スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

「Waltz for Debby」のLPついに買った


 だいぶ前に同じビル・エヴァンスの「Portrait in Jazz」のLPを買った時に同時に「Waltz for Debby」も注文したんだけど結局手配がつかないという事で買えずに終わっていたのだが、今回安かったのでついポチってみたら今日届いた。英国のショップから10日ほどで届いたのだから恐ろしく速い。で早速開けてみたら・・・あれ??

スポンサーサイト
.07 2016 ジャズ comment2 trackback(-)

Paul Winter / Callings


 ブログをやめてしまうまでにはこの素晴らしい音楽について一度は記事にしておかないといけない、と常々思いながら、思い起こせば結局10年もこの作品についての記事を書かずにきたわけだ。
 それはこの素晴らしい作品をみんなに知ってほしい気持ちと、全く正反対にこの作品のことを誰にも知られたくないという気持ちが私の中でせめぎあってきたからだ。今でもそのふたつの相反する気持ちに変わりはない。だけど、既にこのCDが廃盤になって久しい今、やはり紹介しておこうと思う。

.02 2015 ジャズ comment0 trackback(-)

デクスター・ゴードンの傑作2枚

our_man_in_paris.jpg
 以前にも書いたように最近アナログレコードを聴き直し始めたのだが、アナログレコードで聴くのがふさわしい音楽のジャンルといえばやっぱ一番にジャズだろう。というわけで最近なんとなくジャズを聴くことが多いんだけど、CDでだけ持っていてああこれなんでLPで買っておかなかったのかと後悔する作品も結構ある。
 デクスター・ゴードン(以下デックス)の「Our Man in Paris」はその筆頭で、今でも時々AMAZONをチェックしては安いアナログ盤があれば速攻ポチろうと手ぐすね引いているのだが、なかなか安くならない。いや、そうでなくてもLPにちょっとした不安もあるのだ。

.09 2014 ジャズ comment0 trackback(-)

「Portrait in Jazz」のLP買った


 以前の記事でも書いたように、実家からLPを持ってきて聴いてるんだが、ほかのジャンルの音楽はいざ知らず、ジャズの名盤だけは本当にLPで持っておきたかったなと思う。
 でも今AMAZONとか見ると、ブルーノートの名盤などは大抵LPでも売ってるんだけど、相当高い。CDなら980円なのにLPは3000円近いとかね。ところがビル・エヴァンスの「Portrait in Jazz」と「Waltz for Debby」がそれぞれ1500円ちょっとだったのでついついポチリ。「Waltz for Debby」は品切れで入荷後配送だそうで「Portrait in Jazz」の方が今日届いた。

.29 2014 ジャズ comment0 trackback(-)

HERE COMES LOUIS SMITH


 25年くらい前にジャズにハマっていて、ブルーノート・レーベルのCDをかなり買い集めたんだけど、当時CD化されていなかったのをLPで12枚くらい買った。だから早くCD化された「モーニン」「クール・ストラッティン」とか「サムシン・エルス」や「アワ・マン・イン・パリ」といったいわゆる「名盤」は買っていない。今にして思えば少なくとも上の4枚だけでも買っとけばよかったと思う。
 ではどんなのを買ってるかというと、デクスター・ゴードンが3枚、リー・モーガンが4枚とか。でも「これ買っといたオレってすげえ」と思うのが二枚ある。そのうちの一枚がこれ。
 トランペッター、ルイ・スミスのデビュー作「ヒア・カムズ・ルイ・スミス」(1957年)である。

.03 2013 ジャズ comment0 trackback(-)

アニメ「坂道のアポロン」OST


 アニメ「坂道のアポロン」のサウンドトラック盤が発売されたので早速聴いてみた。

.28 2012 ジャズ comment0 trackback(-)

キース・ジャレットのソロを聴く


 時々やたらにキース・ジャレットが聴きたくなる。それも夏はトリオを、冬はソロを。
なので、今回はソロ演奏のアルバムを2枚紹介しようかなと思う。

.07 2011 ジャズ comment0 trackback(-)

アート・ブレイキー バードランドの夜 Vol.1&2


 暑くなってきたので、車で聴くなにか夏むけの軽いフュージョンミュージックかなにかなかったかな、と自宅のCD棚をあさっていてこのCDを発見。おお、こんなの持ってたな、というわけでちょっと聴きたくなってかけてみた。全く夏向けではないけど。

.23 2010 ジャズ comment0 trackback(-)

Fridey Night at San Francisco


 1981年に「スーパー・ギター・トリオ・ライブ」という(だっさい)タイトルで発売されたアルバム。現在は国内盤も原題の「Fridey Night at San Francisco」になっているようだ。

.19 2009 ジャズ comment0 trackback0

高中正義 虹伝説


 フュージョン・ギタリスト高中正義が1981年に発表したアルバム。LPでは2枚組みの大作だった。これも前回紹介した大貫妙子の「AVENTURE」と同じ大学時代の先輩が持っていてダビングしてもらって聴いた。もう25年以上も前の話である。今回「AVENTURE」などを買ったときについでに購入。これも久しぶりに聴いた。

.24 2009 ジャズ comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ ジャズ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。