スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ストルガツキー 蟻塚の中のかぶと虫

ariduka.gif

 「蟻塚の中のかぶと虫」はマクシム・カンメラー三部作の第2作。(他の2作は「収容所惑星」「波が風を消す」)三部作とはいっても、主人公が同じだけでストーリーは独立してるので続けて読まないとダメとかそういうことはない。
 マクシムは、上司のシコルスキーに命令され、行方不明になった元同僚のレフ・アバルキンを捜すことになる。アバルキンを捜すうちマクシムは、アバルキンの驚くべき出生の秘密を知ることになる。
 SFミステリってろくな作品がないのだが、この作品は例外である。アバルキンはわりとすぐ見つかるが、そこから先が息もつかせない展開。短い報告書のようなスタイルで書かれていて、ストルガツキー作品の中では最高に読みやすい作品でもある。
 途中に挿入されたレフとビッグヘッド・シチェクンの共同作業のレポート「”死せる世界”作戦」はその部分だけでも極めて緊張感の高い短編になっている。このシチェクンというキャラクターがまた、いい。何者かよくわからない犬タイプの異星人で、コミュニケートできてるんだか、できてないんだか。
 マクシムの上司、シコルスキーもいい。こっちもコミュニケートできてるのかよくわからん。上司にはしたくない。
 これと「路傍のピクニック」はストルガツキーの諸作の中でもかなりまともなSFと言えるだろう。ほとんど状況を説明しない「そろそろ登れカタツムリ」なんかに比べたら信じられないくらい読みやすい。
 で、次は「そろそろ登れカタツムリ」の予定。
スポンサーサイト
.22 2005 ストルガツキー comment4 trackback1
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2005年03月

カレンダー

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。