかなりある意味強引であるが、この小説の独特の味わいは心に残る。
 文章自体の美しさは名訳者・飯田規和氏の手腕によるところも大きいかもしれない。そのSF離れした不思議なやわらかい色合いの文章が印象的。
 
 この小説は共産主義の理想を描いたユートピア小説でもある。人類ばかりかウアザ人まで「資源を浪費する資本主義を脱却して」共産主義の理想社会を打ち立てている。もちろんその世界の人々は社会に対し義務を果たさなければならないのだが、そこに描かれる社会は極めて平和で一種の理想郷である事は間違いない。
 この作品(1963年)の数年後にはストルガツキーがソビエトの官僚社会の硬直ぶりを批判した「そろそろ登れカタツムリ」を書いている。
 楽園の崩壊はSF作家たちの考えるよりもずっと早かった、ということだろうか
.07 2005 SF comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2005年04月

カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。