スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ストルガツキー 神様はつらい

sf24.jpg

 早川書房「世界SF全集」第24巻収録。1970年発売。
アントンはコミューン(=コムコン?)員としてこの惑星のアルカナル王国に派遣されている。
アルカナル王国ではドン・レエバという男がクーデターをたくらみ、この国の知識人を計画的に粛清している。
アントンはドン・ルマータを名乗り、ドン・レエバの魔の手から医師ブダフを救おうとするが…

 ストーリーは「収容所惑星」に似ている。コミューン(=コムコン?)は発展途上の惑星を裏から支え、表立っての活動を許さない。実際にそこで活動するアントンは、実は絶大なパワーを持っているにもかかわらず、虐殺や略奪を目の当たりにしても自分の思ったように行動する事は許されず、耐えなければならない。
耐えずに行動してしまったのが「収容所惑星」のマクシムだったわけである。
 そして悲劇的な幕切れで、重い読後感を残す作品である。

 さて、アントンたちのセリフで自分たちのことを「コミューン員」と呼ぶのだが、これは「蟻塚の中のかぶと虫」「波が風を消す」の「コムコン職員」と同じようである。(訳者が違うので言い回しが違うのか?)
だとすると「神様はつらい」とマクシム三部作は同じ世界であるということになる。更にゼロ転送という共通の技術でつながる「ラドガ壊滅」、「地獄から来た青年」(これは更にコルネイ・ヤノーヴィッチ・ヤシマアという人物でも「蟻塚…」とつながる)。
この6作は同じ世界のエピソードであることに気がついた。これについてはもう少し検証してみたいと思う。

ちなみにこの「世界SF全集」第24巻にはこの他にソビエトの別のSF作家の作品も収録されている。特にゲンナジー・ゴールの「クムビ」はなかなかの佳作なので近日レビュー予定
スポンサーサイト
.02 2005 ストルガツキー comment4 trackback1
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2005年04月

カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。