スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

愛の行方 (J-POP歌詞考察)

oonuki_aventure.jpg
 以前紹介した大貫妙子の1981年のアルバム「Aventure」の3曲目に収録されている楽曲。非常に美しい、けだし名曲である。

スポンサーサイト
.30 2015 J-POP comment0 trackback(-)

西野カナ with LOVE


 西野カナの、2012年の「Love Place」以来二年ぶり5枚目のオリジナルアルバム。ちなみにファーストが「One Love」、セカンドが「to Love」、三枚目が「Thank You Love」だったので四枚目は「For Love」、五枚目は「Go Love」になるかと思っていたらそうはならなかった。

.22 2014 J-POP comment0 trackback(-)

煉瓦荘 (J-POP歌詞考察)

elegance_ootahiromi.jpg
 太田裕美の1978年のアルバム「ELEGANCE」のB面に収録されたバラード曲。松本隆作詞、筒美京平作曲。

.25 2014 J-POP comment0 trackback(-)

キマグレン LOVE & BEACH


 キマグレンの、5枚目のオリジナルアルバム。間にベストアルバムやシングル「バトン」があったが前作「LOVE+LIFE+LOCAL」が2011年だから3年ぶりのアルバムだ。

.03 2014 J-POP comment0 trackback(-)

Blueberry Jam (J-POP歌詞考察)


 最近Tiptreeのワイルドブルーベリージャムを買ってきたのだが、高いだけあってそのへんの国産ブルーベリージャムなど足元にも及ばない美味さだ。果肉の密度が全く違う。ティースプーン一杯あたりのブルーベリーの粒の数が段違いに多いのだ。
 で、そんなブルーベリージャムをパンに塗りながら私の頭の中にはこの曲が響いている。飯島真理の1983年のデビューアルバム「ロゼ」の一曲目に収められていたその名もズバリ「Blueberry Jam」という曲である。

.08 2014 J-POP comment0 trackback(-)

懐かしのJ-POPをアナログで聴く その2

 saki_kubota_airmailspecial.jpg
 さて先日の記事の続き。これも中古屋さんで2枚210円でゲットしてきた懐かしいアルバムだ。

.20 2013 J-POP comment0 trackback(-)

懐かしのJ-POPをアナログで聴く その1

 mari_iijima_kimonostereo.jpg akira_terao_refrections.jpg
 以前書いたように、アナログプレーヤーが我が家にやってきたので、実家からLPちょこちょこ持ってきては聴いたりしてるんだけど、大学から引き上げてきた時にかなりの数のLPを処分してきたらしく持ってたはずのLPが見当たらない。
 社会人になってからもブルーノートのジャズのLPを10枚くらい買っているんだけど、今にして思えば、もっと買いまくっておくべきだったと後悔してしまう。ところがLPレコードって邦楽ポップスなら結構中古屋さんとかで売ってる。それも相当な安価で。

.15 2013 J-POP comment0 trackback(-)

最近聴いたJ-POPから 2013年6月

 日本のミュージックシーンを悪くしているのはAKBばかりではない(例えばファンモン。全部ユニゾンで歌ってんじゃねえよ。解散してくれてよかった)のだけど、ひところベスト100のうち20曲くらいを占めていた彼女らが最近やっと下火になってきて、チャート番組も正常化されてきたような気がする。それでもAKBが日本の音楽産業に与えた傷痕は思いのほか深い。これは!という曲が非常に少ない傾向は変わっていないのだ。そんな中でいくつか気になった曲について。

.20 2013 J-POP comment0 trackback(-)

やくしまるえつこ RADIO ONSEN EUTOPIA


 CD久しぶりに買った。これはやくしまるえつこ名義でのファーストアルバム。12曲のうち7曲は既発シングル、残り5曲はカヴァー曲という構成なのだが、すべて一発録りのスタジオライヴ、カヴァー曲はすべてNHK「みんなのうた」からの選曲という、この人らしく一筋縄ではいかない内容だ。

.07 2013 J-POP comment0 trackback(-)

松原みき Myself


 以前にもチラッと書いたと思うけど、大学時代に松原みきのファンでアルバムを何枚も持っていた。これはその中の一枚で、個人的には彼女のアルバムの中では一番好きなものだ。

.10 2013 J-POP comment0 trackback(-)
 HOME 

プロフィール

piaa

  • Author:piaa
  • Livedoorへ移転しましたので、そちらでお願いします。

    こちらのブログへのコメントには返信できません。

ブログナビ

P&M_Blog
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ J-POP

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。