スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

NALU 2014年7月号


 枻出版が出している『NALU』をいうサーフィン雑誌を書店で見かけて、ついつい買ってしまった。
ちなみに私はサーフィンには全く興味がない。やったこともないし、やろうと思ったこともない。そんな100%門外漢の私が、なぜこんな雑誌を買ってしまったのだろうか。

スポンサーサイト
.24 2014 その他の本・非文学 comment0 trackback(-)

フィル・ボール バルサとレアル~スペイン・サッカー物語


 日本時間の昨夜遅く、今季のリーガ・エスパニョーラ最終節、FCバルセロナ対アトレティコ・マドリードの試合があった。首位アトレティコと2位バルサは勝ち点差3。ホームのバルサが勝てば逆転優勝というこの試合、バルサが先制するもアトレティコが追いつき、その後バルサが攻め込んだがアトレティコが逃げ切って優勝を決めた。
 この試合単体も非常に面白い試合だったし、シーズンを通じてバルサとレアルの牙城を崩したアトレティコの健闘は素晴らしかった。しかし、リーガ・エスパニョーラでバルセロナとレアル・マドリード以外のチームが優勝するのはなんと10年ぶり。このリザルトがどれだけバルサとレアルの2強が際立っているかを示している。

.19 2014 その他の本・非文学 comment0 trackback(-)

山口和幸 ツール・ド・フランス

tour_de_france_book.jpg
 7月に行われた今年のツール・ド・フランスは第100回大会だった。今年は毎日NHK-BSでダイジェスト番組が放送されたのでご覧になった方も多いだろう。
そんなツール・ド・フランスについて書かれたこの本は講談社現代新書から出た今年の大会直前に発売された一冊。

.04 2013 その他の本・非文学 comment0 trackback(-)

アルマ・マーラー マーラー・愛と苦悩の回想


 作曲家グスタフ・マーラーの夫人アルマがマーラーとの出会いから死別までの波乱の10年間を赤裸々に描いた回想録。昨年が没後100年だったマーラーの映画を先日二本観てこの本の存在を思い出したのだが、どこにあるかわからずにいた。先日本棚の奥から偶然発掘したので読んでみた。

.09 2012 その他の本・非文学 comment0 trackback(-)

橋爪大三郎・大澤真幸 ふしぎなキリスト教


 社会学者二人が、キリスト教の発生と広がり、そしてそれが現代に至る人類社会にどう影響してきたかを考察する一冊。
中央公論新社主催の新書大賞2012受賞作ということで書店に平積みされていたので読んでみた。

.04 2012 その他の本・非文学 comment4 trackback(-)

National Geographic 2012年4月号


 今日は4月15日。あのタイタニック号の沈没が1912年の4月15日だそうで、今日でちょうど100年ということになる。というわけで今月のナショジオはタイタニック号特集。ちなみにこの雑誌、佐世保の本屋さんにはどこにも置いてなくて、先日長崎の本屋さんで見つけて思わず買ってしまった。

.15 2012 その他の本・非文学 comment0 trackback(-)

金聖響・玉木正之 マーラーの交響曲


 指揮者の金聖響がマーラーの交響曲について語った新書。単なる楽曲解説の本ではなく、それぞれの作品についてのエッセイに近い感触で書かれていて、そういう点では以前紹介した柴田南雄氏の「グスタフ・マーラー・現代音楽への道」と似た手触りの一冊だが、やや書いてある内容が古臭かった柴田氏の本に比べるとこちらはぐっと現代的だ。

.12 2012 その他の本・非文学 comment0 trackback(-)

FCバルセロナ完全読本


 WOWOWのHPのプレゼントに応募してたら、「FCバルセロナ完全読本」というムック本三冊セットが当たった。まあタイムリーに誕生日プレゼントみたいな。もっとも一番喜んだのはMINMINだったけど。

 これはFCバルセロナというチームの哲学と歴史、そしてクラブと街の関係について三冊に分けて語ったもので、バルサのファンならぜひ一度読んでおきたいものだ。
 しかし、WOWOWから何か送ってきていると聞いて、メッシのサイン入りユニのプレゼントにも応募していたのでそっちかと思って一瞬ドキドキしたぜ。ちょっと残念。
.20 2012 その他の本・非文学 comment0 trackback(-)

柴田南雄 グスタフ・マーラー 現代音楽への道


 そういえば今年は2011年。作曲家グスタフ・マーラーの没後100年なのだった。というわけでこれを読んでみた。1984年に柴田南雄氏が発表した、マーラーの楽曲解説本である。

.19 2011 その他の本・非文学 comment0 trackback(-)

ジャック・マイヨール イルカと、海へ還る日


 人類で初めて深度100mに達したフリーダイバー、ジャック・マイヨール。映画「グラン・ブルー」のモデルとしても有名な彼が、自らの半生を綴った「膨大な」著書を翻訳者の関邦博氏が刈り込み補って世に送った一冊。

.21 2011 その他の本・非文学 comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。
    http://blog.livedoor.jp/piaa0117/

    こちらのブログへのコメントはLivedoorに転載しますが、定期的にチェックしないので相当遅くなることもあります。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ その他の本・非文学

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。